カメラは旅する
連載をフォローする

レトロとモダンなアメリカが見られる、写真家が旅するサクラメント

サクラメントのシンボル「タワー・ブリッジ」。例年9月は車の往来を遮断してフードイベントが開かれる

シュワちゃんもゆかりあるカリフォルニア州議会議事堂

レトロとモダンなアメリカが見られる、写真家が旅するサクラメント

オールドタウンで西部開拓時代を味わった後は、カリフォルニア州議会議事堂を訪れた。カリフォルニア州の政治や法案が審議される場であるだけでなく、州の膨大なアートコレクションが収められた美術館でもあり、1874年に完成してからの歴史が詰まっている。

甘い香りの漂うバラ園に囲まれた真っ白な建物は、中のほとんどが一般公開されていて、現職議員が自分の地区からアーティストを選んで作品を執務室に展示しているというから興味深い。一体どの議員がどんなアートを選んでいるのだろう……と楽しみにしていたのだが、残念ながら修復中で中に入れなかった(現在は新型コロナウイルス対策のため閉館中)。

かつて州知事だったハリウッド俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏の肖像画も飾られているらしい。気を取り直し、古代ギリシャ建築に見られる美しいコリント式の立派な柱を持つ美しい外観を楽しんだ。

レトロとモダンなアメリカが見られる、写真家が旅するサクラメント
訪れた10月のバラ園は、赤、黄色、ピンクなどの色とりどりのバラが咲きほこり甘い香りを放っていた
レトロとモダンなアメリカが見られる、写真家が旅するサクラメント
ヤシの木とバラは意外な組み合わせかと思ったが、きれいに共存していた。カリフォルニアらしい景色なのかもしれない
レトロとモダンなアメリカが見られる、写真家が旅するサクラメント
州議会議事堂の正面にはタワー・ブリッジが立っている

「Farm to Fork」を掲げるアーバンレストラン「CANON」

「カリフォルニアを食さなくては!」。サクラメントを一日中散策していたら、さすがにおなかがすいてきた。「Farm to Fork」というスローガンを掲げたモダンでおしゃれなレストランが、最近続々とできている。直訳すると「畑からフォークに」。つまり、農家の地元野菜を直接食卓へ、というコンセプトだ。

「Farm to Table」よりもカジュアルに、もっと身近に感じるためにあえて “フォーク”と名付けたらしい。地元や周辺農家と直接取引するお店が多く、定評あるシェフが腕を競い合い、おいしくて新しいメニューを次々に開発しているそう。そんなレストランのひとつ「CANON」を訪れた。

レトロとモダンなアメリカが見られる、写真家が旅するサクラメント
サクラメントの東側にある閑静な住宅街にモダンでアーバンを感じさせるレストランがあった
レトロとモダンなアメリカが見られる、写真家が旅するサクラメント
周辺には高い建物がないから西日はまっすぐ届き、店内をきれいに照らしていた

店内に入ると西日が気持ちよく入る開放感たっぷりのテラス席があり、テーブルセッティングをし始めているところだった。平日〜土曜日はアラカルトから選べて、日曜日はコースメニューを楽しめるようになっている。季節によって料理は変わり、食材はもちろん地元周辺から取り寄せた新鮮なものばかりだ。

「農家から新しい野菜を提供されて、それをきっかけに新メニューを考えるのも刺激的だ」と、シェフのブラッドさんが話してくれた。いつもある食材をいつものように料理するのではない。そんなところが、このレストランを再び訪れたくなる理由。直接農家と契約していて、お互いを信頼しているからこそ出来ることなのだろう。

レトロとモダンなアメリカが見られる、写真家が旅するサクラメント
スタイリッシュな盛り付けも目を楽しませてくれる。忘れてはならないのは、カリフォルニアワイン。自分の好みを伝え、食事に合わせて出してもらうとますます食がすすむ

そして、サクラメントでは街をあげて1年に1度、9月に大きな食のイベント「FARM-TO-FORK Festival」がある。9年前から始まったイベントで、街の多くのレストランが参加する。街のシンボル「タワー・ブリッジ」は車の往来を完全封鎖し、橋には長テーブルが並び、そこで人々は食事を堪能できる。サクラメントは「ローカルとつながる新しい食」を求めて、人がいっぱいになるのだとか。おいしいサクラメントの食を求めるなら、秋に訪れるのはぴったりだ。

レトロな中に新しさが生まれるエネルギッシュな街

レトロとモダンなアメリカが見られる、写真家が旅するサクラメント

ホテルのベッドに横たわり、堪能したサクラメントの街や、「CANON」の洗練されたローカル食を思い出していたら、いつの間にか眠りに落ちていた。目を覚ますとカーテンの隙間からは紫色の光が差し込み、窓を開けると、そこには朝焼けに染まったダウンタウンサクラメントが。州都のサクラメントは何となく“お堅い”オフィス街かと思っていたが、レトロとモダンが共存し、新しい流れが生まれているエネルギッシュで刺激的な街だった。

■取材協力
カリフォルニア観光局
ユナイテッド航空
サクラメント観光局
The Citizen Hotel
 住所:926 J St, Sacramento,CA 95814, USA
 電話:+1-916-447-2700

レトロとモダンなアメリカが見られる、写真家が旅するサクラメント
宿泊したホテルは「The Citizen Hotel」。5つ星のホテルはクラシックなスタイルとエレガントな雰囲気で洗練され、客室はストライプの壁に古典的なインテリアとアートで彩られていた

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら