&w

朝日新聞ファッションニュース
連載をフォローする

シャネル×マンガ、高め合う価値 「約束のネバーランド」作者と都内で展覧会

MIROIRS展の第3章の部屋

 シャネルが人気マンガ「約束のネバーランド」(集英社)の作者と組んだ展覧会を都内で開いている。グッチと「ドラえもん」、ロエベと「となりのトトロ」など、ハイブランドと日本のマンガやアニメの協業はほかにもある。狙いはどんなところにあるのか。

ブランドの魅力、幅広い層に

 展覧会は「MIROIRS – Manga meets CHANEL / Collaboration with 白井カイウ&出水ぽすか」。「約束のネバーランド」の作者、白井と出水が、ブランドの創始者ココ・シャネルの生き方などをもとに描き下ろしたマンガ「miroirs(ミロワール)」(集英社)を、シャネル社の写真資料などとともに多面的に展示している。

 「miroirs」は仏語で鏡の意。ココが「鏡は厳しく私の厳しさを映し出す」と重視したことに由来する。物語は3章からなり、展示も大きく三つに分かれる。

シャネル×マンガ、高め合う価値 「約束のネバーランド」作者と都内で展覧会
コミック「miroirs」から(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社

 第1章は、孤児院育ちのココと同様に、孤独で本や空想が好きな少女が主人公で、ココの部屋にあったカエルの置物の写真などを見せる。「本当の自分探し」をする若い女性が香りをもとに自己形成していく第2章では、シャネルの香水No.5にまつわる資料。第3章は、スカートをはいて「自由」を手に入れる少年の話に合わせ、シャネル社が発売した1950年代の口紅などが飾られている。

 「約束のネバーランド」は、世界累計発行部数が3200万部を超え、優れた構成力や作画力から欧州でも好評という。マンガ好きのシャネル日本法人ギエルモ・グティエレス社長は「10代を含めた幅広い層にブランドの魅力を伝えるため」と狙いを語る。

 高級ブランドとマンガのコラボは、「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦とグッチが組んだ2010年代初めから広がり始め、ロエベやブルガリ、ルイ・ヴィトンも続いた。「風と木の詩(うた)」「地球(テラ)へ…」などの竹宮恵子がエルメスの歴史物語を描いたマンガは今年、新訂版が出て話題になった。

シャネル×マンガ、高め合う価値 「約束のネバーランド」作者と都内で展覧会
コミック「miroirs」から(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社

 集英社の編集者、杉田卓(すぐる)さんは「マンガとファッションは表現の出力の仕方が違うだけで、同じポップカルチャー。芸術と商業の綱引きをしつつ良いものをめざす点が似ている」と話す。

 マンガ解説者の南信長さんは「フランスやイタリアではマンガも芸術のひとつとされ、アート性が高い作品が評価されている流れの中で起こったこと。ブランド側にとっては文化の多様性への理解をアピールできて、マンガ家側は実験的な試みで新しい読者が獲得できる。今後も様々な可能性が広がりそう」とみる。

 展覧会は銀座のシャネル・ネクサス・ホールで6月6日まで。入場無料。シャネルのウェブサイトで要予約。

「ココのように、自由求める気持ち楽しんで」

 白井カイウと出水ぽすかに、今回の企画への思いを書面で聞いた。

       ◇

――マンガ本の巻末インタビューで「現代女性はココの切り開いたスタイルの中に生きていること」や「女性の精神性に革命を起こしたココの生き方」との言葉が印象的でしたが。

出水 それが伝えたかったことです。とはいえ、シャネルのスタイルや生き方を前面に出すよりは、現代にも通ずる自由を求める気持ちなどを、シャネルの強い精神と生き方を通して広く知ってもらえたらと思った。でもマンガでは、純粋にそれぞれの主人公の話を楽しんで欲しい。

白井 伝えたいことがあって描いたというよりも、エンターテインメントとして楽しんでもらえたら。ただ企画立案上、根幹に置いたのは、遠い存在だと思っていたシャネルの意外過ぎるほどの身近さ。読んだ後、元気になれるような話を目指した。

――マンガとハイブランドの協業の意義とは。

白井 一見、遠そうなものとの協業はとても面白かった。その2点間に道が出来ると、見たことのない景色に出合える。新たな世界に触れたり、世界が広がったり、誰かのきっかけになれていたらうれしいです。

(編集委員・高橋牧子)

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら