&w

花のない花屋
連載をフォローする

コロナ禍でのガラス越し面会。祖母へ百寿の花束を

読者のみなさまから寄せられたエピソードの中から、毎週ひとつの「物語」を、フラワーアーティストの東信さんが花束で表現する連載です。
新型コロナウイルスで大きな影響を受けた花の生産者を支援している全国農業協同組合連合会(全農)に、その活動の一環として連載にご協力いただいています。
あなたの「物語」も、世界でひとつだけの花束にしませんか? エピソードのご応募はこちら

〈依頼人プロフィール〉
佐田みゆきさん 52歳 女性
会社員
福岡県在住

    ◇

コロナ禍で、祖母は今年5月に百歳の誕生日を迎えました。昨年白寿を迎えたときもすでに世の中はコロナ禍にあり、「来年こそはみんなで集まって盛大にお祝いするからね、ばあちゃん頑張ってよ!」とグループホーム入居中の祖母をみんなで励ましてきました。とはいえ今年もコロナ感染の波は収まらず、目標にしてきた百歳の祝宴が許される状況ではありませんでした。

独身の頃は、企業のエレベーターで案内係をしていた祖母。第3子となる母を妊娠中に祖父を事故で亡くし、「女手一つでは生活が大変だから、生まれてくる子は養子に出しなさい」と周囲に言われ、母を出産後そのまま赤子を抱いて山へ逃げたという逸話も。

その後は学校給食調理員として定年まで働きながら3人の子どもを育てあげました。料理上手で向上心旺盛。優しい性格で手間を惜しまず面倒見もよく、家族や地域の人々の食と健康に貢献してきた女性です。とくにお漬物は名人級で、いつもこまごまと動き回り、母の趣味の生け花や庭の花をいつも褒めてくれていたことも覚えています。

そうかと思うと、そんな忙しい毎日のなかでも約30年前、福岡でアジア太平洋博覧会があったときには、炬火(きょか)のランナーの一人としてランニング&短パンのユニホームで走ったり、またあるときは地元高校のファッションショーのモデルになったりもするおちゃめな祖母。小さい頃の私は子どもの足で30分くらいで行ける祖母の家によく泊まりに行っていて、祖母の布団に入れてもらいながら、祖母の二の腕の柔らかいところを触りながら眠ったこともいい思い出です。

今では孫が9人、ひ孫が20人以上。私自身が結婚30年を迎え、子育てに仕事に試行錯誤を繰り返すなか、祖母の人生に思いを馳(は)せて、「私ももっと頑張らねば」と奮い立たせられる、そんな人生の大切な先輩のような存在でもありました。

グループホームに面会に行くと、ばあちゃんっ子だった私はただもうそれだけでうれしくてうれしくて。満足に話せなくなるくらい、涙と鼻水でいっぱいになってしまいます。今はコロナ禍でガラス越しの面会しか許されず、「ちょっとでいいからガラスを開けてください」と職員さんに頼んでいた祖母の弱気な姿も心配になりましたが、先日電話したときは「暑いから外に出かけずに、なるべく家におんしゃいよ(いなさいよ)。私も我慢してるからね」と、逆に私のことを気遣ってくれました。

祖母の長寿と安らぎを祈る私たちの気持ちを、東さんのお花で表していただければと願い、応募させていただきます。スタッフのみなさんや、ほかの入居者さんの励みにもなるように、グループホームに置いて、みんなに見てもらおうと思っています。

コロナ禍でのガラス越し面会。祖母へ百寿の花束を
≪花材≫ヒマワリ、ヘレニウム、リコリス、ミシマサイコ、ポリシャス

花束をつくった東さんのコメント

炬火リレーのランナーを買って出たり、モデルを引き受けたり、アクティブだったおばあさま。投稿者様が大好きなおばあさまが再び元気を取り戻してくれるように、ビタミンカラーいっぱいのお花でまとめたアレンジを作りました。

主役は、過ぎゆく夏を思い出させてくれるヒマワリ。ほかにヘレニウム、リコリス、ミシマサイコなど、見るだけで元気が出るような色味のお花を集めました。

グループホームのみなさんにも、楽しんでもらえることを願っています。

コロナ禍でのガラス越し面会。祖母へ百寿の花束を
コロナ禍でのガラス越し面会。祖母へ百寿の花束を
コロナ禍でのガラス越し面会。祖母へ百寿の花束を
コロナ禍でのガラス越し面会。祖母へ百寿の花束を

文:福光恵
写真:椎木俊介

読者のみなさまから「物語」を募集しています。

こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。

応募フォームはこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら