&M

渡辺早織の思い出ちょっぴり、つまみぐい。
連載をフォローする

海×スパゲティ 蟹たっぷり濃厚ソースと綺麗な瞳の男の子

あの日食べたあのスパゲティ。

隣にはもうその男の子はいないけど、今もなお私にとって1番のスパゲティだ。

ふとあの味が恋しくなる。

同じように再現することは難しくても今日はちょっと思い出に寄り添いたい気分。

よし、蟹のトマトクリームスパゲティを作ってみよう。

生クリームでリッチな味わいに

手軽に作りたいので、蟹缶とトマト缶を使って調理することにした。

スーパーに行くと蟹缶が何種類か並んでいる。

値段もそれぞれなので悩むけれど、蟹がたっぷり入っていた時の喜びを優先して、100gのものにした。

家になかった生クリームと粉チーズを買い足した。

パスタを茹(ゆ)でるお湯を沸(わ)かしている間に、包丁の背でつぶしたにんにく一片をオリーブオイルで炒め香りを出す。

薄くスライスした玉ねぎ1/4をそこにいれ、火が通ったら、トマト缶を投入。

海×スパゲティ 蟹たっぷり濃厚ソースと綺麗な瞳の男の子
渡辺早織さん撮影

加熱すると旨(うま)みが増すからホールトマト缶を使うのが好きだ。

木べらでずんずんトマトを潰しながら、コンソメの顆粒(かりゅう)大さじ1ときび砂糖小さじ1を加えて煮込む。

本当は魚介だしのフュメ・ド・ポワソンなんかがあった方がより本場に近づける気がするけれど今日はないので我慢です。

水っぽさが減ってとろっとしてきたら、蟹缶、生クリーム100mlと粉チーズを思うままにたっぷり振りかけて、塩こしょうで味を調(ととの)えれば、ソースは完成。

スパゲティが茹で上がったら、急いでソースと絡めてできあがりです。

海×スパゲティ 蟹たっぷり濃厚ソースと綺麗な瞳の男の子
渡辺早織さん撮影

ふわりと広がる蟹の香りに期待値があがります。

それでは、いただきます。

うーん、おいしい!

缶詰とはいえされど蟹、ふくよかな香りが贅沢な演出を施し、生クリームのおかげでリッチな味わいになっている。

家で食べるなら十分すぎるほど贅沢な一皿に仕上がった。

フォークに絡める度、波の音が聞こえてくるような…

スパゲティをフォークに絡める度に、打ち寄せる波の音が聞こえてくるような、あのときのやわらかい思い出がよみがえってくるようで、なんだか嬉(うれ)しくなってしまった。

海×スパゲティ 蟹たっぷり濃厚ソースと綺麗な瞳の男の子

ある日、彼がプレゼントしてくれた可愛いピンキーリングをなくしてしまったことがあった。

どこを探しても見つからなくて、真っ青になりながら謝った苦い思い出がある。

気まずさがまだ少し残ったまま次に会った日。

彼は小さな袋を私に差し出して、「プレゼントが悲しい思い出にならないように」と、また同じピンキーリングをプレゼントしてくれたのだ。

私の目は嬉しさでまんまるになって、じんわりと体があたたかくなった。

怒るどころか彼はいつもと変わらぬ笑顔だった。

海のような男の子。

幸せに暮らしているといいなぁ。

次は何を作ろうかな。

海×スパゲティ 蟹たっぷり濃厚ソースと綺麗な瞳の男の子

写真:田中裕馬

フォトギャラリーへ(写真をクリックすると、詳しくご覧いただけます)

REACTION

LIKE
COMMENT
6
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら