&Travel

魅せられて 必見のヨーロッパ
連載をフォローする

世界最古のブドウの木 ワインの名所 スロベニア・マリボル

ツアーの行き先としてはメジャーでないけれど足を運べばとりこになる街を、ヨーロッパを知り尽くした作家・写真家の相原恭子さんが訪ねる「魅せられて 必見のヨーロッパ」。連載最終回は、スロベニアのマリボルです。世界最古とギネス記録に認定されたブドウの木を訪ねます。

飛行機に乗る前に、ちょっと立ち寄り

前回紹介したスロベニアのブレッドから、首都リュブリャナの空港へ移動して、ドイツのフランクフルトへ飛ぶ予定でしたが、いつものように「せっかくここまで来たのだから」と思って、世界最古のブドウの木があるというマリボルへ行ってみることにしました。

ホテルの部屋で夜、PCで調べるとマリボルまでは180キロ余りの道のりで、高速道路を使えば約2時間。「それなら時間的に無理ではない。さあ翌朝出発しよう」と、ウキウキしながら床に就きました。

夜、ホテルのベッドに腰かけて「明日はどこへ行こうか」と時刻表を眺めて夢を膨らませながら思いのままに、40日間あてどなくヨーロッパを自由に旅した24歳の頃を思い出して、気分が高揚しました。

ブレッドからリュブリャナまでは多少の渋滞があったものの、リュブリャナからマリボルまではスイスイ走れて、午前11時前にマリボル着。

ドラーヴァ川が流れる美しい旧市街の風景に見とれました
ドラーヴァ川が流れる美しい旧市街の風景に見とれました
川に掛かるオールド・ブリッジ
川に掛かるオールド・ブリッジ

町なかへ入って、車を止めたのは大聖堂の裏の駐車場。

山と湖のブレッドから来ると、都会へ来た気分になります
山と湖のブレッドから来ると、都会へ来た気分になります

マリボルは人口約11万人で、首都リュブリャナ(人口約29万人)に次ぐスロベニア第2の都市。オーストリアのグラーツからのドライブ距離は約70km。町の雰囲気は何となくオーストリアに似ています。

7月の日差しは強く、行き交う人も暑そうです
7月の日差しは強く、行き交う人も暑そうです

ドイツ語を話す声が聞こえてきたので話しかけてみると、オーストリア・グラーツ近郊からの日帰り観光客。ワインを買いに来たと言います。

NEXT PAGE世界最古のブドウの木

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら