&w

ファッションニュース
連載をフォローする

花の都、咲き競う気概 22年春夏、パリ・メンズ

ルイ・ヴィトン(LV)

先月開催された2022年春夏シーズンのパリ・メンズコレクションでは、ルイ・ヴィトンやディオールなど有力ブランドが続々と新作を発表した。

ルイ・ヴィトン(LV)は新作発表動画で、会場に漢字で「第七回国際発表大会」の文字を掲げた。ファッションの都パリでのコレクションは、まさに国際大会。デザイナーのヴァージル・アブローによる7度目のLVメンズの発表は、フォーマルなスタイルとスニーカーの組み合わせが光った。

花の都、咲き競う気概 22年春夏、パリ・メンズ
ディオール

コロナ禍以前に大規模ショーを開催してきたディオールはメンズで久々に客を招いたランウェーを披露した。職人技で仕立てられたジャケットやコートのほか、モノグラムを大胆に解釈したニットベストが登場。ボトムスはハイウエストのフレアパンツがなびいた。

花の都、咲き競う気概 22年春夏、パリ・メンズ
ジル・サンダー

リアルショーへの回帰もあったが、現状ではデジタル発表が主流だ。ジル・サンダーは使用する全てのウールが日本製。デザインを手がけるルーシーとルークのメイヤー夫妻は素材選びを重要視しているが、欧米製ウールに比べてハリ感がある日本製を評価した。

「心躍るような現実逃避」「夜遊び」とのテーマを掲げたのはロエベ。人体をモチーフにした柄のセットアップに人気の「パズルバッグ」を合わせたルックなど、強めの色づかいが印象的だ。

花の都、咲き競う気概 22年春夏、パリ・メンズ

ドリス・ヴァン・ノッテンのテーマは本拠地ベルギーの都市アントワープ。その風景写真を組み合わせ、1970年代にデザインされた都市の頭文字「A」の幾何学プリントをあしらった。

花の都、咲き競う気概 22年春夏、パリ・メンズ
バーバリー

これまでロンドンで新作発表を続けてきた英バーバリーも今回はパリ・メンズに参戦。ブランドを代表するトレンチコートをノースリーブ仕様にしたアウターから、インナーウェアも見せた。

日本の「御三家」の一角ヨウジヤマモトは黒を基調に白や赤の挿し色を効果的に使うお家芸ともいえる服づくり。一方、これまでは比較的ゆったりとしたシルエットだったオム・プリッセ・イッセイミヤケは今回、着る人の体に沿う服を提案した。この数年でファッション界に定着したビッグシルエットの流れに変化をもたらすかどうか注目したい。

花の都、咲き競う気概 22年春夏、パリ・メンズ
写真左からダブレット、、ヨウジヤマモト、オム・プリッセ・イッセイミヤケ

ダブレットは東京都内の農園でショーを開催し、その模様をライブ配信した。登場したのは、ロックをテーマにした服の数々。刺繍(ししゅう)が施されたライダースベスト、ビッグサイズのフライトジャケットなどの顔ぶれだ。不用品の再利用にも取り組む。デザイナーの井野将之は「リーバイスの古着を使ったデニムジャケットや、洋服の青山から提供してもらった過剰在庫の服も再構築した」と語った。
(編集委員・後藤洋平)

 <写真は全てブランド提供>

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら