&w

MUSIC TALK
連載をフォローする

AJICOとは。青春をともに過ごしたUAと浅井健一、「親友」から生まれる音楽(後編)

厳しいことを言ってくれる人こそ大事

――そして2019年、AJICOは再び動き出しました。

UA:前にツアーのライブをベンジーが見にきてくれて、そのあとの打ち合わせで言われたんです。「UAはいろんなことをしてるし、アレンジもおもしろいんだけど、でも、やっぱりお客さんが一番盛り上がるのはヒット曲をシンプルにやっているときだよね」と。わかってる、わかってた。つまり、朝本さん(UAさんの多くのヒット曲を手がけた作曲家でありプロデューサーの朝本浩文さん)が手がけた曲のこと。朝本さん亡き今、朝本さんの歌は本当に心を込めて歌っているんだけど、まったく変わるの、会場の空気が。それを肌で感じていて。いろんなことをやりたい思いはあるけれど、「朝本さんと一緒に作っていたような音楽をもう一度作るときがきた」と思うようになりました。

――浅井さんは、UAさんへの発言は覚えていますか?

浅井:言った言った。自分もそうなんだけど、褒められたらうれしい。でも、厳しいことを言ってくれる人こそすごく大事なんだよね。「ベンジー、こうした方が絶対にいいよ」とか「こういうところはダメだ」とか。昔はそういう人から逃げたりもしたんだけど、今はそれが本当の愛だと思う。

オレも、AJICOが終わってから20年、いろんな人とやってきた。スカパラ(東京スカパラダイスオーケストラ)のかとちゃん(ギターの加藤隆志さん)ときんちゃん(ドラムの​茂木欣一さん)と共演したときとか、すごく勉強になった。スカパラってすごいプロフェッショナルで、ライブが終わると「もっとこうした方がいい」と徹底的に話して、厳しいことも言い合う。オレたちは終わったらすぐに撤収して、メシ行って酒飲んで。向き合い方が全然違う。ライブだけじゃない。何に対してもそう。成長したいのであれば、相手が嫌がることも意見を言うことは絶対に大事。そういう思いがあって。

だから、言うことは言う。AJICOをいいバンドにするためにね。そして、相手への愛もそうなんだけど、オレ自身が喜びたいんだよね。だから、よりいいステージをして最高な気持ちになりたい。みんなで喜びたい。

――5月にはEP『接続』がリリースされました。どんな思いを込めていますか?

浅井:自然に聴いてほしいかな。何回も繰り返して。

UA:そうだね。20年前のAJICOはどこか衝動的で、完成し切ってないような作品が多かった。それがよかったの、隙間があって。今だったらこんなに何回も歌えないなって感じるフレーズを、真剣に、一言一句思いを込めて歌ってる。でも、もしかしたら重くて、一度聴いたらしばらくはいいかなと思われたかもしれない。

私のアルバムは普段はそっち寄りなんだけど、ポップっていうのは繰り返し繰り返し聴けて、どんなシチュエーションにも何と無くフィットして、リピートしてるうちに見えてくるものがある。今回の『接続』は、そういう軽やかさがある。口ずさむうちに、私たちが込めたメッセージがだんだんと腑(ふ)に落ちる。リスナーの方にとってそんなアルバムだったらいいなと思っています。

――20年前は「青春」、対して再結成した今回のAJICOは?

浅井:うーん……。言葉で表現するのは難しいね。

UA:再結成したのは20年ぶりだったし、UAとしては昨年デビュー25周年ということもあったけど、正直、それは後付け。私にとってAJICOは、損得勘定ではなく見返りなんか求めない、そんな存在だった。ベンジーとはケンカもいっぱいしたし、平行線なところもあるけれど、友達、親友。その本当の友達とやりたいからやる、っていう感じかな。

浅井:オレもただ一緒にバンドをやりたいからやる。それは同じだね。そして、すごくいいライブができる予感がしてる。今のUAの気持ち、メンバーの気持ち、世の中の感じにいい感じで寄り添えている気がする。みんながうれしいと感じられるように、そして、自分たちがうれしくなるためにも、一生懸命やりたいね。とりあえず練習がんばるわ(笑)。

撮影:荒井俊哉

PROFILE
AJICO

UA: vocal、浅井健一: guitar, vocal、TOKIE: bass、椎野恭一: drums。2000年、BLANKEY JET CITYを解散した直後の浅井健一とUAを中心に結成。RISING SUN ROCK FESTIVAL 2000 in EZOに初登場し、アルバム『深緑』をはじめ、シングル3枚、ライブツアー『2001年AJICOの旅』の模様を収めたアルバムとビデオをリリース。鮮烈な印象を残しつつ、01年3月20日に行った赤坂BLITZでのライブをもって活動休止。21年、再始動。AJICO公式サイト

AJICO、再始動。20年ぶりの新作、EP『接続』をリリース。
AJICOとは。青春をともに過ごしたUAと浅井健一、「親友」から生まれる音楽(後編)

2001年の活動休止以来20年ぶりの新作として、EP『接続』が5月26日に発売。2000年に結成し、鮮烈な印象を残しながらもわずか1年で活動を休止したAJICO。これまでに発表された唯一のオリジナルアルバムである『深緑』に続く、新作EPのタイトルは『接続』。UAの呼びかけで19年より制作が始まった『地平線 Ma』『惑星のベンチ』『接続』『L.L.M.S.D.』という新曲4曲を収録。CD+DVDの初回限定盤とCDのみの通常盤、計2形態がリリースされ、初回限定盤に付属のDVDは、AJICO初のワンマンライブとなった『AJICO Premium Live 2000.11.30 at Shinjuku Liquidroom』を11曲収録。

LIVE情報

AJICO Tour 接続

2021/06/18 (金)東京 [会場] LIQUIDROOM [開場] 17:30 [開演] 18:30
[問] SOGO TOKYO 03-3405-9999 sogotokyo.com/event/detail?id=5212

2021/06/27 (日)大阪 [会場] なんばHatch [開場] 17:15 [開演] 18:00
[問] 清水音泉 06-6357-3666 当公演は5月30日の振替公演となります。
shimizuonsen.com/schedule/detail/2864/

FUJI ROCK FESTIVAL ’21EVENT

2021/08/21 (土) 新潟 [会場] 苗場スキー場 fujirockfestival.com

NEOLAND CASE.1EVENT

2021/08/28 (土)福岡 [会場] 福岡市民会館 [開場] 16:00 [開演] 17:00
[問] LAND 092-710-6167 land-f.jp/neoland/case1_2021/

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら