&M

Creators Book
連載をフォローする

「すべてが名場面」声優・山寺宏一が語る『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』

写真撮影=かさこ

のちの著名なアニメ関係者に多大な影響を与えたアニメ『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ。「七色の声を持つ」と称される声優・山寺宏一さんもその一人だ。そして20年前から、影響を受けたシリーズ作品への出演を果たしている。

1999年にゲーム『宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル』で声優・富山敬さんの後継として主人公の古代進役に抜擢され、2009年に公開された映画『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』でも古代役を務めた。さらに、リメイク作品として2013年に放送されたテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト 2199』から、古代の敵であるデスラー役に選ばれた。

「中学時代、毎週夢中になって見て、いろんなキャラクターの声真似をしていました。声優を意識してモノマネをし始めたのは、この頃からかもしれません」

プレッシャーを越える『宇宙戦艦ヤマト』への思い

「中学1年生のときに『宇宙戦艦ヤマト』を見てから、作品のファンでありデスラーを演じていた伊武雅刀さんの大ファンでもありました。伊武さん以外のデスラーなんて考えられなかったので、僕で務まるのかと、とてもプレッシャーを感じていました」

それまで人気作の人気キャラクターをいくつも演じてきていたが、デスラーを演じることには一抹の不安も。「大好きな『宇宙戦艦ヤマト』にここまで関わって大丈夫だろうか? しかも古代だけではなく、デスラーまで……」と当時の胸中を振り返った。同時に、「ほかの人が演じるくらいなら僕がチャレンジしてみたい」とプレッシャー以上に作品に関わりたいという強い思いがあったという。

(山寺さん演じるデスラー)
(山寺さん演じるデスラー)

『宇宙戦艦ヤマト2199』のデスラーは旧作と異なる点がいくつかある。「アベルト・デスラー」というフルネーム、「大ガミラス帝星永世総統」という肩書が設定され、若々しさを感じる容姿となった。そして、続編の『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』では、これまで描かれたことのなかったデスラーの生い立ちが明らかに。キャラクターのバックボーンが描かれることは演じやすさを感じる反面、難しくもあると話す。

「彼がなぜああなってしまったのか全て腑に落ちました。旧作のデスラーはガミラス帝国を救うため、帝王、カリスマ、冷徹な独裁者として描かれます。とにかく弱みを見せず、心の内を明かさないことが魅力でした。しかし、今はそういったキャラクターが共感されにくい時代であると考え、『宇宙戦艦ヤマト2202』ではデスラーの過去を描くことにしたと脚本家の福井(晴敏)さんが仰っていました」

「過去が描かれたことで、デスラーの選択や決断がより理解できるようになった。同時に過去を背負った上で演じることは非常に難しい。でも、難しければ難しいだけやりがいを感じます。非常に嬉しく、喜びでもありました」

NEXT PAGEキャラクターへの理解が、表現者としての覚悟に

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら