猫が教える、人間のトリセツ
連載をフォローする

箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)

人間を思うがままに操る、飼い猫たちの実例集「猫が教える、人間のトリセツ」。
猫と暮らすニューヨーク」の筆者、仁平綾さんと、イラストレーターのPeter Arkle(ピーター・アークル)さんがお届けします。

まるで天使みたいな子猫も、ぴちぴちの若い猫も、のっそり落ち着いた老猫も。年齢によって、さまざまな“かわいさ”を見せるのが、猫という生き物。編集者の石井早耶香(いしい・さやか)さんが共に暮らす愛猫のつゆは、まだ1歳。やんちゃな猫が繰り広げる日々の出来事は、まぶしく、愛らしく、そしてどこかキュンと懐かしく。目を細めながら、お楽しみください。


「飼い猫に操られているエピソードを教えてください」

そうやって猫の飼い主さんにお願いをするところから、いつも取材を始める本連載。

今回の飼い主さんである、編集者の石井早耶香さんに依頼をしたところ、出るわ出るわ、愛猫との微(ほほ)笑ましいエピソードの数々が。

「いくらでも思いつく」と話す石井さん、それもそのはず、愛猫のつゆ(スコティッシュフォールドのオス)は、石井さんにとって人生で初めての飼い猫。しかも1歳という、まだ子猫らしさが残る、かわいさ満開の時期なのです。

箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
ちょうど1年前の梅雨の時期に生まれたため、名前はつゆ。写真は、石井さんのもとに来たばかりの頃のもの

エピソードのいくつかは、たとえばこんな感じ。

毎夜、石井さんの枕元で毛布をふみふみしてから寝るという、つゆ。暑い季節になっても、暗い枕元でけなげにお座りして毛布を待つため、毛布を切って(!)、ミニ毛布を作ってあげたり……。

人間がミルクっぽい飲み物を飲んでいると、必ず覗(のぞ)き込んで欲しがるため、ミルク断ちした今でも、猫用ミルクを時々与えてあげたり……。

住まいが古く、庭がさっぱり見えないつくりのため、少しでも外が見えるよう、つゆのために網戸を最新のものに張り替え、木の扉をガラスの扉に付け替えたり……。

石井さん、見事な操られっぷり、いや、献身っぷりです。

箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
つゆの性格は「優しくてお調子者で、人懐こい。初めて会った人にも愛想よく、おなかを見せて抱かせてくれます」

なかでも、かわいらしさが炸裂(さくれつ)するエピソードが「おやつを盗む」というもの。

「小さく包まれているものが好きなようで、くわえていって、自分の器に隠したり、両手で持って、ぴょんぴょん逃げたりします」

フランセのミルフィユ、黒船のどらやきなど、なぜかいつも“ちょっといいおやつ”だけを盗んで、駆けて行くのだとか。かわいいだけではなく、鼻も利く猫なのか……。

箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
おやつを盗もうとしている現場。両前脚で器用におやつを掴(つか)みます

お菓子に加えて、料理中のおかずも隙をみて盗むという、つゆ。「からあげを盗んで、そそくさと自分の器に入れたときは、かわいすぎてオッケーということにしてあげました」と石井さん。なんと愛くるしい! それは怒る気も完全にそがれるというもの。

箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
盗んだおやつを、無事自分の器に隠せた(と思っている)つゆ

人間の食べものに興味津々のため、食事中の石井さんのことを凝視。おかずをうっかり落としてしまおうものなら、遠慮なくいただく、というルールに(猫のなかで勝手に)なっているそう。

「落として! 落として!と期待しているまなざしで、箸先を見つめてくるので、たまにわざと食べものを落としてあげることがあります。ダメですよね……」

焼き鮭(サケ)、さつまいも、豆類……。今日も石井さんの箸先からは、つゆへの食べものが転がります。

箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
人間の食べものに向けられた、つゆの熱視線。匂いを嗅いだり、ちょっと舐(な)めたりしただけで、食べないことも

そんなつゆの特技といえば、「信じられない!」という顔でアピールすること。目の前で扉を閉められたとき、留守番で置いていかれるときのほか、石井さんが買い物をして帰宅したときも。

「買い物をして帰ると、必ずチェックが入ります。首を袋に突っ込んで、私がひとつひとつ取り出して、冷蔵庫にしまうまで監視。しまい終わると“信じられない!”という表情を浮かべるんです。以来、猫へのおみやげを買って帰るようになりました……」

つゆの期待を裏切らないよう、それまでネットショップで買いだめしていた、ペット用の鯖(サバ)缶やいわし缶、間食用のまぐろスティックなどを、こまめに買って帰るようになったのだとか。

箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
買い物袋に首を突っ込んで、チェックに余念がない、つゆ
箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
お得意の「信じられない!」の顔。写真は、自分のごはんよりも人間のごはんが優先され、ショックを隠せなかった、ある日の表情

飼い猫あるあるのひとつ、早朝に繰り広げられる朝ごはんの攻防は、今やすっかり日課に。

「毎朝5時頃、朝ごはんのために私を起こすのですが、以前はミャアミャア鳴いたり、手や肩に頬をスリスリしたり、洗濯物から靴下を持ってきたりと、けなげに起こしてくれていました。私が慣れたせいか、なかなか起きなくなると、暴力的に……。ベッドの後ろのチェストに登ってから、おなかにダイブしてきたり、胸の上を往復ダッシュしたり、気道の上で何度も飛び跳(は)ねたりして起こそうとします。苦しくて、“うっ””くっ”とうめき声を発するので、効果があると思っている様子……」

もはや格闘技。荒業に耐えて、石井さんが寝ていると(うめき声を発するほどなのに、寝ていられる石井さんもすごい……)、今度は作戦変更。顔前数センチのところに顔を寄せて、じっと見つめてくるのだとか。

「ひげがくすぐったくて目を開けると、至近距離で目が合い、あまりにもかわいいので、つい起きてごはんをあげてしまいます……」。石井さん、負け続きのようです。

箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
朝ごはんの攻防では、石井さんがつゆの顔をマッサージして再び寝かせる、という妙技で応戦することも

「猫はとにかく“なんてかわいいの”と言って抱き上げてしまう回数が、多すぎると思います」と石井さん。

いわく、猫がかわいすぎるため、日常に何か特別なことがなくとも「日々幸せメーターが振り切れている状態」なのだとか。加えて趣味のジム通いでもした日には、「メンタルが整いすぎてしまって、こんなに健やかでいいのかなぁ」と思うほど。

これまでにない心の充足と幸福感を得ている石井さん。早朝に朝ごはんの攻防はあるものの、結果、つゆのおかげで、睡眠も改善したのだとか。

「それまで寝付きの悪いショートスリーパーだったのですが、すっかり眠れるようになりました。隣で猫の寝息を聞いたり、撫(な)でているうちに、すやりと」

恐るべし、猫の効果。そうして、気づいたときには、すっかり猫の掌中にある、私たち人間なのであります。

箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
これまでは「特に家に帰りたいと思うタイプではなかった」という石井さん。つゆと暮らすようになってからは、家に帰って猫に会うのが毎日の楽しみに
箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
「出かけるつもりで、よそゆきの服に着替えたのに、上から部屋着をかぶってつい猫を触りに行ってしまう」(石井さん)。これも飼い猫あるある。部屋着をかぶるだけ、えらいです(私はもう猫の毛を気にしなくなりました)
箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
子どもの頃に、ますむらひろし作の『銀河鉄道の夜』(登場人物が猫で描かれたコミック)を読んで、長らく猫に憧れていた石井さん。「猫はアーモンド型の瞳や、ぴんと立った耳とか手とかしっぽとか……奇跡のように魅惑的です」
箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
猫のかわいいところは、「まなざし、表情、仕草(しぐさ)。アニメなどで見知っていて、デフォルメされていると思っていた“猫っぽい”動きをそのまーんまするところ」。猫のツンデレも「めためたかわいいです」
箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
お気に入りのうさぎのぬいぐるみにかじりつき、息の根を止めようとする、つゆ。顔が必死
箸から転がるおかずは、猫のもの。by つゆ(飼い主・石井早耶香さん)
冷蔵庫チェックも欠かしません。でも、つゆさん、距離が近すぎませんか……?
PROFILE
石井早耶香

書籍編集者。BNN編集部所属。デザインとテクノロジーの交差する領域で、出版活動を行う。 インスタグラム:https://www.instagram.com/si_lw/
BNNオンラインストア:https://bnn.thebase.in/

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら