&w

&BRAND VOICE
連載をフォローする
SPONSORED

情熱のマエストロ佐渡裕が2021年夏に届ける“心のビタミン”とは?

SPONSORED

実力派と未来のスター候補のダブルキャスト

7月16日(金)の初日と、18日(日)21日(水)24日(土)に登場するのは、オーディションで選んだ若手の有望株、高野百合絵さんと黒田祐貴さんの組。
※黒田祐貴さんの「祐」は、示に右

「高野さんは大舞台の中心になれるオーラを持ったメゾ・ソプラノ。背が高く男前で、声もものすごくいい黒田さんは、前回のダニロ、黒田博さんの息子で、親子2代の出演になります。スター性のある2人はこれから日本のオペラをリードする人たちだと思います」と佐渡芸術監督。

情熱のマエストロ佐渡裕が2021年夏に届ける“心のビタミン”とは?
 高野百合絵さん ©️Takafumi Ueno

記者会見にリモートで臨んだ高野さんは「あこがれの舞台に立てるのがいまだに夢のようです。この劇場は2012年、高3の時、人生で初めてオーケストラと共演し、歌手としてのスタートを刻んだ場所です。皆から愛されるハンナのように、歌手としても皆から愛される存在になりたい。ハンナは、パーティーで見せるオフィシャルな顔と、ダニロと2人の時に見せるプライベートな顔が違う。そこを掘り下げて表現したい。これから立ち稽古も始まりますが、ダニロ役の黒田さんは同世代なので、切磋琢磨して、愉快で楽しくハッピーな『メリー・ウィドウ』の世界へお連れしたい」と抱負を語りました。

情熱のマエストロ佐渡裕が2021年夏に届ける“心のビタミン”とは?
黒田祐貴さん ※「祐」は、示に右

そして7月17日(土)20日(火)22日(木・祝)と25日(日)の千秋楽に登場するのは、芸術監督プロデュースオペラではおなじみの並河寿美さん、大山大輔さんの組。

2008年にツェータ男爵の妻・ヴァランシエンヌをキュートに演じた並河さんは、2012年「トスカ」でタイトルロール、2017年「フィガロの結婚」では伯爵夫人と、センターでの公演に欠かせない実力派の歌手となっただけでなく、関西一円で今や引く手あまたのプリマドンナ。 記者会見では「学生時代からあこがれの人だった故・佐藤しのぶさんが演じた、美しくてきらびやかであでやかなハンナが今も忘れられません。私はヴァランシエンヌからハンナになって、まるで大人になったような気分ですが、佐藤さんをリスペクトしつつ、私なりのハンナを一生懸命演じたい」と話しました。

情熱のマエストロ佐渡裕が2021年夏に届ける“心のビタミン”とは?
並河寿美さん

前回のダニロ役が大舞台でのデビューだった大山さんは、故・佐藤しのぶさんが演じたハンナの相手役を堂々と務め、大いに注目されました。2013年「セビリャの理髪師」ではフィガロ役、その後、ジャンルを超えた数々の舞台で大活躍しています。

情熱のマエストロ佐渡裕が2021年夏に届ける“心のビタミン”とは?
大山大輔さん ©Yoshinobu Fukaya

フレッシュな高野・黒田組か、ベテランの並河・大山組か。どちらのチケットを取るか、悩ましいところですが、迷ったら思い切って聴き比べるのもいいかもしれません。

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021喜歌劇「メリー・ウィドウ」特設サイト
http://www.gcenter-hyogo.jp/merrywidow/

元宝塚歌劇トップスターとお笑い界の重鎮も出演

宝塚歌劇出身者とお笑い界からのキャストは、今回も参加。元星組トップスター、香寿たつきさんと桂文枝さんは、8公演全日に登場して舞台を盛り上げます。

情熱のマエストロ佐渡裕が2021年夏に届ける“心のビタミン”とは?
桂 文枝さん

「文枝さんとはジルベスターコンサートを何年か続けてきたことがあるので面識はありますが、自分にも周りにも厳しい方なので、引き受けていただくにはご自分の中で相当決心もされたでしょう。お返事をいただくまでに少し時間もかかりましたが、引き受けていただいてよかったと思います」と佐渡芸術監督。

文枝さんは記者会見の動画メッセージで「実は書記官ニエグシュ役は”クラシックの紅白”NHKニューイヤーオペラコンサートで一度、コンパクトにしたものに出演して楽しかった思い出があります。狂言回しの役ですから最初から盛り上げていきたい。皆さんに面白く楽しんでもらえて、なおかつ書記官ですからどこか品のある感じで。皆で歌うところや踊るところもあるので、しっかり練習して、できる限りのことはやりたいと思います」と表明。

それを受けて演出の広渡さんは「前回は、桂ざこばさんが平みちさんとタップダンスを披露して盛り上げてくださいましたが、文枝さんは歌って踊ってくださる! 宝塚OGの香寿たつきさんと、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのようなパフォーマンスができたらいいなと思っています」。

佐渡芸術監督は「文枝さんは完璧主義者ですから、広渡さん、これから覚悟してくださいね」と笑わせた。

情熱のマエストロ佐渡裕が2021年夏に届ける“心のビタミン”とは?
香寿たつきさん

「コロナ禍で制約のある状況ではありますが、こういう時だからこそ、私たちは底抜けに楽しいオペラをつくりたい。スタッフ、キャスト一丸となってお客様が安心して劇場に来られるよう徹底した対策を行って皆さんの“心のビタミン”となる『メリー・ウィドウ』をお届けします」(佐渡芸術監督)

【公演概要】
  • 公演日時:2021年7月16日(金)・17日(土)・18日(日)・20日(火)・21日(水)・22日(木・祝)・24日(土)・25日(日)各日14:00開演(13:00開場) 上演時間約2時間45分(休憩1回含む)
  • 料金:A席12,000円(全席指定・消費税込み)ほか

    佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021喜歌劇「メリー・ウィドウ」特設サイト
    http://www.gcenter-hyogo.jp/merrywidow/

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら