&w

パリの外国ごはん そのあとで。
連載をフォローする

焼きトマトのソースをたっぷりつけて。ホウレン草と豆腐の蒸し餃子

連載「パリの外国ごはん」では、三つのシリーズを順番に配信しています。
《パリの外国ごはん》は、フードライター・川村明子さんと料理家・室田万央里さんが、暮らしながらパリを旅する外国料理レストラン探訪記。
《パリの外国ごはん ふたたび。》は川村さんによる、心に残るレストランの再訪記です。
今週は《パリの外国ごはん そのあとで。》をお届けします。室田さんが店の一皿から受けたインスピレーションをもとに、オリジナル料理を考案。レシピをご紹介します。

ああモモ食べたいなあ……。と漠然と思っていた最近。モモとはチベットで食べられている餃子(ギョーザ)とまんじゅうの合いの子みたいなおいしい粉物。ネパールでも食べられていて、かの地を旅した時、毎日のカレー続きにまいっていた時の救世主でした。

それからというもの、名前の可愛さも手伝ってか、自分の中で愛すべき存在、モモ。餃子みたいなんだけど、ほんのり効いたスパイスがやっぱり外国ごはん、なモモ。以前訪れたBar à momosの長州力似のお兄さんが作るキャベツたっぷりほんのり甘いベジモモもおいしかったのですが、Tashi Tagyéのホウレン草とチーズのモモもおいしかったなあ、とネットで調べ始めるともう夢中。

私は現地の方がネット上にアップしている料理のビデオを映像のみに頼って(言語はちんぷんかんぷん)レシピを想像しながら作るのが何より好きなのですが、見るビデオ見るビデオおいしそうなこと。娘さんとお父さんが作る“パパのモモ(多分)”が、なんともおいしそう。ホウレン草とキクラゲを一緒に茹(ゆ)でてザクザク刻んでチーズと一緒に包んでいます。これこれ。

焼きトマトのソースをたっぷりつけて。ホウレン草と豆腐の蒸し餃子

更にはモモにつけるチリソース。いろんなバージョンがあるけどコンロの上で皮を黒く焼いたトマトとたっぷりの唐辛子のソース。うまっそー!

想像力と食い意地を駆使して、調べすぎてどれがどれかわからなくなった色々なレシピを総動員して、私なりのモモ的蒸し餃子を作ってみました。モモに入れるのはチーズではなく、ふと思い立ち、豆腐で作るカッテージチーズ的なやつで挑戦。これがまたいい感じ。皮から作りましたが、市販の餃子の皮でもおいしいと思います。

モモ的ホウレン草と豆腐チーズの蒸し餃子

焼きトマトのソースをたっぷりつけて。ホウレン草と豆腐の蒸し餃子

材料(24個分)

・薄力粉 200g 
・水 80~90ml 
・植物油 小さじ1
(市販の皮を使うときは大判ではなくて普通サイズの皮を24枚くらい)

.小麦粉をボウルに入れ、水を少しずつ加え、箸でクランブル状になるように混ぜる。水を80ml入れたところで手でこねていく。まとまってきてパサパサしているようなら、水をもう少し加える。まとまったら、台に取り出し10分こねる。

.つるんと表面がきれいになったら丸くまとめて、油を小さじ1、両手で全体に塗りつけて固く絞った濡(ぬ)れふきんをかぶせて1時間寝かせる。

・キクラゲ 5g
・ホウレン草 200g
・豆腐カッテージチーズ(*材料とレシピは後述)
・ショウガ 3g(みじん切り)
・エシャロット 1個、または玉ねぎ 1/6個(みじん切り)
・片栗粉 小さじ1
・しょうゆ 小さじ2
・菜種油 大さじ1
・ターメリック 小さじ1
・フェンネルシード 小さじ1/2
(ここら辺のスパイスがなければ、カレー粉またはガラムマサラ 小さじ1/2)

焼きトマトのソースをたっぷりつけて。ホウレン草と豆腐の蒸し餃子

.キクラゲは水に戻しておく。

.キクラゲとホウレン草は塩をふたつまみ(分量外)ほど入れたお湯で2分ほど湯がきザルにあげ、水気を手でギューッとよく絞り、みじん切りにする。

.その他の材料と合わせてよく混ぜる。

豆腐とホウレン草、醸し出す白あえ感。このまま食べてもおいしい。いや食べちゃダメだ。

*豆腐カッテージチーズ

・木綿豆腐 200g
・塩 小さじ1
・レモン汁 1/4個分
・酢 小さじ1

豆腐をフォークなどでざっと崩したら塩、レモン汁を加えて混ぜる。それをさらしやガーゼで包んでギュッと絞り、皿なんか置いて重しにして、1時間ほど水けを切ります。写真はフランスの軟らか過ぎる豆腐なのでもろもろしていますが、日本の木綿豆腐なら更にいい仕事をしてくれるはず。水を切ったらお酢と、ひとつまみの塩(分量外)を加えて混ぜます。

焼きトマトのソースをたっぷりつけて。ホウレン草と豆腐の蒸し餃子

布がないなら豆腐を崩さず周りに塩を擦り込んで、キッチンペーパーに包んで重しをして1時間。そのあとフォークで崩してレモン汁、お酢、塩ひとつまみを。

スパイシー焼きトマトソース(作りやすい量)

・完熟トマト 中1個(150gくらい) 
・赤玉ねぎ 小1/2個(ざく切り)
・干した赤唐辛子 6本くらい(お湯で20分ほど戻す)
・ニンニク 1片(みじん切り)
・ショウガ 3g(薄切り)
・いりごま 大さじ1
・コリアンダー 5本(茎ごとザク切り)
・青ネギ 1/2本(みじん切り)
・砂糖 ふたつまみ
・薄口しょうゆ 小さじ1
・塩 小さじ1
・酢 小さじ1
・菜種油 大さじ2

焼きトマトのソースをたっぷりつけて。ホウレン草と豆腐の蒸し餃子

.トマトを直火であぶり、焦げ目が所々つくまで表面を焼く。

.ニンニク、ショウガ、油を小鍋または小さなフライパンに入れ中火にかける。香りが出たら唐辛子と玉ねぎを入れ1分ほど炒める。

.焼いたトマトを皮ごと手で崩し入れて1分ほど炒める。コリアンダー、青ネギ、ゴマをいれ、ふたをして3分煮込む。

.ふたを取り調味料を入れ火を止める。ハンドミキサーまたはフードプロセッサーでピュレ状にする。

綺麗な瓶に入れて冷蔵庫で1週間保存可能なのでサラダに、目玉焼きに、焼きそばにチャーハンに、色々合うのでお試しください。

緑のソースは豆乳ヨーグルト50mlに、ニンニク1/4片をおろしたもの、コリアンダー細かいみじん切り2本分、塩ふたつまみをスプーンでよく混ぜる。無くてもいいですが、すぐ出来るので作る価値あり!

モモの作り方

.寝かせた皮を半分に切り、直径2センチくらいの棒状にしてそれぞれを12等分にする。手で平たく潰したら、片栗粉を台に薄くまぶして皮を麺棒で伸ばす。中心を厚め、周りをなるべく薄ーく、餃子の皮の要領で。

.小さじ1杯くらいの具をのせて、中心に肉まんを包むようにヒダを寄せていく。難しかったら餃子のように包んでも。

.蒸し器に入れて強火で7、8分蒸す。

焼きトマトのソースをたっぷりつけて。ホウレン草と豆腐の蒸し餃子

蒸しあがったら間髪容(い)れず熱々にソースをかけていただきます。コリアンダーが余っていたら添えて。

赤、緑両方のソースをたっぷりつけて頬張るとむははははおいしい。いくらでも食べられるわいと気付いたら24個全部食べていた自分には引きましたが。

焼きトマトソース、麺とあえたり焼きそばや焼き飯に添えたり焼き茄子(なす)や茹でジャガイモなんかのソースにしてもとってもおいしいです。ぜひ!

焼きトマトのソースをたっぷりつけて。ホウレン草と豆腐の蒸し餃子

Bar à momos(バー・ア・モモ)

218, rue du faubourg Saint-Antoine 75012 Paris

焼きトマトのソースをたっぷりつけて。ホウレン草と豆腐の蒸し餃子

Tashi Tagyé

24, rue Richer 75009 Paris

フォトギャラリーへ(下の写真をクリックすると、くわしくご覧いただけます)

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら