&Travel

永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶
連載をフォローする

(120) 交差点で起きた偶然 永瀬正敏が撮ったイラン

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回はイラン・テヘラン郊外の交差点。永瀬さんがこの一枚に込めた思いとは?

(120)   交差点で起きた偶然 永瀬正敏が撮ったイラン
©Masatoshi Nagase

交差点はいろいろなものに例えられることが多い。
人生の交差点しかり。
さまざまな場所から延びてきた道が、交わる場所……。

ここはテヘラン市内から車で3時間ほど行った郊外。
工場街で、メインの通り沿いにはさまざまな修理工場が並んでいた。
工場街といっても、近代化された工場が立ち並んでいるわけではなく、
小さな工場が点在している、そんな感じの場所だった。

夜明け前に市内を出発していたので、まだ朝早い。
これから徐々に工場で働く人々がやってくるのだろう、辺り一帯は閑散としていた。

黄色い土壁と、ブロックやレンガで作られた壁には修復を繰り返した跡があり、そこには看板代わりの文字だろうか、もしくはただの落書きだろうか、ペルシャ文字が書かれている。
道も決して整っているとは言い難く、アスファルトがはがれ落ちていたり、鉄の板で補強されていたりした。

進入禁止の道路標識の前に一人の男性が立っていた。

真新しそうなスニーカーを履いたその男性は、これからテヘラン市内へ通勤するのだろうか? この場所にはあまり似つかわしくない服装でたたずんでいた。
そう思ったのは、数人お見かけしたこの街の人たちが、ほぼ全員作業着姿だったからかもしれない。
そのギャップが良くて、写真を撮らせてもらおうと思った。
シャッターを切る時、偶然にも走って来た砂まみれの車。
そのすれ違う瞬間をカメラに収めた。

交差点……さまざまなものが交わる場所……さまざまな事柄に例えられる場所……。

この写真を撮って、改めてそのことを思った。

REACTION

LIKE
COMMENT
3
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら