&w

バックステージ
連載をフォローする

アンジャッシュ 児嶋一哉さん「やめたらそこで終わり」未来のためにできること 

撮影・植田真紗美

子どもの頃の夢を叶(かな)える人は多くはない。よしんば夢見た職業に就けたとしても、その道で大成することは難しい。それをやってのけた1人が、アンジャッシュの児嶋一哉さんだ。

「いまだにダウンタウンさんや明石家さんまさんにお会いしたり、番組でご一緒できたりすると緊張しますが、やっぱりうれしい。この仕事を続けてきて良かったと思います」

地味で受け身の芸風を持つ彼がそれを逆手にとって「いじられキャラ」を確立。相方のスキャンダルがあろうとも活躍の場を広げ、多くの人から支持されている。

枠にとらわれない柔軟さを

なぜ児嶋さんにそれができたのか。今年3月に出版した初のエッセー『俺の本だよ!!』でこう、書いている。

僕は今、48歳。ということは、もうすぐ50歳になる。若手の頃は50代以上の芸人なんてほんの一握りしかいなかったし、こうして僕らも生き残れていることが信じられないくらいだ

俺の本だよ!!

ご自身も生き残りの理由なんてよくわかっていないのかもしれないが、本書を読み児嶋さんの話を伺うと、児嶋一哉という人の人となりが自然と浮かび上がってくる。ざっくばらんな語りには、芸人仲間から愛される彼の、“天然”で不器用でまじめな性格が見え隠れする。そして、何より感じられるのが児嶋さんのテレビ出演に対する強烈なこだわりだ。

「子どもの頃からテレビが大好きだったんです。ミーハーですし、テレビの世界って華やかで、歌ったり踊ったりなんだか楽しそうじゃないですか。好きな番組はバラエティーで言ったら、欽ちゃんシリーズ、ドリフターズの『8時だョ!全員集合』『オレたちひょうきん族』、とんねるずるやダウンタウン……。ジャニーズなら近藤真彦さんや光GENJI、SMAPが大好きでした。面白いしカッコいいし、『あんな風になりたい。あの世界に行きたい』とずっと思っていました」

アンジャッシュ 児嶋一哉さん「やめたらそこで終わり」未来のためにできること 

多くの子どもにとって憧れで終わる芸能界だが、児嶋さんは違った。近藤真彦さんに憧れた時は「ジャニーズに入るんだ」と思い込み、中学3年生の時にジャニーズ事務所へ履歴書と写真をひそかに送った。一向に連絡がないと不審に思い、書類を再度送付。アイドルの夢が絶たれると、高校2年生の時に将来はお笑いの道へ進もうと方向転換。アイドルからお笑い芸人って、180度違う方向な気がしますが……?

「という見方もありますが、僕はテレビでアイドルがコントをやっているのも見ていたし、それこそ、とんねるずさんや明石家さんまさんたちがドラマに出演したり歌を歌ったりしていたので、自分の中では方向転換という感覚はなかったんです」

NEXT PAGE憧れだけで終わらせたくない、芸能界へ入る夢

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら