&w

30歳からのコンパス
連載をフォローする

「心にメリケンサックをはめていた」高山都さんの現在地

撮影/岸本 絢

女性にとって30歳は、結婚、出産、キャリアなど、生き方を意識するようになる節目です。女性の選択肢が広がるいま、様々な分野で活躍されている方々は、どのような30代を過ごし、その後はどのような選択をしてきたのでしょうか。モデルの高山都さん(38)にお話を聞きました。


東京に、“私の居場所”はないのかもしれない――。
19歳で大阪から上京して、27歳でラジオのレギュラー番組が持てるようになるまでの8年間。高山都さんは、何をやっても結果の出ない自分に苛(いら)立ち、焦っていた。今でこそ、料理に器にインテリアにファッションと、衣食住のすべてにおいて「丁寧な生き方」を実践している高山さんも、20代は荒波の連続だった。

「20歳前後の私は、漠然と芸能の仕事をしたいという夢は持っていたけれど、逆にいうと夢しか持っていなかった(苦笑)。何の準備もせずに、19歳で上京して最初の事務所に入って愕然(がくぜん)としました。『あ、私は何も持たずに来てしまった』と。でも、引き返すことはできなかった」

「心にメリケンサックをはめていた」高山都さんの現在地

「大阪にいたころは挫折知らずで、そこそこ勉強もできて、そこそこちやほやされて。お金持ちの家じゃなかったけど、ちゃんと愛情ももらい、不自由を感じたことがなかった。ずっと平均点以上では生きてきた。だから、自分のことは好きだったし、きっとうまくいくだろうという根拠のない自信もあった。でも上京すると、そんな点数の人なんてざらにいたんです」

ある程度の仕事はあったものの、それだけでは生活が立ち行かない。昼も夜も休みなく、昼はカフェや友人が経営する古着屋、夜はバーでバイトした。自分の時間はまったくなかった。

「自分の時間って、夢のために費やすものだと思ってたから。休みなんて要らなかった。でも、雑誌に出ているキラキラした都ちゃんは、あくまで表向きの姿で、そのステージから降りたら人生泥だらけ(笑)。着実に人生を積み重ねている人と比べて、私はその日暮らしみたいなのがずっとコンプレックスでした。たくさんの雑誌には出てきたけれど、履歴書に書けるような実績は何も積んでいなかった」

心が折れそうになる日々を重ねて

絶対に誰にも負けたくない。若さゆえに、心の中に、そんなトゲを抱えていた頃のことを、高山さんは「心にメリケンサックをはめてたみたいな(笑)」と独特の言い回しで表現した。24歳で現在の事務所に所属した頃に、大ヒットドラマ「ガリレオ」のオーディションに合格し、そのときは、「俳優としてやっていけるかも?」という思いが頭を掠(かす)めた。

「でも、1回大ヒットドラマに出たぐらいでは、その後の仕事にはつながらなかった。最初は、『どうしてマネジャーさんは私のことをもっと売り込んでくれないんだろう?』とか思ったけど、今ならわかるんです。当時の私にはお芝居の素養なんて全然なかった。素材がよくないから売り込みようがなかったんだろうなって」

「心にメリケンサックをはめていた」高山都さんの現在地

仲の良かった友人の舞台を見に行って、打ちのめされたこともある。

「それまで友達だと思っていた彼女が、舞台上であまりに輝きすぎていて……。あんなお芝居、私は天と地がひっくり返ってもできそうにない。『あ、私はやっぱり俳優は無理なんだ』と悟った瞬間でした。結構な衝撃でしたね」

20代後半になり、徐々にそれぞれのライフスタイルが確立してくると、結婚して子供を産み、着実に人生のキャリアを積み重ねている友人たちと、相変わらずその日暮らしの自分を比べて、心が折れそうになることも。そんな中で、「夢を叶(かな)えるためには、自分の武器がないとダメなんじゃないか。私の武器……私が夢中になれることって何だろう?」と考えるようになる。

NEXT PAGE私にとっての大きな転機

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら