&Travel

ゆるり はんなり 京都の特等席
連載をフォローする
SPONSORED

コロナ禍でも「五山送り火」を絶やさない 伝統を支える人々

SPONSORED
佛教大学歴史学部の八木透教授(左)と大文字保存会の長谷川英文理事長。保存会の集会所隣の神社で

8月16日の夜、京都市中心部を囲む六つの山に炎の文字や絵柄が浮かび上がります。東から反時計回りに大文字、妙・法、船形、左大文字、鳥居形。京都の夏の風物詩として知られる「五山送り火」は、お盆に現世に帰ってきた先祖の霊「オショライさん」を、再びあの世へと送る行事。コロナ禍の今夏、「五山送り火」は昨年に続き、点灯数を縮小しての実施となります。外へ見物に行くよりも、自宅で点火の模様を見て手を合わせるという人も多いのではないでしょうか。

そんな、疫病に生活をおびやかされる今こそ、送り火の灯を消すまいと奔走する人たちがいます。今回は、毎年BS11(イレブン)で放送される「生中継!京都五山送り火」で解説を務める佛教大学歴史学部の八木透教授、NPO法人・大文字保存会の長谷川英文理事長に、送り火の今と未来について話を聞きました。

順にともる供養の火、五山に込められたストーリー

かつては、五山を含め多い時で10カ所以上の文字や絵柄が灯(とも)されていたという送り火。それぞれの社寺や村で継承されていく中で、いくつかの文字は姿を消し、現在の六つの山が残ったといわれています。先祖供養のほか家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)祈願などさまざまな意味を含みつつ、「オショライさん送り」の行事として、村人が主導して行われるようになったのは明治以降。公式の記録や文献の少ない「五山送り火」ですが、それは行事が政治的な意図をもって行われてきたのではなく、地元の人々の信心によって受け継がれてきたことを示しています。

大文字火床の上には弘法大師堂があり、送り火の日には献花や供物が捧げられる
大文字火床の上には弘法大師堂があり、送り火の日には献花や供物が捧げられる

「送り火の発想は万灯籠(まんどうろう)から来ていると考えています。江戸時代に、紀州で子どもがたくさん亡くなる疫病が流行した時があった。その時に、たくさんの灯をともして悪疫を払ったという記録が残っているんです。火で死者を供養した。万灯籠が送り火になっていったのは面白い発想ですね。誰かが考えたんでしょう。斜面に火床を築いて松明(たいまつ)を立てたら、遠くの人からも見える、と」(八木教授)

昔は、若くして亡くなったり非業の死を遂げたりと、この世に未練を残して亡くなった人が天災や疫病をもたらすと考えられていました。たくさんの火は、彼らが成仏できるようにと供養すること。それがだんだんと、観衆を意識した行事になり「先祖送り」の面が強調されてきたといいます。

最後に点火される嵯峨鳥居本・曼荼羅山(まんだらやま)の「鳥居形松明送り火」。近くの広沢池では灯籠流しも行われる=Getty Images(2019年8月16日)
最後に点火される嵯峨鳥居本・曼荼羅山(まんだらやま)の「鳥居形松明送り火」。近くの広沢池では灯籠流しも行われる=Getty Images(2019年8月16日)

「五山送り火連合会が1963(昭和38)年に設立され、新暦の8月16日20時から実施するということと、点火の順が決められました」と長谷川理事長。現在の「五山送り火」の形が整ったのは、それほど昔のことではないようです。山ごとに独立した由緒があり、五つの文字に関連性は見いだしにくいとしながらも、点火の順にはこんな意味があるのではと長谷川理事長は話します。

「子どもたちに送り火を灯す意味を伝えていくために、私は次のように話しています。太陽や月が東の空から西の空へ沈むように、大文字を東の山に灯すと、人形(ひとがた)のオショライさんが北山に向かわれて念仏を唱えられる(妙・法)。賀茂川(三途の川)を渡る、帆柱に火を灯した船(船形)に乗られます。そして大北山に人形(左大文字)が灯され、西方浄土への入り口(鳥居形)が灯ると、無事戻っていかれるのです、と。だから、五山のどこが欠けても浄土に戻れない。全部の火が灯らないと、五山の意味がないんです」(長谷川理事長)

コロナ禍で苦渋の減灯、先祖思う心を投影する送り火

如意ヶ嶽の大文字は6灯、他4山は1〜2灯での送り火となった昨年。山頂で作業に当たる保存会会員も観衆も、密を避けるため苦渋の決断となりました。けれど「中止する」という選択肢は保存会の人々にはなかった様子。長谷川理事長はこう語ります。

NEXT PAGE木を植え、山を守る 50年、100年後を見据えて

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら