&Travel

魅せられて 必見のヨーロッパ
連載をフォローする

世界最古のブドウの木 ワインの名所 スロベニア・マリボル

世界最古のブドウの木

この町で最も有名なのは、世界最古とされるブドウの木です。

ブドウの樹齢は400年を越え、ギネスブックに載っています
ブドウの樹齢は400年を越え、ギネスブックに載っています
斜め横から見ても、葉が豊かに生い茂る、世界最古のブドウの木
斜め横から見ても、葉が豊かに生い茂る、世界最古のブドウの木

最古のブドウの木は生命が衰えた様子がなく、人に例えるなら老いを感じさせない、といったところでしょうか。

このブドウの木のある建物が「オールド・ワイン・ハウス」です。ワインのテイスティングができて、ワインの販売もしています。この地域のワインの歴史なども展示されていますから、ワインに興味のある方には必見の場所ですね。

さっそく、オールド・ワイン・ハウスへ入って、テイスティングしました。

白ワイン
白ワイン

この白ワインのブドウの種類はラニーナ。軽い酸味があって爽やか。暑い夏の日にも合うスッキリとした、軽快なワインです。

赤ワイン
赤ワイン

この赤ワインのブドウの種類はブラウブルグンダー(ピノ・ノワール)。赤身の肉類やチーズに合いそうです。マグロやカツオのタタキと共に味わいたくなりました。

ここオールド・ワイン・ハウスで、ローカルワインメーカー55社がワインラベルの数にして200ものワインを提供しています。あれもこれもと、テイスティングし始めるときりがなく、またもや私は「せっかくここまで来たのだから!」と、少しずつ、白ワイン5種類、赤ワイン4種類をテイスティングしました。

スロベニアとの国境に近い、オーストリアのブルゲンラント州やシュタイアーマルク州にも、知られざるおいしいワインが多数あります。以前、取材したのですが、また旅してゆっくり味わいたいものです。その地域で人気のツヴァイゲルト、ブラウフレンキッシュ、トラミーナーなどのブドウの種類がここでも使われています。地元で味わうワインは、やはり格別です。

街並みはオーストリア風

さあ、町を散策しましょう。市庁舎がありました。

市庁舎です
市庁舎です

16世紀初めに後期ゴシック様式で建てられましたが、16世紀後半にイタリア人によりルネサンス様式に立て替えられました。

市庁舎のある中央広場
市庁舎のある中央広場

美しい旧市街。オーストリアの都市を思わせる街並みを散策しながら、マリボルがオーストリアに支配されていた時代が長かったことを実感しました。

ヨーロッパの旅の魅力は、地続きで簡単に国境を越えてスイスイ旅できることや、歴史を思いやると国境の変遷や支配者の移り変わりがあり、今に生きる文化の背景にはそうした歴史が横たわっていることが、私にはとても興味深く思えます。

さて、コロナ禍が去った後はどこへ旅しようかしら。
そう考えることが、「おうち旅」の楽しさですね。

(おわり)

■スロベニア大使館
http://www.tokyo.embassy.si/

世界最古のブドウの木 ワインの名所 スロベニア・マリボル

舞妓さんの京都花街検定
1,430円 | 京都新聞出版センター

相原恭子さんが長年取材する京都の花街に根付く伝統や行事を、クイズ形式でわかりやすく紹介します。季節によって変わる舞妓(まいこ)のかんざし、衣装の西陣織や京友禅、舞妓を目指す仕込みさんや見習いさんの生活、ごまはん、廊下とんびといった内輪の言葉まで幅広く網羅しています。

購入はこちら

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら