&M

音楽航路
連載をフォローする

共感か攻撃に偏る社会に別の選択肢を MONO NO AWAREが生み出す質の良い摩擦

マスダレンゾ撮影

“いい音楽”とは一体なんだろうか? メロディーや歌詞の完成度で決まるのか、歌や演奏のうまさなのか、はたまた売れた枚数や聴かれた回数なのか──。

4人組ロックバンドMONO NO AWAREは、奥行きと余白をたっぷり感じさせる空間的なバンドサウンド、独特なメロディーセンスと巧みなレトリック、ひょうひょうとしたボーカルスタイルなど、現代日本の音楽シーンにおいては特異とも言える要素を数多く備える音楽集団だ。

確固たる主張がありながら安易なメッセージを歌わない、ストイックかつ音楽的でユーモアも含んだ歌詞はとくに高い評価を得ている。 6月9日にリリースされた4thアルバム『行列のできる方舟』は、そんなバンドの哲学がこれでもかと込められた快作だ。本作の制作過程で彼らは何を思い、何を感じ、何を表現したかったのか。玉置周啓(Vo, G)、加藤成順(G)、竹田綾子(B)、柳澤豊(Dr)に話を聞いた。

摩擦が起きてほしい

共感か攻撃に偏る社会に別の選択肢を MONO NO AWAREが生み出す質の良い摩擦
MONO NO AWAREの4thアルバム『行列のできる方舟』

──今回のアルバム『行列のできる方舟』は、どういう作品にしようと考えて作り始めたんですか?

玉置周啓(Vo, G) 順序立ててお話しすると、まずアニメ映画『海辺のエトランゼ』の主題歌を担当することになって、「そこにあったから」「LOVE LOVE」「ゾッコン」という3曲を用意したところから始まっているんです。結果的には「ゾッコン」が採用されるんですけど、その時点で3曲とも録(と)っちゃっていたんですね。ボーイズラブが題材の映画だったこともあって、どれも愛を歌う曲になっていて。そこからアルバム作りがスタートしたので、なんとなく“愛”や“人間関係”がテーマになってきそうだなという予感はしていました。

──個人的な感想としては、今作にはすごくプライベートな手触りを感じました。みんなで共有するというよりは、布団の中でこっそり聴きたいアルバムだなって。

玉置 自意識を取り扱っているんで、どうしてもそんなふうに“閉じた”聴かれ方になる可能性はあるかなとは思っていましたけど……目標としては、このアルバムをきっかけに“摩擦”が起き始めてほしいなという思いがあったんですよ。

──摩擦?

玉置 共感ではなく、議論を生みたいなと。かといって、わざと批判されそうな過激な表現を使うことは醜いと思っているのでしませんけども。挑発するのではなく、フラットに自分の意見を述べたことに対して「それは俺の考えとは違う」と言ってくる人が現れてほしいなという。

──意図的にたたかれることを望んでいるわけではないと。

玉置 そうです。世の中が“共感”と“攻撃”のどっちかに偏りすぎている気がしていて……僕はよくこれをたとえに出すんですけど、「これ、おいしいよ」って薦められてマジでいらんもんを食わされる時間とかが本当に嫌いなんですよ。心底食べたくないのに、表面的にはありがたがらないと人間関係がうまくいかないから、仕方なく空気を読んで自分を曲げるみたいな。もちろん、まったく曲げずに生きるのは不可能だとは思うんですけど、そこのバランスですよね。もうちょっと選択肢の多い社会で生きたいなという感覚があって……そう、選択肢。“人間関係”というよりは、“選択肢”というほうがテーマとしては大きいかもしれないです。

──以前お話を伺ったときに、玉置さんが「シンパシー(感情的な共感)よりエンパシー(他者の感情を想像して理解する行為)」というお話をされていたのが強く印象に残っているんですけども、今のお話もまさにそういうことですよね。

玉置 ああ、そうですね。選択肢を増やすにはどうしたらいいかと考えたら、それぞれが“干渉しすぎず、放っておきすぎない”というバランスをだいたい全員が共有している状態が必要なんだろうなと。たぶん許せない人がいるから、なかなか選択肢が増えないんです。文化の違いなどから、その人の気持ちに心から共感することができない他者がいることは事実ですが、 そこで「俺にはわからない」と思考を停止させたら、いつまでたっても許容できないか、まったく無視するかの両極端しかあり得ないですから。“許す”と“放置する”の間ぐらいの感じでエンパシーがないと、選択肢を増やすことはほぼ不可能っていうか。

──他者に対して“否定”や“肯定”から入るんじゃなくて、“把握”から入ろうよと。

玉置 あ、その言い方いいですね。すごくスッキリする。

──そういう姿勢って、バンド内で共有されてるんですか?

玉置 いや、どうなんだろう(笑)。

──皆さんは、玉置さんがこういうふうに話していることを“バンドの姿勢”として捉えられることに異論はない?

加藤成順(G) 僕はそこまでは入り込まないというか。周啓が提示したいことを基本的には信頼してますし、それをサウンド面でサポートしつつ広げられたらいいなという。もちろん完全に同じ考えというわけにはいかないですけど、本当に嫌だったらやらないわけですし。

竹田綾子(B) 自分たちの中に「こう見られたい」というイメージがあっても、たぶんそれが100%伝わるわけではないというか。そこまでハッキリと歌詞でも断定していないですし、聴いた人がいろいろ想像して自分の中に落とし込んでくれたらいいのかなと思っていますね。

柳澤豊(Dr) 僕としては、なんとなく「周啓はこういうことを言いたいんだな」というのを踏まえた上で、曲は曲としてやろうというスタンスですね。あくまで曲の歌詞なんで、Twitterとかで思想を述べるのとは意味合いが違うじゃないですか。作品として全然アリだと思うんで、そこでバンドがどう見られるかはさほど気にしていないです。

NEXT PAGE1人でデモを作り込むことに疲れた

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら