&M

口福のカレー
連載をフォローする

カラダに優しくてじんわりとスパイスが感じられるカレー「コチン ニヴァース」(東京・新宿)

バスマティライスの中にチキンがごろごろ入った「チキンビリヤニ」

西新宿のはずれのほとんど人通りのない住宅街にある小さなインドカレー店「コチン ニヴァース」。何かのついでにふらっと立ち寄るにはちょっと厳しそうだが、一度、足を延ばせば、繰り返し訪れたくなる不思議な魅力がある。

今月はすでに2度、1度目は平日のランチタイムに、2度目は休日に訪れた。平日は、「チキン」「キーマ」「豆と野菜」のカレーに、サラダ、ライスまたはパロッタがセットになったメニューが5種類ほど(850円~)。休日は単品中心で「サンバル(950円)」や「マトンペッパーマサラ(1540円)」など、とにかくバラエティーに富み、大好きなビリヤニは4種類も登場。日本米に加え、ココナツライスやレモンライスなどのバスマティライスの種類も豊富だ。

豆のルーに野菜のエキスが溶け込んだ優しい味の「サンバル」
豆のルーに野菜のエキスが溶け込んだ優しい味の「サンバル」

「チキンビリヤニ(1450円)」は、パラパラに炊かれたバスマティライスの中にスパイスをまとったチキンがごろごろ。均一に混ざり切っていなくて、ところどころ色や味に濃淡があるが、このムラがまたいい感じなのだ。バスマティライスは、最高品質と言われるパンジャブ産のものを使用。値段は張るが味が全然違うので、できる限りそれを仕入れるようにしているのだそう。

チキンのキーマカレーに目玉焼きをのせた平日限定の「エッグキーマセット」
チキンのキーマカレーに目玉焼きをのせた平日限定の「エッグキーマセット」

コスパでは平日に軍配が上がる。私の大好きな卵付きの「エッグキーマセット(980円)」が食べられるのも平日だけだ。鶏胸肉のひき肉とカルダモン、クローブ、シナモンなどを合わせた、香り高いキーマの上に半熟の目玉焼き。さらにたっぷりの黒胡椒(こしょう)がトッピングされている。ケララ州では上質な黒胡椒が採れるそうで、シェフがアクセントによく使うという。

黒胡椒の利いたシェフのスペシャリテ「マトンペッパーマサラ」
黒胡椒の利いたシェフのスペシャリテ「マトンペッパーマサラ」

オープン当時から一緒に働くシェフは、ケララ州の港町コチン(コーチ)出身のコマラタ・ベラスダン・ラメーシュさん。インドのホテルのレストランで腕を振るい、オマーン国王の宮廷料理人も務めたという名の通った料理人。日本在住歴は30年以上で、銀座の「アショカ」をはじめ有名店のシェフを歴任してきた。現在は2名のコックと共にカレー作りを担っている。

コチン ニヴァースのカレーの魅力を一言で表現すると、家庭的でありながら洗練されたカレー。誰もが受け入れやすくて優しい味でありながら、奥の方からじんわりとスパイス感が利いてくる。その独特のカレーが、どうやって生まれたのかを尋ねると、「自分もシェフも自分が食べたいと思うものを提供しているだけ」とのこと。シンプルだけど、ブレないこの思いが、ほかのどこにもないオンリーワンカレーを生み出しているのだ。

※価格は税込み

雨の日も店の前には順番待ちの客がいる
雨の日も店の前には順番待ちの客がいる

コチン ニヴァース

東京都新宿区西新宿5-9-17
03-5388-4150

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら