&M

キャンピングカーで行こう!
連載をフォローする

高い走行性能と快適な居住性、高級ラインの国産キャンピングカー「SAKURA」

2020年にデビューした2代目のSAKURA/写真はすべてNTB提供

健康面に配慮した取り組み

目に見えない部分の特徴としては、ボディが日本製であることが挙げられます。コスト面では海外生産に比べて不利になりますが、NTB社は日本製を採用しています。その理由の一つがシックハウス対策です。

建築材料にはシックハウス症候群の原因物質とされるホルムアルデヒドを放散するものがあり、その放散レベルによって区分された等級に応じて、使用できる面積の制限を受けます。SAKURAのボディに使用する建築材料は、この等級の最上位規格であり、使用量が制限されない「F★★★★(エフフォースター)」に該当するものです。キャンピングカーは建築物でないので、建材の使用基準などはありませんが、ユーザーの健康面に配慮しての取り組みは歓迎すべき姿勢です。

高い走行性能と快適な居住性、高級ラインの国産キャンピングカー「SAKURA」
エアコンも標準装備。室内機は目立たないように、家具へビルトインされている

標準装備が充実しているところもSAKURAの特徴といえるでしょう。エアコンはDC駆動の車載用か、AC駆動の家庭用のどちらかを選択できます。90L冷蔵庫、電子レンジ、FFヒーターも標準装備されています。これらを支えるサブバッテリーシステムは100A×4=400Aの大容量で、1500Wのインバーターと155Wソーラーパネル4枚もパッケージされています。

前回もご紹介したとおり、いすゞのBe-camは許容車両総重量が5450kg(4WDは5300kg)。これは国産キャブコンのベース車両の代表格・トヨタのカムロードの許容車両総重量4100㎏に比べれば、ベースとなるシャーシにかなりの余裕が生まれます。その結果、エアコン、大容量バッテリー、ソーラーなどを潤沢に搭載しても心配ありません。足回りへの負担を考えても、この余裕は魅力です。

NEXT PAGE乗り心地はどうでしょうか

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら