&BRAND VOICE
連載をフォローする
SPONSORED

「そこにしかない朝を楽しむ」 神戸から始まる「神朝」とは

SPONSORED

神戸港・中突堤(神戸市中央区)の先端、神戸メリケンパークオリエンタルホテル(地上14階、323室)の一室で朝を迎えた。前夜、西向きの部屋から、カラフルな水面に揺れる神戸の夜景が正面に広がり、少し右を向けば街のシンボル・六甲山系が迫り、キラキラ輝く宝石箱のような街の明かりがまぶしかった。いま全室に完備されているバルコニーに出ると、港と街が動き出す音が、風に乗って渡ってくる。

目の前に停泊している船は、前夜から「グゥーン」というエンジン音を出し続けている。フェリーなどに乗ったことがある方は分かると思うが、この音は雑音にはならない。むしろ、包み込むような優しい音だ。波の曲線をかたどった設計のこのホテルの部屋の中で、常に心地よいエンジン音に包まれ、眠った。建物の内部は大きな吹き抜け構造になっており、さながらクルーズ船内で過ごしているような気分にさせてくれる。

朝食は、テラスでとると気持ちいい。海風に吹かれながら食事をしていると、時おり鳥が手すりに止まる。防波堤の海の向こうに目をやると、大阪湾をはさんだはるか南に和泉山脈の姿が薄く浮かんでいる。地元の人なのか、宿泊者あるいは船員だろうか。ランナーが下の岸壁をゆっくりと走っていく。毎朝走れる「神戸っ子」がうらやましくなる。そして、神戸のシンボルともいえる港の「先端」に泊まったからこそ体験できる朝なのだと納得する。

「そこにしかない朝を楽しむ」 神戸から始まる「神朝」とは

港町神戸発祥の地「メリケン波止場」に位置する「オリエンタルホテル」

「神朝(かみあさ)」。神戸の「神」と、リスペクトの接頭語として使われる「神」。2つの「神」を掛け、ホテルを経営する「ホテルマネージメントジャパン」が「迎える朝が楽しみなホテル」として打ち出す、プロジェクトだ。神戸から始動する「神朝」の現時点のプランは後にご紹介するとして、オリエンタルホテルズ&リゾーツを運営する株式会社ホテルマネージメントジャパン代表取締役の荒木潤一氏は「表面的な神戸を見て帰ってほしくない。神戸の人がなぜ神戸を愛しているか分かるような、深い体験と発見、感動をお届けしたい」と力を込める。また、「神朝」は「地域と一体となって成長する」という取り組みの象徴であり、神戸メリケンパークオリエンタルホテルと神戸の歴史とも深く関わっている。

「そこにしかない朝を楽しむ」 神戸から始まる「神朝」とは
撮影:太田未来子

270度海に囲まれた、同ホテルの最上階14階にあるテラス(高さ55メートル)には、国内で唯一の、ホテルに立つ灯台(4.8メートル)がそびえる。海上保安庁が管理するれっきとした公式灯台だ。点灯したのは1995年のこと。1月17日には阪神・淡路大震災が神戸を襲っていた。同年7月7日午後7時7分、777発の花火とともに赤と緑の光で港と街を照らした点灯再開の様子は、復興・希望の象徴として、朝日新聞をはじめ数々のメディアに取り上げられ、ホテルは同月15日に予定通り開業した。

この灯台は、ホテルから内陸に1キロほどの旧居留地のオリエンタルホテルにあった。1964年、「ミナト神戸のシンボルに」と屋上に造られたが、95年の震災でホテルは全壊。営業を停止し、灯台の光も消えてしまった。当時の経営陣が「港の灯(ともしび)を消してはならない」と、すでに開業が決まっていた姉妹ホテル・神戸メリケンパークオリエンタルホテルで継承することを決断。灯台を造り直し、7月の開業に点灯を間に合わせた。

「そこにしかない朝を楽しむ」 神戸から始まる「神朝」とは
旧オリエンタルホテルのラウンジに展示されていた巨大な鬼瓦。震災を乗り越えて神戸メリケンパークオリエンタルホテルに引き継がれ、正面玄関で利用者を出迎える

姉妹ホテルだった旧オリエンタルホテルが開業したのは、神戸開港の2年後の1870年。イギリスの小説家ラドヤード・キップリングは1889年、「オリエンタルホテルでは本物の料理が食べられる。その味はシンガポールのラッフルズホテルや、香港のビクトリアホテルをもしのぐ」と旅行記に記したとされる。「日本初のジャズバンドが神戸で結成され、オリエンタルホテルで演奏」「日本初のパーマ機が持ち込まれ、ホテルで使用」など、上陸するさまざまな異国文化がこの旧オリエンタルホテルを通じて日本に入っていった。

神朝プロジェクトの公式HPはこちら

NEXT PAGE「地域を巻き込み、同じ志を持つ」

REACTION

LIKE
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら