&w

朝日新聞ファッションニュース
連載をフォローする

ランバン再生に情熱、群を抜く商品力

10年のアーカイブが並ぶ会場

アルベール・エルバスさんを悼む 伊藤忠会長CEO・岡藤正広さん

4月24日に59歳で急逝したデザイナー、アルベール・エルバスさんは、2001~15年、老舗ランバンを手掛け、人気ブランドとして復活させた。海外ブランドの輸入販売の先駆けであり、ランバンも扱う伊藤忠商事の岡藤正広会長CEO(71)が、エルバスさんをしのぶと共に、独創性が失われがちな昨今のファッション界に警鐘を鳴らした。

ランバン再生に情熱、群を抜く商品力
エルバスさんがサインを書いたコンバースのスニーカーなどを持つ伊藤忠商事の岡藤正広会長CEO

もう10年以上前、エルバスさんと一緒に京都に行きましてね。おちゃめなところがある人で、高台にある料亭で着物を着てはしゃいでいた。

でもエルバスさんはファッションデザイナーとしては相当の逸材だった。ものすごい情熱を込めてランバンの再生に懸けていて、その商品力は群を抜いて高かった。ビジネスでも高評価。超える人がこれから出てくるのか疑問です。月並みな言葉ですが、巨星墜(お)つという気がしました。

ランバン再生に情熱、群を抜く商品力
ランバンの2010年春夏作品=大原広和氏撮影

最近はそんな個性のあるブランドが少なくなったのが残念です。もともと欧州のブランドは家業だったから、その個性を伝統として守ってきてそこにお客様がついてきた。しかし、いまは多くが大企業グループに集約されて、似たような商品が増えた。グループ内でデザイナーの“人事異動”があるくらいですから。

服の売り方や売る場所も変わりつつある。コロナ禍が拍車をかけて、ネット販売に移行する傾向があります。ただ、顧客一人ひとりの顔を頭に入れたような売り場も残して欲しい。画一化が進む中で、そういう手作りのブランドビジネスが再認識されて支持されていくのでは、と思っています。
(編集委員・高橋牧子)

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら