&Travel

魅せられて 必見のヨーロッパ
連載をフォローする

3回鳴らすと望みがかなう鐘 スロベニア・ブレッド

ツアーの行き先としてはメジャーでないけれど足を運べばとりこになる街を、ヨーロッパを知り尽くした作家・写真家の相原恭子さんが訪ねる「魅せられて 必見のヨーロッパ」。今回は2017年に訪ねたスロベニアのブレッドです。湖の中にある教会の建つ小さな島が絶景として知られます。

トリグラウ国立公園を抜け、ブレッド湖へ

今回は、アドリア海に面したスロベニアの美しい小さな町ピランから、山を越えてブレッド湖へドライブします。

スロベニア最高峰のトリグラウ山(標高2864m)を眺めながら、トリグラウ国立公園を走りました。

イゾンツォ川の清らかな流れ
イゾンツォ川の清らかな流れ

6月の輝くような緑や峡谷、周囲の山々の美しさに思わず車をとめて見とれました。魔法にかけられたのかと思うほど、うっとりする風景が続きます。

一幅の絵のようなエメラルド色の湖

ブレッド湖に到着
ブレッド湖に到着

山々を背景に、エメラルド色の水をたたえたブレッド湖。「聖マリア教会」が立っている島の風景は、一幅の絵のようです。

私は水のある風景が大好きです。海、湖、川、滝。
水は透明なのに、空を、緑を、日の光を映して、刻々とその姿や色彩を変化させます。時とともに現象する美。いつまで見ていても飽きません。

まずはホテルへチェックイン。

湖畔のホテル・パークの部屋からの眺め
湖畔のホテル・パークの部屋からの眺め

「こんなところに、別荘があったなら!」と思わず夢を膨らませました。自分の別荘を時々訪ねて、こんな風景を楽しめたなら、日々考えることも、人生観も変わりそうです。

実際、ブレッドには19世紀から20世紀に建てられた別荘が135棟ありました。広大な庭園に囲まれていたり、独自のボートハウス(船小屋)を持っていたりする堂々たる建物でした。現在、これらの別荘は個人が所有していたり、または観光施設や自治体の建物として使われたりしています。ちなみに、旧ユーゴスラビア大統領だったチトーがここブレッドに持っていた屋敷は、ヴィラ・ブレッドというホテルになっています。

透明な湖水にたくさんの小さな魚が
透明な湖水にたくさんの小さな魚が

さっそく湖畔(こはん)を散策すると、魚がたくさん泳いでいます。手ですくえそうに見えたので、思わず手を入れてしまいました。魚がさっと逃げて、湖底に手が届きそう。そのまま湖に吸い込まれてしまうかのような錯覚に陥りました。

NEXT PAGEボートで、いざ湖の島へ

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら