&M

インタビュー
連載をフォローする

アートを「見る」と「買う」では何が違うのか? 片山正通が語る所有の意味

片山正通さん/野呂美帆撮影

名だたるファッションブランドのブティックや企業のブランディング・スペース、大型商業施設の全体計画など、世界各国で多彩なプロジェクトを手がける片山正通さん。インテリアデザイナーとして、現在の日本の最前線を走る一人だ。

この人実は、とにかくよく買い物をする。「稼いでいるからでしょ?」……さにあらず。現在のように売れっ子になるずっと以前、デザイナーを志した学生時代から続いているそうで、デザインと買い物は「鶏と卵。どちらが先かわからない」と笑う。

世界がうなる片山のデザインを支える買い物道とは? 年若い頃までさかのぼって話を聞いた。

買い物を重ねて、マーケティングの“生”の声を身につける

アートを「見る」と「買う」では何が違うのか? 片山正通が語る所有の意味
デザイン事務所「ワンダーウォール」のオフィスには、公私交えた片山さんの物があふれている。こちらはミーティングルームに置かれた各種の写真集や資料

――片山さんは、何しろよく買い物をされる。千駄ヶ谷のワンダーウォールのオフィスで、片山さんご自身のスペースを見せていただいたことがありますが、CDや洋服、各種のコレクションなどがぎっしりと空間を埋めていて、その物量に驚いたんです。同時に、ミーティングスペースなどの共用部にはアート、特にコンセプチュアル・アートも相当数をお持ちです。

2017年に東京オペラシティ アートギャラリーで開催された「片山正通的百科全書 Life is hard… Let’s go shopping.」展でも、混沌(こんとん)としたコレクションが展示されていましたよね。その“買いっぷり”はあっぱれとしかいいようがない。カルチャーのあらゆるジャンルにわたって、実際に自腹を切って“買う”行為は、片山さんご自身のクリエーションとどのように関わっているんだろう? そんな思いで改めてお話を聞くことにしました。買い物歴のそもそもの始まりを覚えていますか?

片山 高校生の時、僕の出身地である岡山に、当時ではまだ珍しかったファッションビルができました。コム・デ・ギャルソンが入っていて、ああなんて格好いい空間なんだと思ったりしながら、悶々(もんもん)と欲望をため込んでいたんですよね。その後に大阪の専門学校に入り、インテリアデザインを学びましたが、学校で教わるのは一般的なスキルだけ。より熱中したのが買い物でした。

アートを「見る」と「買う」では何が違うのか? 片山正通が語る所有の意味

アメリカ村やヨーロッパ村に古着を買いに行ったり、高校の時に憧れたブランドの“ブティック”へ行ったり。専門学校時代はずっと、コム・デ・ギャルソンやY’sのスーツを着てましたよ(笑)! 「飯を食わなくても、いいジャケットを買う」若者でした。持っているお金を全部洋服につぎ込んでしまう。買い物に関しては欲望が抑えられない。それはその頃からずっと変わりません。

そんな風に買い物に強い執着を持っているのは、家族のなかでも僕だけ。両親はどちらかというと節約家ですから。なぜ僕だけが身の丈を越えてお金を使うのか、ちっともわからないんですよね……。

――長年にわたって買い物をしてきたことは、現在の仕事に生きていると思いますか?

片山 空間をデザインする仕事は、自分にとって天職だと思います。誰がどう見たって、ただ好きなように買い物しているだけかもしれないけど(笑)、僕にとってはマーケティングであり、デザイナーとしての知識をつけるための勉強でもあるからです。たとえばアパレルのショップをデザインするとする。そういう時は、僕の場合、他ならぬ自分をモニタリングすればいいんですよ。

アートを「見る」と「買う」では何が違うのか? 片山正通が語る所有の意味

いわゆる“マーケティング”は、自分ではない、任意の人々からサンプリングしたデータを見ますよね? でもそのデータは基本的には過去の統計に基づいたもの。

一方、自分をサンプリングする場合、より現在に近く、かつ少し先の未来への感覚も入り込んでいるんですよ。ショップなどのインテリア空間のデザインは、完成した時点はもちろん、さらにその先の未来にも有効なものでないといけないので、あらゆるものを「買う」経験をすることで得るそういった感覚が生きるようには思います。

基本的に気になるものはインターネットで買うことはないのも、経験が役立つ理由として大きいかもしれませんね。ショップなり、ギャラリーなりに実際足を運び、空間に身を置いてモノと対峙(たいじ)したうえで買うので。

NEXT PAGE買う行為には失敗もつきもの。失敗を通じて体感したこと

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら