&M

キネマの誘惑
連載をフォローする

阿部寛が新境地を切り開く「見たことのない自分がいた」 映画『護られなかった者たちへ』

刑事の笘篠誠一郎を演じた阿部寛さん

コミカルからシリアスまで、はたまた侍から科学者、弁護士に詐欺師まで、様々な名キャラクターを演じてきた阿部寛さん。日本を代表するトップ俳優の一人として、圧倒的な存在感で私たちを魅了してきた阿部さんが出演する最新映画『護られなかった者たちへ』が公開される。

本作は、東日本大震災から10年目の被災地で起きた連続殺人事件に隠された真実を暴くミステリーだ。阿部さんは犯人を追う刑事・笘篠を演じている。「今まで見たことがない自分がいた」と新境地を開いた本作への思い、共演した佐藤健さんや清原果耶さんとのエピソード、震災とコロナ禍を経て感じた役者としての思いを語ってくれた。問いかける質問に少ない言葉でじっくりと思いを紡いでいく阿部さん。その姿はまるで映画の1シーンのようで、ぐいぐい惹(ひ)きこまれてしまう。

今回の映画では「あまり見ない雰囲気の自分が映画の中にいました」
今回は「あまり見ない雰囲気の自分が映画の中にいました」

喪失感から抜け出せない刑事役。台本から理解できない部分もあった

本作は、中山七里さんの同名小説が原作。阿部さん演じる刑事・笘篠が震災後10年経った仙台で起きた不可解な連続殺人犯を追う物語だ。笘篠自身も震災で家族を失い、心に傷を負って10年を過ごしてきた被災者でもある。笘篠を演じるに当たり、どのような準備をして撮影に臨んだのか。

連続殺人事件の容疑者、利根泰久(佐藤健さん・左)と刑事の笘篠誠一郎(阿部寛さん) (c) 2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会
連続殺人事件の容疑者、利根泰久(佐藤健さん・左)と刑事の笘篠誠一郎(阿部寛さん) (c) 2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

「これまで演じてきた役では人物像をはっきりしようと心がけることが多かったのですが、今回は現場に身を任せて、瀬々(敬久)監督に任せてやっていこうと決めていました。笘篠は震災で家族を失い、その喪失感から抜け出せないまま刑事をしている。とても難しい役で台本を読んでも分からないことがたくさんありました。下手に考えて一貫した人物にするより、ムラがある人間がいいんじゃないかと。

瀬々監督とは、以前に『RUSH!』という作品に出させてもらって以来、3度目です。監督の作品は人間の深い内面を描く作品が多いのですが、役者が演じていない不完全な時、演技者の内面が出るような部分を切り取る独特な演出をするんですね。20年前にご一緒した時、実は自分のシーンに全く達成感がなかったんです。でも、それが監督が求めていたものだろうと思って。だから今回も現場でその都度感じるものをすくい上げていけばいいと思っていました。今回も何げないたたずまいや意識していない表情を多く切り取ってもらえた、あまり見ない雰囲気の自分が映画の中にいました。セリフはないけれど、そのシーンでの役割をきちんと果たしていました」

(c) 2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会
(c) 2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

笘篠が容疑者として追う利根を佐藤健さん、被害者の部下を清原果耶さん、笘篠とコンビを組む刑事を林遣都さんが演じている。本作が初共演となったフレッシュなキャストにも刺激を受けたと振り返る。

「佐藤くん、清原さんはともに難しい役だったと思います。笘篠と同じ被災者でありながら、複雑な過去を持ち強い憤りを抱えている。佐藤くんは、現場でもずっと役に向き合っている姿が印象的でした。他の現場でストイックさは聞いていましたが、撮っていない時間もずっと利根で通していましたね。清原さんはまだ18歳でした。だけど役に対する信念を持っていて、年上の大人が多い現場で、きっちりと自分の意見を言っていました。非常に集中している現場でしたね。林くんは初共演でしたが、一緒にいることが多かったのでいろいろな話をしました。彼との芝居は楽しかった」

被害者の部下、円山幹子(清原果耶さん) (c) 2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会
被害者の部下、円山幹子(清原果耶さん) (c) 2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会
NEXT PAGE疾走シーンでは2日間走りっぱなし。スタイル維持の秘訣(ひけつ)は「体重を量る」

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら