&M

小川フミオのモーターカー
連載をフォローする

意外なほど走りがよかったステーションワゴン 日産アベニール

シンプルなデザインで好感がもてた(写真はタイプ2.0si:)

1990年代に、ワゴンブームというのがあった。日本の自動車メーカー各社が、意匠を凝らしたステーションワゴンを競い合うように発表したのだ。日産自動車において、この分野にいち早く参入したのが、1990年の初代「アベニール」だ。覚えていますか。

商用車も同時に作られたのでハッチゲートは大きい
商用車も同時に作られたのでハッチゲートは大きい

ステーションワゴン専用車として開発されたアベニールは、従来のスカイラインワゴンやブルーバードADワゴンに取って代わるモデルとして登場。これら2台と同様、商用車も作られた(当時商用車としてステーションワゴンが多く使われていたのだ)。

si:モデルのファブリックシートは手触りもよかった
si:モデルのファブリックシートは手触りもよかった

アベニールのいいところは、前輪駆動を採用し、荷物がたくさん積めるパッケージを作りあげたことが一つ。大きな荷室を中心としたシンプルな機能主義的デザインもよかった。もう一つは、走りのよさだ。

乗用車版では、トップモデルにシルビアやプリメーラといったスポーティーな日産車と基本的に同じ2リッターエンジン(SR20DE型)搭載で、走りが意外なほどよかった。

スポーティーなアベニールサリューX GTターボ4WD(1995年)
スポーティーなアベニールサリューX GTターボ4WD(1995年)

ワゴンブームは、89年のスバル・レガシィツーリングワゴンが火付け役だった。乗用車ではなんとなく飽き足らないと感じ始めた層に向けて、スタイルが斬新で、質感があって、かつドライブが楽しいといった点で訴求した。いまのSUVブームとちょっと似ている。

アベニールサリューX GTターボ4WDのダッシュボード
アベニールサリューX GTターボ4WDのダッシュボード

ドライブの楽しさでいうと、9年間にわたる長いモデルライフのなかで、高性能化していったのが特徴的だ。全輪駆動が出たり、210馬力とハイパワーの2リッターターボエンジン搭載モデルが追加されたり、という具合である。

アベニールサリューX GTターボ4WDのバケットシート
アベニールサリューX GTターボ4WDのバケットシート

95年には車名まで変更。「アベニールサリュー」となったのには驚いた記憶がある。98年8月に2代目へとモデルチェンジした時点で、車名はまたアベニールに。なんていい加減なんだろうと、もう一度驚いた。

【スペックス】
車名 日産アベニール タイプ2.0si:
全長×全幅×全高 4460x1695x1490mm
1998cc直列4気筒 前輪駆動
最高出力 140ps@6400rpm
最大トルク 18.2kgm@4800rpm

(写真=日産自動車提供)

REACTION

LIKE
COMMENT
2
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら