&M

キャンピングカーで行こう!
連載をフォローする

居心地の良さを追求した軽自動車ベースのキャンピングカー「Kanoa」

オーゼットの「Kanoa」/渡部竜生撮影

今回は、軽トラックベースの新型キャブコンを紹介します。ハワイ語で自由を意味する「Kanoa(カノア)」と名付けられた車両が、これまでハイエース・ベースのバンコンを中心に手掛けてきたオーゼットからデビューしました。社外に生産を委託し、オーゼットのブランドで販売する「OEM方式」ですが、企画の段階からきめ細かなアドバイスを行い、バンコンで培ってきたノウハウが十分にいかされています。

ベース車はスズキのキャリイ、または、マツダのスクラムトラックになります。そこにオリジナルのFRP製シェルが架装されています。架装した結果、軽自動車枠を超えるサイズになるため、登録上は普通車となります。自動車税や高速料金などのコスト面は、軽自動車よりもかかりますが、ポップアップルーフのキャブコンと比べても各段に広い居住空間を実現しています。断熱性、遮音性の点でも、FRPボディーは優れている、といえます。

快適で居心地の良い室内空間

室内は運転席側にL字ソファ、助手席側にキッチンカウンターというレイアウトです。L字ソファをベッド展開すれば幅1200mm×長さ2100mmになるので2人寝られるサイズです。展開は、補助ポールを渡し、背もたれを移動させます。バンクベッドは、幅1600mm×長さ850mmと小さめなので、子ども用ベッド、もしくは荷物スペースとして使えそうです。

居心地の良さを追求した軽自動車ベースのキャンピングカー「Kanoa」
軽自動車枠を超えたからこその、ゆったりとした空間。間接照明やダウンライトなどが設置されている/写真提供=オーゼット

断熱や結露対策のために、左右と後部の窓はアクリルの二重窓になっています。また、網戸とブラインドや雰囲気のよい間接照明、マックスファン(換気扇)も標準装備されています。コンパクトながら快適で居心地の良い空間が用意されています。

オリジナルのリクライニングシート

軽自動車ベースのキャンピングカーは、どうしても普通車に比べて、パワー不足になる側面があります。また、商用車ベースのため、経済性が最優先され、座席や乗り心地が後回しにされてしまう可能性もあります。

Kanoaは、オリジナルの運転席・助手席をセットしています。純正シートを取り払い、リクライニングシートを設置。運転席にはアームレストもついていて、長時間の運転でもリラックスできるよう配慮されています。

居心地の良さを追求した軽自動車ベースのキャンピングカー「Kanoa」
運転席・助手席シートは、オリジナルのものに換装している。リクライニング機構やアームレストを装備して走行中のストレスを軽減/写真提供=オーゼット
NEXT PAGE短納期を実現できる訳とは?

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら