&M

インタビュー
連載をフォローする

大人の表現を任される喜びも 安達祐実、パブリックイメージを更新する闘い

花田龍之介撮影

コロナ禍の春、多摩川沿いの街に生きる人々の日常を、オムニバス形式で切り取ったドラマ、Huluオリジナル『息をひそめて』。安達祐実がミステリアスな年上の女性・琴子=妃美を演じた第3話「君が去って、世界は様変わりした」は、マッチングアプリで出会った男女のつかの間の逢瀬(おうせ)を描いている。

子役時代から第一線で活躍してきた安達は、多くの人がその成長とキャリアを見守って共有してきた存在だ。本人役を演じた昨年放送の連続ドラマ『捨ててよ、安達さん。』は、そんな彼女の半生を、実人生と虚構を織り交ぜて振り返る旅でもあった。

そして40歳をむかえる今年、安達は人生のさらなるステージに踏み出そうとしている。この日着ていた衣装は、2020年に立ち上げた、自身がプロデュースを手がけるブランド「虜(Torico)」のセットアップ。パブリックイメージとのギャップに悩み、闘い、環境を変えるべく自ら行動を起こしてきた安達祐実が次に向かう先とは?

■あわせて読みたい
・若葉達也、門脇麦、森山未來、池松壮亮 ……etc. 俳優へのロングインタビュー
・電気グルーヴ、tupera tuperaなど「コンビ」インタビュー企画
・Cocco、ミルクボーイ内海崇、関口知宏らが考える「つながる、ということ」

世の中はコロナ禍の孤独とどう向き合っているのか

――今なお先の見えないコロナ禍で、その状況をリアルタイムで描く作品に出演することは、どんな体験でしたか?

安達 それこそ最初の緊急事態宣言が出たときは、基本的にずっと家にいて、3日に1回だけスーパーに行くような生活をしていたんです。そんな中で、24時間ずっと子供と向き合っていると、孤独感も増してくる。世の中の人たちはどうやってこの状況を過ごしているのかと気になっていました。

だからこの脚本を読んだとき、コロナ禍にあっても人とのつながりを求めたり、そんなときでも誰かと会おうとしたりすることには、共感する部分もあったんです。撮影を通して、みんながどうやって今の現実を生きているのかをのぞき見られたというか。それぞれの屋根の下ではこういうふうにして生活しているのかもしれないな、というのを感じられて、ほっとしたような気がします。

大人の表現を任される喜びも 安達祐実、パブリックイメージを更新する闘い
花田龍之介撮影

――初対面にもかかわらず親密な仲になるという、マッチングアプリを通したコミュニケーションのあり方は、矛盾した距離感とも言えます。

安達 短い時間であの空気感を作れたのは、相手役の(村上)虹郎君のおかげです。私自身、あまりがつがつと人との距離を詰められるタイプではないんですけど、現場で虹郎君がぽつりぽつりと私について質問してくれたのでそれに答えたり、お互いにちょっとずつコミュニケーションをとろうとするぎこちなさと心地よさが、この作品にとってはちょうどよかったと思います。

NEXT PAGE余白から生まれる可能性に惹かれた

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら