&w

特集
連載をフォローする

【対談】吉田羊×高橋優〈1〉あっけらかんと夢を語れた「下積み時代」。純粋に楽しかった

撮影:相馬ミナ

“独身のカリスマ”と呼ばれるコラムニストのジェーン・スーさんが、自身の家族についての思いを綴(つづ)ったエッセーが原作のドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京系、金曜深夜)。ジェーン・スーさん自身をモデルにした主人公を演じる吉田羊さんと、ドラマのオープニングテーマ曲「ever since」を書き下ろした高橋優さんの対談が実現。お互いの仕事のこと、家族のことをじっくりと語り合います。対談は3回に分けてお届けします。

「よろしくお願いします」という挨拶(あいさつ)の後で、高橋さんが自身のCDを吉田さんにプレゼントするところから、対談はスタートした。「ever since」は、一番近くにいるはずなのにちょっと遠い存在である家族への、優しく複雑な思いが綴られている。

――お二人は今日が初対面なんですか?

高橋:(吉田さんの顔をおずおずと見つめながら)えーと……初対面ではないです。

吉田:(面食らって)え??? ……ごめんなさい。以前は、いつお会いしていますか?

高橋:ずいぶん前の話で恐縮なんですが、フジテレビの「オモクリ監督 ~O-Creator’s TV show~」という番組に、一度ゲストで出させていただいたことがありまして……。

吉田:(大声で)あ、そうだ!!

高橋:芸能人の方が面白いショートムービーを作って競い合う番組で、ビートたけしさんが審査委員長でした。他にもレギュラー監督に千原ジュニアさんやバカリズムさん、劇団ひとりさんがいらして、司会が吉田羊さんで。

吉田:司会進行に挑戦してましたね。

高橋:「オモクリ監督」のテーマ曲を担当していたご縁で、差し出がましくも出演する機会がありました。

吉田:(思い出したように)そうだ! すみません! もう6、7年前になりますね。

【対談】吉田羊×高橋優〈1〉あっけらかんと夢を語れた「下積み時代」。純粋に楽しかった

高橋:出演したときテーマ曲のほかに、「明日はきっといい日になる」という曲を歌いまして、その時にご挨拶をさせていただきました。お陰様で、「明日はきっといい日になる」はその後にちょっと話題になって、CMで流してもらいました。ライブとかじゃないところで、広く皆さんに知ってもらう機会をいただいた曲です。なので、今回のドラマのオープニングテーマ曲もそうですが、吉田羊さんに会うと、広く僕を知ってもらう機会に恵まれる印象があります(笑)。

吉田:アハハ!

高橋:またこうやってご一緒できてうれしいです。

吉田:忘れていてごめんなさい! 私が圧倒的に世間に知っていただくきっかけになった作品が、2014年夏のドラマ「HERO」なんですが、その年の暮れぐらいから、バラエティーにも声をかけていただくようになって。ただでさえバラエティーに不慣れな上に「オモクリ監督」は初めての司会のお話で、力不足とわかっていながら、お声をかけていただくことがとにかくありがたくて挑戦することにしたんです。
しかも2015 年が、未(ひつじ)年で、「吉田羊」と「未年」の語呂合わせでいただくお仕事が本当に多くて、文字通り休みなく働いていましたから、番組のときはとにかく一杯一杯だったと思います。

【対談】吉田羊×高橋優〈1〉あっけらかんと夢を語れた「下積み時代」。純粋に楽しかった

高橋:たしかに、僕は「HERO」を見ていたので、「バラエティー番組の司会もされるんだ」と驚きました。

吉田:そうなんです。まだまだ「お前誰だよ?」っていう方がたくさんいらっしゃった頃です。

高橋:でも、そのとき、僕は、芸能人の第一線の方ばっかりの中ですごく緊張していて……。本番前の皆さんのところに突撃して、「テーマ曲以外に、こんな曲も書いてみたので、歌っていいですか?」と断ってから歌う、という設定で、歌自体は、声も震えていたし、決していい出来ではなかった。
でも皆さん、「この歌、今後はどう展開するの?」みたいに盛り上げてくださったんです。本番の盛り上がりにも感激しましたが、羊さんはカットがかかった台本にない流れの中で、フレンドリーに話しかけてくださったんです。

吉田:忘れていて、本当にごめんなさい。あの番組は私にとって、とても難しい挑戦だったので、記憶に蓋(ふた)をしてしまっていました。代わりに今日いっぱい話します(笑)。

NEXT PAGE小劇場俳優であるという自覚しかないんです(吉田)

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら