&M

“まめ夫”「Presence」は、なぜプライムタイムドラマの主題歌になり得たのか? 「リアル」と「リスペクト」が生んだ日本の新たなヒップホップ

左から、KID FRESINO、松たか子、STUTS=関西テレビ提供

生きづらさを他者と共有できない人を救う言葉

自分でも気づかないうちに女性を惚(ほ)れさせてしまう、飲食店オーナーの八作(松田龍平)。そんな彼の状況をDaichi Yamamotoは「優しさで作った壁に/窓をはめて揺れるカーテン」というリリックで表現した。決して自分の心を他人にはのぞかせない。話し相手からすると、どこか暖簾(のれん)に腕押しに感じられる八作のコミュニケーション感覚が見事に表現されている。

Daichi Yamamotoは1stアルバム制作時、己と向き合う中で「自分を一つのとらえ方で定義することなんて不可能」という結論に至ったという。人間は日々刻々と変化するし、誰にもさまざまな側面がある。だからこそ、人を一つの定義に当てはめて理解しようとせず、偏った視点で切り取らない。今回のリリックには、そんな彼の考え方が生かされている。そしてそれは、このドラマの根源的テーマである「人間の多面性」にも通じるように感じた。

“まめ夫”「Presence」は、なぜプライムタイムドラマの主題歌になり得たのか? 「リアル」と「リスペクト」が生んだ日本の新たなヒップホップ
左から、STUTS、松田龍平、Daichi Yamamoto=関西テレビ提供

今回最も意外だったキャスティングは「Presence V」に参加したBAD HOPのT-Pablow。自身の作品では苛烈(かれつ)な環境で育った経験に裏打ちされたハードなリリックが多いが、本作では、「君には曇った日でも 誰かはバースデーでしょ?/他人と比べる事/よりも隣にいる人」と、とわ子の心情にも寄り添うラインを披露するなど、ラッパーとしての新境地を開拓した。

“まめ夫”「Presence」は、なぜプライムタイムドラマの主題歌になり得たのか? 「リアル」と「リスペクト」が生んだ日本の新たなヒップホップ
左から、STUTS、松たか子、T-Pablow=関西テレビ提供

人間関係の本質を描く坂元裕二、柔軟なプロデュース力を持つ佐野亜裕美、表現力豊かな俳優、さまざまな背景を持ったラッパー、そしてワクワクすることに挑戦し続けるSTUTS。「Presence」はそんな稀有な才能が集結し、妥協せずに良いものを作るという信念のもとに生まれた、日本の新しいヒップホップの形と言える。

STUTSは2018年のインタビューでこんなことも話している。

「普通に生きてれば、誰にだって楽しいことも、嫌なことも起こりうる。僕が考える良い状態とは、ただハッピーで満たされているだけでなく、嫌なことにもちゃんと向き合って納得している状態のこと。簡単ではないかもしれないけど、僕は常に希望を持ってそんな『Eutopia』に向かっていきたい」

ヒップホップのルールは「リアル」と「リスペクト」。ありのままの自分を自由に表現して、他者の存在も尊重する。「Presence」は直訳すると存在。生きづらさを感じながら、その苦しみを他者と共有できないでいる。そんな人たちに届けたい言葉が詰まった楽曲が「Presence」なのだ。(文中敬称略)

REACTION

LIKE
COMMENT
0

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら