&Travel

クリックディープ旅
連載をフォローする

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

旅行作家・下川裕治さんが、これまで訪れたアジア各地の街の、昔といまを紹介するシリーズの2回目。活気があふれ、楽しそうな食事風景が見られた街は、どうなっているのでしょうか。

本連載「クリックディープ旅」(ほぼ毎週水曜更新)は、30年以上バックパッカースタイルで旅をする旅行作家の下川裕治さんと、相棒の写真家・阿部稔哉さんと中田浩資さん(交代制)による15枚の写真「旅のフォト物語」と動画でつづる旅エッセーです。

クリックディープ旅で訪ねた街はいま2

新型コロナウイルスの感染は世界規模で広がっていった。各国は感染を防ぐため、入国制限をかけていく。国によっては鎖国状態に近い厳しい措置をとった。

クリックディープ旅のフィールドは主に海外だった。2020年3月ごろから、世界の多くの国に渡航することができなくなってしまった。

クリックディープ旅で僕らが歩いた街は、いまどうなっている? そんな思いに駆られるが、それを見ようとしても、現地に出向くことが難しい。そこで現地在住の知人に写真を送ってもらった。1回目はバンコク、カンボジアのプノンペンとシェムリアップ、そしてバングラデシュのコックスバザールだった。2回目はホーチミンシティー、ソウル、ヤンゴン、マニラ。現地から送られてきた写真のなかには、以前と同じようなアジアが写っていることもある。が、説明を読むと、首をうなだれてしまうことも。アジアの「いま」はなかなか厳しい。

短編動画

(動画・阿部稔哉撮影)

コロナ禍を知らなかった頃のソウル、ホーチミンシティー、ヤンゴン……。熱気が懐かしい。Kポップのコンサートにアジアのさまざまな国からファンが集まって「密」。ホーチミンシティーのブイビエン通りには世界中の若者が集まって「密」。ヤンゴンの人々はクーデターも知らない穏やかな顔だった。そんな光景をオムニバス動画で。

クリックディープ旅で訪ねた街はいま 「旅のフォト物語」

Scene01

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

ホーチミンシティーのデタム通りかいわいはゲストハウスが多い外国人観光客エリア。そこにはベトナム人の若者も集まり、歩道にせりだした店は、連日、このにぎわい。2010年の光景だ。僕らはホーチミンシティーからハノイまで、各駅停車の旅にトライしようとしていた。この熱気に見送られ、翌朝からのんびり列車旅がはじまった。

Scene02

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

ベトナム人女性の食べっぷりには、いつもほれぼれする。糖質制限ダイエットに走る日本人から見ればうらやましいほど。食堂では若い女性もご飯をお代わりする。それなのに、ベトナム人女性の多くは肥満とは無縁。なぜなのだろう……いつも悩む。デタム通りでお弁当を食べるふたり。肥満を気にしない食事って本当に楽しそう。2010年。

Scene03

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

ベトナムはバイク王国。通りはバイクの海。すいすい渡ることができるようになるには何日かかる?と天を仰ぐ。2013年のドンコイ通りです。その街にもコロナ禍。政府の対応は厳しいロックダウン。一時は通勤や通学も禁止。しかしバイクの宅配は許され、改めてベトナムはバイクの国だと痛感する。で、いまのホーチミンシティーの点描は次で。

Scene04

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

ホーチミンシティー在住のニャン・フンさんが送ってくれたのは、マンション前のテーブル。食料が置かれている。厳しいロックダウンになると、建物の敷地から出ることが禁止に。バイク便の運転手も建物のなかに入ることができない。で、このテーブル。ここに商品が置かれ、住民がとりにくるのだ。ここまで徹底しても感染者はなかなか減らない。

Scene05

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

クリックディープ旅ではしばしば滞在したソウル。列車旅、日本人町、週末の韓国旅……。最後にソウルに到着するパターンが多かった。韓国の田舎を歩いてくると、突然の都会に戸惑う。それがソウルだった。泊まるのはソウル駅近くにある温泉マークが目印の宿。夜は明洞(ミョンドン)の路地裏(2010年)へ。こんな密状態が日常だった。

Scene06

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

日本人にとって、ソウルの明洞は韓国一の繁華街だった。レストランのメニューには日本語があり、日本人向けのコスメ店が軒を連ねていた。そんな街には韓国の若者も集まってくる。写真は2010年の明洞の夜。やがてこの街に中国語の看板が目立つようになる。明洞はアジアの若者が集まる街になっていった。アジアの熱気が渦巻いていた。

Scene07

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

仁川国際空港はアジアのハブ空港。玄奘三蔵の旅をたどるシリーズでは、中央アジアと日本を何回か往復した。いつも仁川国際空港乗り換え。そんなときはソウルで1泊。いつもソウルの繁華街に出かけて韓国料理(2018年)。これは僕の好きな貝鍋。チョゲネンビという。貝づくし鍋だ。あの店があるあたりはどうなっている?

Scene08

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

8月30日の明洞。ソウル在住の金光英実さんに撮ってもらった。新型コロナウイルスの感染が韓国でも広まり、韓国は観光客の入国を制限。となると、アジアからの観光客が支えていた明洞は失速してしまう。コスメ店が次々に潰れ、外国人向けレストラン、土産物店なども苦境に立たされていく。こんなに人のいない明洞、はじめて見ました。

Scene09

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

ミャンマーのヤンゴン。2012年。道端にはかめに入った飲み水が。素焼きのかめに染みた水分が蒸発し、なかの水は少し冷たい。炎天下を歩く人への優しさだった。助け合って生きていく……。それを断ち切っていったのが、今年2月に起きた軍のクーデター。軍は診療に向かう医師を逮捕し、支援物資を焼くなどの暴挙に出ている。抵抗運動は続いている。

Scene10

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

ピンク色の僧衣をまとった女の子たちが線路脇を歩く。ここはヤンゴン近郊のインセイン。2012年。近くに大きな刑務所がある。今年の軍のクーデターに抗議してデモに参加し、検挙された市民が次々と送り込まれた。ここに入る前に軍の拷問を受けた市民も多い。刑務所内では新型コロナウイルスのクラスターも発生している。

Scene11

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

ミャンマーは多民族国家。130を超える民族がいる。それぞれ料理も違う。これは北部に暮らすカチン族の料理(2012年)だが、概して油を多く使うことがミャンマー料理の特徴だ。それが糖尿病患者が多い一因とも。新型コロナウイルスが蔓延(まんえん)し、自宅療養中に命を落としたなかに糖尿病患者が多かったといわれる。

Scene12

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

ヤンゴンのいまを現地から送ってもらった。一見、普通の雑貨屋の風情だが、説明を聞くと……。病院の医師が、軍に抗議する不服従運動を展開するなか、新型コロナウイルスの感染拡大。市民の多くが入院できず、自宅療養を強いられた。ここは家具店だが、「ウイルスに卵やかんきつ類が効く」といううわさにすがるように食品を集め、マスクを並べて市民への便宜をはかっていた。

Scene13

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

フィリピンのマニラを走る列車に乗りに出かけたのは2010年。災害で路線は短くなってしまったが、フィリピン国鉄の運行路線も残っていた。始発駅近くは、マニラ最大のスラム、トンド地区があった。線路の周りは人であふれていた。しかしフィリピンもコロナ禍にあえいでいる。スラムの人たちはいま、どんな仕事で糊口(ここう)をしのいでいるのだろう。

Scene14

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

マニラの人たちは、フィリピン国鉄の線路を勝手に私物化。竹を組み、下に車輪をつけたトロッコをつくり、そこに人を乗せ、人力で押して家の近くまで。もちろん有料。トロリーと呼んでいた。スラムに飲み水を運ぶのは台車型トロリー(2010年)。フィリピン国鉄はなにもいわない。おおらかなフィリピン、好きです。

Scene15

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

しかしマニラもコロナ禍。フィリピンの厳しい防疫措置が続いている。マニラ在住の石山永一郎さんが送ってくれた写真はマラテ地区のアドリアティコ通り。多くの店がシャッターを閉め、歩いている人も少ない。食事などを届けるデリバリー要員のバイクだけ目立つ。マニラの人々におおらかな笑顔が戻るのはいつ?

【次号予告】クリックディープ旅で訪ねた街の「いま」3回目。紹介するのは、上海、台北、香港、那覇。

渦巻く熱気、あふれる笑顔 アジアの街を思う(2)

2019年に連載された台湾の秘境温泉の旅が本になりました。

台湾の秘湯迷走旅(双葉文庫)

温泉大国の台湾。日本人観光客にも人気が高い有名温泉のほか、地元の人でにぎわうローカル温泉、河原の野渓温泉、冷泉など種類も豊か。さらに超のつくような秘湯が谷底や山奥に隠れるようにある。著者は、水先案内人である台湾在住の温泉通と、日本から同行したカメラマンとともに、車で超秘湯をめざすことに。ところがそれは想像以上に過酷な温泉旅だった……。台湾の秘湯を巡る男三人の迷走旅、果たしてどうなるのか。体験紀行とともに、温泉案内「台湾百迷湯」収録。

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら