&w

花のない花屋
連載をフォローする

「無理しっしゃんなん」。祖母の言葉を、今こそ母に届けたい

読者のみなさまから寄せられたエピソードの中から、毎週ひとつの「物語」を、フラワーアーティストの東信さんが花束で表現する連載です。
新型コロナウイルスで大きな影響を受けた花の生産者を支援している全国農業協同組合連合会(全農)に、その活動の一環として連載にご協力いただいています。
あなたの「物語」も、世界でひとつだけの花束にしませんか? エピソードのご応募はこちら

〈依頼人プロフィール〉
大川沙耶さん(仮名) 35歳 女性
パート
石川県在住

    ◇

「無理しっしゃんなん」

これは北陸地方の方言で「無理をしてはいけないよ」といった意味。小さい時、北陸の祖母の家に遊びに行くと、母が祖母から何度もそう言われていたことを覚えています。

私は4人きょうだいの6人家族で育ちました。勤務医だった父は単身赴任の時期が長く、家を切り盛りしていたのはほとんど母。小さい時は、2人の子どもをおんぶとだっこで前後に抱え、ほかの2人の手を両手でつないで、よく習い事やプールに連れていってくれたものです。

私たち子どもに手がかからなくなり、ようやく一息つけるようになったタイミングで、今度は幼稚園の先生の資格を通信教育で取ることを決意した母。夜行バスで東京の学校にスクーリングで通うなどして資格を取得し、その後念願の幼稚園教諭として働いていました。

そんながんばり屋の母でしたが、その努力する姿を見せびらかすこともなく、ちょっと天然が入ったおっとりした性格で、子どもの私にとっても大変自慢の母でした。幼稚園教諭になっただけあって上手だった、自作の歌や物語を聞かせてくれては、私たち家族をいつも楽しませてくれました。

母に、嵐のような日々が押し寄せたのは、今から4年前、父も母も60代の後半になった頃のことです。最初に発覚したのは父の膵炎(すいえん)でした。その後、父はスキルス胃がんを併発するのですが、それからまもなく、今度は父の闘病を献身的に支えてきた母に、膀胱(ぼうこう)がんが見つかります。その後数年で、劇症1型糖尿病や別のがんなど、さまざまな病が母を襲いました。

自身も治療をがんばる一方で、父の病院への送り迎えなどで治療を支え、加えて孫たちの世話まで買って出る母を見かねて、何かの助けになればと、私は昨年家族とともに実家の近くに引っ越しをすることにしました。とはいえ、母のがんばりは今も変わっていません。残りの人生を家で過ごしたいという父を支えながら、自身の手術の直前まで、孫の小学校入園グッズのミシンがけにいそしむ。そんな母を目の当たりにして、昔「無理しっしゃんなん」と祖母が母にかけていた言葉を毎日のように思い出しています。

最近も、「今度手術をすることになった」と母が知り合いに話したところ、「がんばって!」と送り出されたとのこと。母は「どうやってがんばればいいのか、わからないわよね」と、少しさみしそうに笑いました。そんな母に、「無理しっしゃんなん」と祖母に代わって言い続けるべきなのか、それとも母らしい生き方を黙って見守るべきなのか。答えは見つかりません。

ただ、母はお花が大好きです。母が笑顔になる花を、「あまり無理しないでね」というメッセージとともに贈り、母の満面の笑みを久しぶりに見たいです。どうかよろしくお願いします。

「無理しっしゃんなん」。祖母の言葉を、今こそ母に届けたい
≪花材≫リンドウ、ダリア、コチョウラン、バラ、マリーゴールド、エキナセア、ケイトウ、キョウカノコ、ナデシコ、アスチルベ、ヤツシロソウ、オンシジウム、カンガルーポー

花束をつくった東さんのコメント

おっとりした性格のなかに、生きるエネルギーとパワーを秘めたお母様に脱帽です。そんなお母様らしい力強さを感じてほしいとつくったアレンジです。

リンドウは、ブルーと紫の2種類。花言葉では「正義」などの意味があります。でも実は根っこの部分に薬になる成分があり「病気に打ち勝つ」ことを意味する花でもあります。頭が飛び出しているのは、コチョウラン。色を見ているだけで元気になります。また周りには、元気が出るビタミンカラーを置きました。

お父様とお母様が病気を克服してほしいという願いと、投稿者様からお母様への「無理しないでね」というメッセージが届きますように。

「無理しっしゃんなん」。祖母の言葉を、今こそ母に届けたい
「無理しっしゃんなん」。祖母の言葉を、今こそ母に届けたい
「無理しっしゃんなん」。祖母の言葉を、今こそ母に届けたい
「無理しっしゃんなん」。祖母の言葉を、今こそ母に届けたい

文:福光恵
写真:椎木俊介

読者のみなさまから「物語」を募集しています。

こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。

応募フォームはこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら