&Travel

城旅へようこそ
連載をフォローする

城ではない?江戸時代の「陣屋」とは 「青天を衝け」の城(3)

小幡陣屋に隣接する、国の名勝「楽山園」

日本の城を知り尽くした城郭ライター萩原さちこさんが、各地の城をめぐり、見どころや最新情報、ときにはグルメ情報もお伝えする連載「城旅へようこそ」。今回は大河ドラマ「青天を衝(つ)け」ゆかりの城の第3回、「陣屋」です。強固な防衛機能を有した城とは一線を画した、行政機能と居住空間に特化した小藩の藩庁なのですが……。

ドラマの渋沢栄一が屈辱を味わった岡部陣屋

血洗島(現在の埼玉県深谷市)の農家に生まれた渋沢栄一。大河ドラマ「青天を衝け」の序盤では、父の名代として岡部藩庁へ出向き、生涯忘れがたい屈辱を味わった場面が印象的に描かれていた。幕府の権力主義に不信感を募らせ、攘夷思想に傾倒する出来事だった。

このとき栄一が訪れたのは、岡部陣屋(埼玉県深谷市)だ。「陣屋」とは小藩の領主が構えた実質的な城のこと。江戸時代、大名は家格に応じて区分され、城を持てたのはおおむね3万石以上の大名だった。3万石以上が1国以上を領有する「国主(国持大名)」やそれに準じる「准国主」、そして「城主(城持大名)」。3万石以下は、大藩から独立または陣屋から昇格した「城主格」、城ではなく陣屋を構えた「無城(陣屋大名)」に分かれていた。幕末の岡部藩は約2万石の無城大名であったため、城ではなく岡部陣屋を構えて藩庁を置いていたのだ。

明治に入って岡部藩が三河(現在の愛知県)へ移転したこともあり、現在は残念ながら岡部陣屋の名残はほぼない。砲術家の高島秋帆(しゅうはん)が幽閉されたことを示す「高島秋帆幽囚の地」の石碑が建つ程度だ。

行政機構や居住空間に特化 足守陣屋

城と陣屋の違いは、防御機能の差だ。城が高い石垣や広大な堀で防御性を高めているのに対し、陣屋は行政や居住空間のみに特化されていることが多かった。石垣は低く、堀は幅が狭い。どちらかというと区画のための設備といえる。

たとえば、木下家定が関ケ原の戦いの後に2万5000石で足守藩祖となり創設したとされる足守陣屋(岡山市)もその例だ。陣屋を囲む石垣や堀がよく残っているが、横矢はかかっているものの石垣は越えられない高さではなく、堀幅は3メートルほどしかない。

足守陣屋の石垣と堀
足守陣屋の石垣と堀
NEXT PAGEあの大名家が住んだ 城さながらの小幡陣屋

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら