&M

キャンピングカーで行こう!
連載をフォローする

高い走行性能と快適な居住性、高級ラインの国産キャンピングカー「SAKURA」

2020年にデビューした2代目のSAKURA/写真はすべてNTB提供

乗り心地はどうでしょうか

さて、乗り心地はどうでしょうか。運転席に座ってまず感じるのが、キャビン内の広さです。先にも書いた通り、カムロードよりもキャブが広く、高さもあるため、かなりゆったりしています。

ガラス面積も広く視界も良好で、安全に寄与しそうです。これが通常のトラックの話なら大いに魅力的なガラスの大窓ですが、キャンピングカーの場合はひと工夫が必要です。ガラス面は断熱性が低いからです。真夏や真冬の停泊時には、しっかり断熱シェードなどを使わないと冷暖房効果に影響が出そうです。

運転席助手席周りで気になる点があるとすると、助手席シートでしょう。ベース車のシートのままなため、助手席シートは平板で座り心地は今ひとつでした。こればかりは、シートを変更するしかありません。

そして肝心な「走り」ですが、最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載しているため、パワーは申し分ありません。ミッションは、6速(4WDは5速)の「スムーサーEX」というRMT(ロボタイズド・マニュアル・トランスミッション)ですが、少々クセがあります。変速タイミングをはかって、シフトチェンジ時にややアクセルを緩めるなど、スムーズな加速にはコツが必要です。

私が実際に乗車したところ、トラックに乗っているという感覚は全くありませんでした。地面からの突き上げやコーナリング時のロールもよく制御されていて、加減速や左右のコーナリングに不安感はありませんでした。乗り心地に関しては、「ほぼ満点」といっても良いのではないかと思います。その乗り心地はバスコンに近いと言ってもいいでしょう。

SAKURAは、申し分のないスペックを誇る高級ライン、と位置付けてよいキャンピングカーだと思います。キャンピングカーライフを充実させたい、生活面でのクオリティを上げたい、とお考えの方におすすめの一台といえそうです。

フォトギャラリー(クリックすると、他の写真もご覧いただけます)

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら