&M

インタビュー
連載をフォローする

大人の表現を任される喜びも 安達祐実、パブリックイメージを更新する闘い

花田龍之介撮影

余白から生まれる可能性に惹かれた

――琴子=妃美の素性について、劇中では多くが明かされていませんね。

安達 脚本を読んだとき、まさにその説明しすぎないところに惹(ひ)かれたんです。情報が限られている分、演じる余地が広くて、でもそこに流れている空気はちゃんと伝わってくる。中川(龍太郎)監督とのやり取りや、虹郎君とお芝居を合わせてみることで、自分の中からどんなものが出てくるだろうという期待がありました。昔は前もって完璧に役を作り上げて撮影に入りたい気持ちが強かったんですけど、そうしないと不安だったからなんですよね。それがお仕事を続けていく中で、ある程度余白を残しておいたほうが、現場で面白いものが生まれるということを感じるようになりました。

大人の表現を任される喜びも 安達祐実、パブリックイメージを更新する闘い
花田龍之介撮影

――偽名の琴子と本名の妃美、一人の女性の中にある二つの側面を、どのように意識していましたか?

安達 二面性というのは誰もが持っているものだと思うので、あえてそこを強調しようとは思っていなかったんですけど、それぞれのシーンを演出する監督の言葉から、キャラクターの違いみたいなものが見えてきたんです。琴子として心平(村上虹郎)と一緒にいるシーンでは、クールで、でも寂しさもあって、人に寄りかかりたいという気持ちを持って相手と接している部分がある。それに対して、妃美として1人でいるときは本当に疲れていて、どこか素の自分が出てくる瞬間だと思ったんです。その違いは監督も大切にしているなと感じましたし、妃美がマンションの自室に戻るくだりは、短いシーンですが表情にも時間をかけて丁寧に撮りました。

――見る側としても、彼女は一体どういう人なんだろう?という緊張感がありました。

安達 おそらく妃美は恋愛で深く傷ついていて、その傷を埋めたくてマッチングアプリに出会いを求めたと思うんですね。それが心平と過ごした時間を経て、再び一人になったときに、寂しいのは変わらないけど彼に会う前とは違う自分になっている。そういう女性像を演じられたらいいなと思っていました。

NEXT PAGE「安達祐実」と「安達さん」の違いを乗り越える難しさ

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら