&w

&BRAND VOICE
連載をフォローする
SPONSORED

美しさとは、表情の美しさ。歯科医師・石井さとこさん「マスクをしている今こそ笑顔を磨くチャンス」

SPONSORED

マスクをつけるようになって、ほうれい線やたるみが気になってきた……。そんな私たちの悩みに応えてくれる一冊『マスクしたまま30秒!! マスク老け撃退顔トレ』が集英社から刊行されました。表情筋を鍛えるための15の顔トレが、写真や動画のQRコード付きで紹介されているなど、美容に役立つ内容がギュッと詰まった一冊です。ただ、筆者の歯科医師・石井さとこさん(60歳)に聞くと、この本は決して「しわ一つない顔をめざす」というものではないのだそう。伝えたいのはむしろ「しわを恐れないこと」。その真意をうかがいました。

美しさとは、表情の美しさ。歯科医師・石井さとこさん「マスクをしている今こそ笑顔を磨くチャンス」
PROFILE
石井さとこ

歯科医師・口もと美容スペシャリスト
歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口もとメイクについてのアドバイスに定評がある。ミス・ユニバースジャパンのナショナルディレクターからの要請で、過去に歯をプロデュースするオフィシャルサプライヤーを務める。俳優、モデル、タレント、アナウンサーなど、ビューティーセレブからの信頼も厚い。「ホワイトホワイト」院長。Instagram

――この本で特にこだわった点を教えてください。

楽しいという気持ちが伝わりやすい一冊になったらいいな、と考えていました。一般的にエクササイズや顔トレってワンツーステップどころではなくて、このセットを何回やってとか、けっこう複雑なものが多いですよね。そういうものだと、私自身、全然身につかなくて。だったら普段自分なりにやっているものを紹介した方が簡単に楽しく取り入れてもらえるんじゃないか、と思ったんです。

内容的にはほんの少し美容にアプローチしながらも、根っこにある大事なもの、健康について考えてみてと投げかけるものにしたいと思っていました。まず健康でいることが前提で、美容は後からついてくるものですから。

美しさとは、表情の美しさ。歯科医師・石井さとこさん「マスクをしている今こそ笑顔を磨くチャンス」
『マスクしたまま30秒!! マスク老け撃退顔トレ』(集英社)より

――本書でドキッとしたのが、マスクをつけていると無意識にしてしまう口呼吸のこと。口の中が乾くと、口臭の悪化や様々な疾患のリスクにもつながると書かれています。

この本で紹介しているのは舌を動かすトレーニングが多いのですが、舌って200グラムあるの。すごいでしょ? 舌筋(ぜつきん)って首までつながっていて、それが衰えてくると口呼吸になってしまいます。さらに“落ちベロ”になると、美容上の困ったことが起きるだけでなく、滑舌も悪くなるし、のみ込む力が弱まってつかえやすくなる。むせたり、年をとると誤嚥(ごえん)性肺炎になりやすくなったり。「マスク老け」というタイトルだから一見美容系の本なのかなって思うけど、健康面でも、これをいまやっておくと年を取ったときに困らないよっていうトレーニングがたくさん書いてあるんですよ。

口の中の健康は全身の健康をつかさどるし、口もとの筋肉は顔の表情を動かす筋肉の7割を占めています。そこに覆いかぶさって動きを止めてしまっているのがマスク。マスク生活はまだまだ続きますから、この状況を1回把握して、受け止めてもらいたいなと思っています。

美しさとは、表情の美しさ。歯科医師・石井さとこさん「マスクをしている今こそ笑顔を磨くチャンス」

自信をもって表情を動かして

――健康面はもちろん、石井さんが美容面での口もとの大切さを考えるようになったのには、何かきっかけがあるのでしょうか。

私、ミス・ユニバ-ス・ジャパンの歯のプロデュースをしていた時期があるんです。ミス・ユニバ-ス・ジャパンのナショナルディレクターからのお声がけだったのですが、候補者たちの口もとを美しくプロデュースして欲しいというのが彼女からのリクエストでした。

ミスコンっていうと、スタイルの良さとかそういうところに意識がいくから、口もとは大して関係ないのかなって、それまではそんなに気にしていませんでした。私自身、治療で歯並びの矯正やホワイトニングにはすごく気を使っていましたけど、歯医者ってどうしてもパーツで見ちゃうので、口もとがその人の魅力の大きな位置を占めるっていうところにまでは考えが至っていなくて。

でも、この経験で、歯がきれいということはそれだけで終わるのではなく、歯がきれいなことが自信にあふれた大きな笑顔につながっていくのだと確信するようになりました。

美しさとは、表情の美しさ。歯科医師・石井さとこさん「マスクをしている今こそ笑顔を磨くチャンス」

――笑顔はもちろん、口もとを動かしたときの印象って大きいですよね。普段ずっと決め顔でいるわけではないですし。

日本人って鏡に映っている一番きれいな自分のイメージにとらわれ過ぎてしまって、表情の豊かさを失いかけているときがあります。鏡を見るときってちょっと格好つけるじゃないですか。インスタでも、私もそうですけど、全部きれいに加工しちゃって、やっぱり固まっちゃっているんです。表情の美しさを忘れてしまっているかもしれない。だけど実際、顔っていうのはいろんな表情を出すし、しゃべったり笑ったり、怒ったりすねたり、表情の動かし方のバランスってすごく大事で、それによって表情筋が鍛え上げられていくんです。

私が思う「美しさ」とは「表情の美しさ」。それはふとしたときに出てくるものだと思います。たとえばおじいさん・おばあさんになったときに良い笑顔ができる人を見ると、いい人生を送ってきたのかなって思うし、表情筋を動かせる方が豊かな表情を作れる。いい表情だったり、ちょっとユニークだったりおもしろかったり、そういうのが全部組み合わさってその人の表情を作っていくので、自信をもって表情を動かしていくのは大事なことだと思いますね。

「ああ、幸せ」と言うことの大切さ

――「美しさ」というと、しわがあってはいけない、たるんではいけないと思いがちですけど、そうではないと。

しわはあった方がいいですよ! 私この前、久しぶりに会った友達に「あんたもしわ増えたね、でもいいしわだね」って言われたの。そのとき、しわができるのを恐れずに笑えるっていうのは、心が健康なのかなと思ったんですよね。心が健康じゃないと笑えなくなるんですよ。笑うのが怖くなっちゃう。美容に意識が偏り過ぎていると、そうなることが多い気がします。しわができるから笑っちゃダメってどこかで思ってしまう。そういう人、けっこういます。

美しさとは、表情の美しさ。歯科医師・石井さとこさん「マスクをしている今こそ笑顔を磨くチャンス」

――今回の本も、決して「しわ一つない顔になろう」というものではないですね。

そう、恐れずに表情筋を動かして、魅力的でキラキラした自分をこれでみつけて作ってくださいということです。顔トレも、マスクをしていない状態でするのが恥ずかしくても、マスクをしていれば難なくできてしまうし、俳優さんでも最近、「マスクの下で顔トレしています」という方が増えました。むしろ今をチャンスだと思って始めれば、マスクを外せるようになったとき、きっといい笑顔で笑えますよ! ぜひ隙間時間を利用してやってもらいたいですね。お子さんと一緒にやっているという親御さんも結構いらっしゃるんですよ。みんなでやって、おうち時間を笑顔で過ごしてもらいたいなと思います。

――「つまらないとき、大変なときこそ、口角を上げて」という一文は特に印象的でした。本書にはポジティブなメッセージもたくさん詰まっていますね。

私は空を見るのが大好きだから、毎日夕焼けの時間になると窓の外を見たり、月を見上げたりして、エモーショナルな感覚を呼び覚ますようにしてます。それで「幸せだな」と思う。朝ごはんのゆで卵がちょうどいいゆで加減でできたとか、おいしいものを食べたときも、「ああ、おいしい。幸せ」と言うようにしています。今ってポジティブなことを見つけにくいですし、自分の感情をキラキラさせるチャンスを見失いがちです。でも、小さなハッピーはいっぱい落っこちていますから。日常のささいな幸せを見逃さないようにしていきたいですね。

顔トレにチャレンジ!

美しさとは、表情の美しさ。歯科医師・石井さとこさん「マスクをしている今こそ笑顔を磨くチャンス」

筋肉の集まる重要ポイントをマッサージ
「モダイオラスほぐし」

左右の口角の内側の少し上あたりにある、小さなふくらみが、モダイオラス。顔の筋肉が集まっている大事なポイント。口中でここに舌先を当て、下から上に向かってほぐしていきます。左右10回ずつ。舌筋を使うので筋トレ効果大、唾液(だえき)も出て一石二鳥!

美しさとは、表情の美しさ。歯科医師・石井さとこさん「マスクをしている今こそ笑顔を磨くチャンス」

顔も心もほぐしてリラックス
「かみしめほぐし」

目を閉じ、こめかみの周辺を人さし指、中指、薬指の3本で、前へぐるぐる5回、後ろへぐるぐる5回マッサージ。奥歯をぎゅっとかんだときに硬くなる部分をほぐすと、顎(がく)関節や視神経の血流もよくなり、リラックスにつながります。寝ているときに歯ぎしりをしている人は、目覚めたときに。マスク生活で、ひもが当たる部分が重く感じたときにもやってみてください。

写真:山本倫子

美しさとは、表情の美しさ。歯科医師・石井さとこさん「マスクをしている今こそ笑顔を磨くチャンス」
発行:集英社

マスクしたまま30秒!! マスク老け撃退顔トレ
1,540円(税込み) | 著:石井さとこ

マスク生活も長くなり、マスクの下の顔や口もとのお悩みが急増中。
俳優、モデルも駆け込む人気歯科医師・口もと美容スペシャリストの石井さとこ先生が、そんな悩みに答えて、マスクの下でこっそりやれる秘密の顔トレ、教えます! それぞれ30秒以内という手軽さの15メソッド。どれも簡単で、楽しくできるものばかりです。また、歯科医師ならではのアドバイスも満載、ウイルスや菌に負けないための口もとの新習慣もお伝えします。

購入はこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら