&Travel

ゆるり はんなり 京都の特等席
連載をフォローする
SPONSORED

2年ぶりの山鉾登場 祇園祭に宿る、災厄に屈しない町衆の心

SPONSORED
長刀鉾の前面に立ち、扇子と掛け声で指揮をとる音頭取© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved

釘を使わない山鉾組み上げ、技継承へ17基が部分復活

7月の四条通に、2年ぶりに長刀鉾(なぎなたぼこ)が姿を見せました。コロナ禍のため昨年は山鉾(やまほこ)建て・巡行が中止に。今年は技術継承のため、山鉾の花形である長刀鉾をはじめ、全33基のうち17基で山鉾建てが行われました。道ゆく人が次々と足を止め、天高く立つ真木(しんぎ)を見上げます。頂点に飾られているのは大長刀。平安時代の刀工・三条小鍛冶宗近(さんじょうこかじむねちか)が、まな娘の病気平癒を願って鍛えた大長刀が由来です。

技術継承のため、2年ぶりに鉾建てが行われた長刀鉾。© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved
技術継承のため、2年ぶりに鉾建てが行われた長刀鉾。© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved

釘を一本も使わず、木組みと縄だけで最大12トンに及ぶ山鉾を組み上げるには、実際にやって見せることが不可欠。作事方(さくじかた)と呼ばれる鉾建ての男衆も年々高齢化が進み、年に一度しか行わない山鉾建てに空白を作ることは、技術の継承に大きな影響をもたらします。そのため、今年は山鉾建てと試し曳(び)きが行われたのです。

「写真を撮ったら、すみやかにお進みください」。鉾の周りでは警備員のアナウンスが響き、観衆はみな名残惜しそうに立ち去りますが、その顔はどこかうれしそう。

「縄がらみ」という技法で、釘を使わず縄だけで木材を組み上げる。真木が立つと拍手が。© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved
「縄がらみ」という技法で、釘を使わず縄だけで木材を組み上げる。真木が立つと拍手が© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved

祭りに携わる男性は、こう語ります。「簡単に言うとお正月(を迎える)みたいなもんです。7月がきて祇園祭が終わったら『ああ一年が終わったな』と思う」

まさに、鉾を眺める人々の表情には「京都の夏がやってきたな」という思いがにじんでいます。そのしるしに、不思議なことに例年、おてんとさまが山鉾巡行を見届けたかのようにそれが終わると梅雨が明け、本格的な夏がやってくるのです。

山鉾は「動く美術館」、神輿の道を先に清める「巡行」

ところで、山鉾がなぜ、京の街を巡行するかご存じでしょうか?

豪壮華麗な鉾と曳き山が都大路を進む光景は、祇園祭のハイライト。御神輿(おみこし)のようなものと思っている観光客も多いですが、それは違います。神様ののりものである神輿は、前祭(さきまつり)の巡行の後、八坂神社から四条御旅所に渡御(とぎょ)し、後祭(あとまつり)の巡行を経て、八坂神社にかえります。つまり、山鉾巡行は神様の通り道を清めるための壮大なパレード。お囃子(はやし)や装飾品で疫病や厄災を引き起こす悪霊たちをひきつけ、清められた道で神様をお迎えしようというわけです。都(みやこ)じゅうの厄を集めた山鉾は、巡行後すみやかに解体されます。

長刀鉾の前面に立ち、扇子と掛け声で指揮をとる音頭取© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved
長刀鉾の前面に立ち、扇子と掛け声で指揮をとる音頭取© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved

「小さいころから、祇園祭が楽しいて楽しいて待ち遠しかった。町のなかは一つも騒がしいのうて(騒がしくなくて)、ただお囃子の音がずーっと夜じゅう聞こえてました」と語るのは、京都生まれの日本画家・上村淳之(あつし)さん。2014年に約150年ぶりの復興を遂げた大船鉾の格(ごう)天井画を、今も制作中です。「(依頼が来たとき)『俺そんな年いったんや』と。自分の表現のスタイルをここで完結したいなあと思ってお受けしたんです」

NEXT PAGE「神人和楽」 200年の時を越え、鷹山が来年復活予定

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら