宇賀なつみ わたしには旅をさせよ
連載をフォローする

バンコクで食に集中 宇賀なつみがつづる旅(24)

フリーアナウンサーの宇賀なつみさんは、じつは旅が大好き。見知らぬ街に身を置いて、移ろう心をありのままにつづる連載「わたしには旅をさせよ」をお届けします。今回は2017年のバンコクの旅。その目的は本場のタイ料理です。下調べ万全で訪れた先で、数々の逸品と出会いました。

「人生最高 バンコク」

暑い時期には、辛いものが食べたくなる。

中華料理や韓国料理も好きだが、
夏になると、タイ料理を欲する頻度が高くなる。

2017年8月。 
そろそろ本場のタイ料理が食べたくなって
夏休みの旅先に、バンコクを選んだ。

異国での食事の機会は貴重だ。
 旅の予定は決めすぎたくないタイプではあるが、
この時は、かなり念入りに下調べをして行った。

ガイドブックではなく、現地に住む人のSNSやブログをたくさん読んで、 
出来るだけ効率よく、おいしいものを食べるための準備をした。

初日には、まずカオマンガイ専門店を目指した。 

そこに暮らす人々と同じ空気を吸い、同じ景色が見たいので、 
旅先ではなるべく公共交通機関を使うようにしている。

地下鉄を乗り継いで、最寄り駅で降りてから10分ほど歩いた。 
少し不安になってきた頃にようやく見つけたのは、
幹線道路沿いのビルの1階にある、とても静かな店だった。
近所の人たちが半分くらい席を埋め、黙々と食事をしている。

早速カオマンガイを注文した。 
ゆでた鶏肉と揚げた鶏肉を両方のせてくれるようだ。

5分も待たずに、料理が到着した。 
スープと2種類のタレがついて、好きなように組み合わせて食べる。

バンコクで食に集中 宇賀なつみがつづる旅(24)

鶏肉にはしっかりと味が染みていて、
 硬すぎず軟らかすぎないご飯とのバランスが絶妙。
スープやタレの合わせ方で少しずつ違う味が楽しめて、
間違いなく、人生最高のカオマンガイだった。

これでひとり150円。 
幸先の良いスタートが切れた。

夜は事前に調べてあったエリアで、
 いくつもの店を見比べながら歩き、
まずは、最も人でにぎわっているシーフードレストランに入った。

とにかくたくさん注文した。 
どれもおいしかったが、一番印象に残ったのが、
揚げた魚に辛いソースがかかったもの。

バンコクで食に集中 宇賀なつみがつづる旅(24)

辛い辛いと言いながら、丸ごとかじって、ビールを飲む。 
少し落ち着いてまたかじり、 
ヒーヒー言いながらビールを口に流し込む。
このループがたまらない。

もう一軒、帰りに勢いで入った居酒屋風の店は、
 かなり混んでいたが観光客はおそらく私たちだけで、
英語もギリギリ通じるか通じないか… …
店員もクールな感じで、異国にやってきたぞという気分になる。

めげずにジェスチャーでオーダーしたとり皮が、
 これまたクセになる味だった。

バンコクで食に集中 宇賀なつみがつづる旅(24)

2軒目なので、少しずつつまみながらゆっくり飲む。 
何を話しているのかはわからないが、
楽しそうに笑っている人たちを眺めていると、幸せな気分になる。

翌日は、ショッピングモールのフードコートに行った。 
屋台とホテルの中間というか、程よい清潔さとにぎわいで、
若者が時間を潰しに集っているようだった。

現地に暮らす人は、タイ料理にこだわるわけではないので、
 ハンバーガーやアイスを食べている。 

私はここで、トムヤムクンを頼んだのだが、 
これがまた感動的な出会いになった。

バンコクで食に集中 宇賀なつみがつづる旅(24)

濃厚なスープから、酸味と甘味と辛味をきちんと感じることができ、
 間違いなく、人生最高のトムヤムクンだった。

夜は、近くのホテル内にあるレストランに行った。 
ノスタルジックな雰囲気の店で、じっくり時間をかけて、色々なものを食べた。

ガイヤーンやオムレツ、パッタイなど、 
大好きなタイ料理が少しずつテーブルに並ぶ。
これまでの店とは違って、すごくおしゃれで気が利いていて、
ワインを飲みながらつまんで、ぜいたくな時間になった。

バンコクで食に集中 宇賀なつみがつづる旅(24)

それでも、お会計はひとり2000円ほど。
このお得感がアジアだ。

ふらりと立ち寄っても、優しく迎え入れてくれて、 
想像を裏切るような体験をさせてくれる。
いい感じに力が抜けていて、魅力あふれる街だった。

もちろん、観光や買い物もしたが、 
食べることに集中する旅は、なかなか面白かった。

どこに行こうか? 何をしようか? 
そんなことを考えながらワクワクする時間が奪われて、
ずいぶん長い月日が経ったような気がする。

ふと苦しくなった時は、深呼吸をしよう。
 都内のタイ料理屋を巡ることができる日は、
案外すぐに来るかもしれない。

いつかまた、人生最高を探しに行こう。 
今は、楽しみをとっておける大人になるチャンスなのだ。

REACTION

LIKE
COMMENT
5
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

評価の高い順
コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら