&M

バンドやろー
連載をフォローする

グルーヴを出せるベーシストを目指し「ドレミファソラシド」 ベース教室を体験

ピアノとギターは経験者だが、ベースは1~2回触ったことがある程度のライター・村上

楽曲の低音域を支えドラムと共にリズムを生みだす、バンドの中で重要な役割を担うベース。いざ始めたいと思っても、ソロの印象が薄いベースを1人でどのように練習すればいいか迷う方も多いのではないでしょうか。

そんな疑問を解決するために、今回はノアミュージックスクール目黒不動前店で、私、ライターの村上がベースの体験教室に参加しました。担当講師は篠崎哲也先生です。体験をした後には、ベースを教える際に意識していることなどもお聞きしました。

【動画】ベースの持ち方、右手・左手の使い方、ドレミファソラシドを弾く、リズムトレーニング

トークで緊張を解き、初心者に優しい丁寧なレッスン

「ベースはお好きですか?」

目標を「ドレミファソラシドを弾く」に定めた体験レッスン。初めにベースを持つところから始まると思いきや、まずは雑談のような質問から。参加者のベースに対する興味やベースを習う目的などを探りながら、レッスンの進め方を決めていくそうです。

軽くコミュニケーションを取って空気を和(なご)ませた後は、いよいよベースを持ちます。

プロミュージシャンの篠崎哲也先生。レッスンはマスク着用で
プロミュージシャンの篠崎哲也先生。レッスンはマスク着用で

ベースを座った状態で持つ際には、三つのポイントがあります。

「まず一つめは、脚の付け根にベースを置くことです。二つめは、身体にボディーをあてること。そして、ボディーの曲線部の頂点に腕を置くこと。腕と身体と脚の付け根、この3点でベースを支えるのが基本の構え方です」

また、ベースのヘッドを少し前に出すことで弾きやすくなるそうです。一つ一つポイントを確認しながら、正しい持ち方を身体で覚えていきます。生徒は一つ言われると一つ忘れてしまうということも多いようで、篠崎先生は丁寧に繰り返し説明しながら私のでき具合に合わせて進めてくれました。

いよいよ音を出します。音階を弾いてみる前に、弾き方を確認。しっかりした音を出すコツは、指の根元から弾くこと。

「指で弦をつまむように弾くよりも、指の根元から弾くことで音量が1.5倍くらいになるんです。そして、弾いた指を一つ上の弦にあててください。弦をあてる場所は、指の先端から指紋の渦の中間くらいです」

(左)指を曲げて弦をつまむように弾くのではなく、(右)指の根元から弦をはじくとしっかりした音になる
(左)指を曲げて弦をつまむように弾くのではなく、(右)指の根元から弦をはじくと音量が増し、響きが良くなる

そして、フレットと弦の位置を確認しながら、ゆっくりと音階を弾きます。

「ネックを持つ左手は指先がすごく大事で、指先が寝た状態で押さえると力が伝わらないんです。指先を少し曲げた状態で、第一関節は立てるってことなんですけど、そうすると上からしっかり力が伝わるんです。指を寝かせたまま弾くのが癖になっちゃった人も見ますが、弾く時に弦が押し上げられてしまうので音高が微妙に上がってしまうんです。なので左手の指先は立てる! これが大事です」

(左)指を寝かせて弦を押さえると力が入りにくいのに加え、弦がずれて音程が不安定になりやすい。(右)指の第一関節を立てるとしっかり押さえることができ、安定した音が出せる
(左)指を寝かせて弦を押さえると力が入りにくいのに加え、弦がずれて音高が不安定になりやすい。(右)指の第一関節を立てるとしっかり押さえることができ、安定した音が出せる

ゆっくりと段階を踏み、音階を一通り弾くことができました。ほとんどの場合、ここで30分の体験レッスンの時間は終了するそうですが、進みが早く時間が余った際は、メトロノームに合わせてリズムを足で刻みながら弾く練習に移ります。

「ドレミファソラシドがスッとできる人は経験者なので、その場合はリズムの話をします。ベースを弾く上で、リズムキープがとても重要です。日本人はお祭りの太鼓のように、メトロノームの音に拍子を合わせる『表』のリズムは強いです。しかし、メトロノームの音と音の間に拍子を合わせる『裏打ち』のリズム感覚は弱く、乱れてしまいがちなんです。ベースを弾く時にリズムが揺れないように、『裏』のリズムを鍛えます」(※動画の終盤をご覧ください)

丁寧で生徒の進度にとことん寄り添ってくれる篠崎先生のレッスンでした。

NEXT PAGEベースはハードルの低い楽器? 入門のしやすさと奥深さを知る

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら