&Travel

あの街の素顔
連載をフォローする

おいしい朝ごはんと猫の街、イスタンブール

街を歩けば猫に当たる

猫と人

猫にやさしい国として知られているトルコでは、「街を歩けば猫に当たる」と言われるほど多くのストリートキャットたちに出会える。猫もまた「イスタンブールの住民だ」との認識をしているかのような振る舞いが、世界中の猫好きのハートをわしづかみにする。最近ではストリートキャットが主役のドキュメンタリー映画が制作されるなど、この街の人々と猫とのあたたかい関係が注目を集めている。

猫

地元住民の多くは、路上で暮らす猫のために、公園、店舗や家の玄関先に餌と水を入れた二つの容器を置いている。住民が野良猫の世話をする理由の一つに、イスラム教の伝統が関わっているという。預言者ムハンマドが猫を大切にしたとされていることから、猫は神聖な生き物として大切に扱われているからだ。人通りの多い繁華街や店頭でも自由にくつろぐ猫たちの姿が見られるし、レストランやカフェなどでは野良猫が椅子に座り客の相手をしてくれることも。

カフェテラス
カフェテラスのクッションでちゃっかりお昼寝するストリートキャット。追い払おうとする人はいない。旅行者もそんな無防備な猫の姿に心が和み、何でもない日常が旅の記憶として刻まれる
猫
ミュージカル「キャッツ」のキャラクターにも引けを取らない、誇り高い雰囲気を醸し出しているストリートキャットも
猫

そんな猫に優しい街イスタンブールでは、当然猫の殺処分は行われていないし、エサ代、予防接種や避妊・去勢の面倒を自治体がみている。また公園には自治体の管理のもとに、ネコの住居用のシェルターも設置されている。昨今のコロナ禍でのロックダウンの中でも、自治体の職員へ餌やりや猫の健康状態の見回りをお願いする通達がトルコ内務省から出されたそうだ。

猫

観光名所や市民公園、路地裏のレストラン、港、博物館……街中で自由気ままに暮らすストリートキャットは、もはやイスタンブール名物のひとつとも言える。街全体がネコの家といった感じだ。 アフターコロナには、アジアとヨーロッパ、そして猫の暮らしが交差する街イスタンブールで、仲間とたっぷりの朝食を楽しみ、猫たちと触れ合いながら、ゆっくりと街の雰囲気に浸るのもいいかもしれない。

【取材協力】
トルコ共和国大使館 文化広報参事官室
http://www.tourismturkey.jp/

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら