&M

“まめ夫”「Presence」は、なぜプライムタイムドラマの主題歌になり得たのか? 「リアル」と「リスペクト」が生んだ日本の新たなヒップホップ

左から、KID FRESINO、松たか子、STUTS=関西テレビ提供

今春放送のドラマで最も話題を集めたと言っても過言ではない「大豆田とわ子と三人の元夫」(略称:まめ夫)。6月15日の最終回放送後には、「まめ夫ロス」というハッシュタグと共に、その終わりを悲しむ声がSNSにあふれました。

ドラマの脚本のみならず、音楽面でも話題をさらった本作。主題歌「Presence」は、どこが斬新だったのか。それがプライムタイムのドラマで多くの人の心をつかんだ理由はどこにあったのか。音楽ライター宮崎敬太さんが「ヒップホップのルール」という視点で読み解きます。

気鋭ラッパーと俳優の実験的コラボ

坂元裕二脚本のフジテレビ系ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」は、主人公の大豆田とわ子(松たか子)と3人の元夫(松田龍平、角田晃広、岡田将生)を中心に繰り広げられる会話劇。中心人物たちは経済的には安定しているが、一癖も二癖もあるゆえに他者から理解されない面を持つ。そんな共感の網からこぼれ落ちる人間の苦悩や生きづらさがコメディータッチで描かれている。

“まめ夫”「Presence」は、なぜプライムタイムドラマの主題歌になり得たのか? 「リアル」と「リスペクト」が生んだ日本の新たなヒップホップ
関西テレビ提供

今クール最も話題を集める作品の一つとなったが、その要因は、人間関係の核心に触れる緻密(ちみつ)なストーリーだけではない。火曜21時の地上波ドラマという「お茶の間」を想起させる枠で、日本では今なおメジャーとは言えないヒップホップシーンのミュージシャンらを大々的に起用し、第一線の俳優らとコラボレーションさせたことが大きな話題を呼んだ。

主題歌「Presence」を手がけたのはトラックメーカーのSTUTS。彼が制作した一つのトラックに、5人のラッパー(KID FRESINO、BIM、NENE、Daichi Yamamoto、T-Pablow)と、俳優(松たか子、松田龍平、岡田将生、角田晃広)がそれぞれタッグを組んでラップする5バージョンが制作され、ドラマ本編とは異なる世界観のMV風映像としてエンディングに週替わりで放送された。これが音楽ファンを中心に話題になり、回を重ねるごとにその注目度は増していった。

ヒップホップは非常に柔軟な音楽だ。特に近年は世界中のさまざまな音楽と融合して細分化し、次々とサブジャンルを生み出しているので音楽的に定義するのは難しい。あえて言うなら、メロディーよりリズムに重きを置いているか否か。その基準も近年はどんどん曖昧(あいまい)になってきている。だが、その柔軟さゆえに「Presence」のような実験的な試みも許容されたように思う。

「Presence」の裏に息づくヒップホップ精神

STUTSは2ndアルバム『Eutopia』(2018年)を発表したときのインタビューでこんなことを話している。

「ルーツとなる芯は保ちながら、自分のいる場所を限定しないということです。音楽的なことで言えば、HIPHOPの感覚は大事にしながら、色んな音楽と交わりたい」

私は、彼の言う「HIPHOPの感覚」とは「リアル」と「リスペクト」であると考えている。むしろこれがヒップホップにおける「守るべき二つのルール」。どちらも日常会話によく登場する言葉だが、私の解釈する「リアル」は、ありのままの自分を自由に表現すること。そして「リスペクト」は単なる「尊敬」ではなく、誰かのありのままを尊重することだ。

世界中でヒップホップを愛している人たちはこのルールを守った。自分は何を好み、何を聴いてきて、どこに住み、どんな環境で育ち、どんな友達が周りにいたか。それを表現するにあたって、最初は音楽的なテンプレートにはめたかもしれない。だが自分と向き合う過程で徐々に違う形になっていく。アメリカ国内ですら、地域によって音もラップも違うのだから、世界中で聴かれるようになった今日では、さまざまなヒップホップの形があるのは当たり前だろう。

その意味で「Presence」の音楽面で個人的に重要だと思ったのは、松たか子が歌うサビとブリッジ。日本人には歌謡曲のメロディー感覚やコード進行が染み付いてる。松たか子をシンガーに起用するのであれば、当然歌謡曲の要素は入れたい。そこでSTUTSは、このパートのメロディーと歌詞を、アンダーグラウンドなダンスミュージックのノリを理解しつつ印象的なメロディーが作れるシンガー・ソングライターbutajiと共同制作した。

このパートがあったからこそ、「Presence」は音楽的にオリジナリティーが高く、かつプライムタイムに放送されるドラマの主題歌としての機能も備えた楽曲になったのだと私は考えている。

NEXT PAGE才能が集結 日本の新しいヒップホップの誕生

REACTION

LIKE
COMMENT
0

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら