ニッポン銭湯風土記
連載をフォローする

愛すべき街「アマ」のええとこ 路地裏に残る唐破風 尼崎「第一敷島湯」

路地裏にたたずむ第一敷島湯=兵庫県尼崎市

【動画】国道2号を外れて第一敷島湯のある路地に分け入る

第一敷島湯は国道2号に接している。が、なぜか交通量の多い国道には背を向け、玄関は狭い裏路地を向いている。誰もが不思議に思うが、それはこの第一敷島湯が、1926年(大正15年・昭和元年)の国道2号(阪神国道)開通よりも古くからここにあるからだ。天井を修理したとき、柱に「大正12年」と書かれているのが見つかったそうで、当時はこの裏路地が街道筋だったという。

路地と唐破風(からはふ)
路地と唐破風(からはふ)

狭い路地に隠れるこの銭湯にたどり着いて最初に目に入るのは、玄関の緑がかった唐破風(からはふ)だ。唐破風の玄関を持つ寺社建築の銭湯は東京で戦後にたくさん建てられ、昔ながらの銭湯の風情を表すアイコンともなっている。が、関西では京都に数軒残るのみで、大阪にも神戸にも1軒も残っていない。道後温泉本館(松山市)や別府(大分県)の竹瓦温泉など有名な温泉建築を除くと、まちなかの一般銭湯で創建当時の唐破風を持つものは、大阪以西ではこの第一敷島湯だけといえる。

目立たない裏路地のコミュニティー、楽しい「鏡広告」

そんな歴史的な価値を備えながらも、一歩中に入るや、ここがとても小さな銭湯であることにすぐに気付く。店主の黒木達也さん一家が3世代で座る番台。こぢんまりとした脱衣場には座り心地の良いソファ。小さな前栽はよく手入れされている。浴室には珍しい円形の主浴槽と、滝を描いたモザイク画。それらがコンパクトにまとまって、まるで自宅の別棟のようなアットホーム空間を形成している。

脱衣場のくつろぎ空間
脱衣場のくつろぎ空間

【動画】常連のみなさん(撮影のご了解を得ています)

この温かみのある銭湯空間に魅せられて、この銭湯に集う若い人たちが寄席やバザーなどいろいろなイベントを企画してきた。現在は浴室のすべての鏡に、杭瀬の商店や銭湯ファンらが鏡広告を出していて、それらを見るだけでも楽しい。目立たない裏路地で、サウナなどの特別な設備もないのに、なぜこのミニ銭湯が長きにわたって続いてきたのか、今また新たなファンが集うのか。杭瀬の市場とともに、昔からあるものの価値をあらためて考えさせられる。

鏡広告
鏡広告

熊本出身店主の「どさんこ」で名物・尼崎ちゃんぽん

どさんこのちゃんぽん、850円。定期的に思い出して無性に食べたくなる
どさんこのちゃんぽん、850円。定期的に思い出して無性に食べたくなる

身も心もほっこりとぬくもった湯上がりは、駅へ戻る途中にある「どさんこ」に立ち寄っていこう。尼崎には「尼崎ちゃんぽん」というB級グルメがある。長崎ちゃんぽんとはまったく異なり、鶏がらでだしをとったあんかけラーメンだ。この店はその有名店で50年続いており、現在は2代目夫婦が切り盛りする。店名は「どさんこ」だが初代は熊本出身らしい。「それでなぜ、どさんこ?」と聞くと、「おやじは熊本人だけど豚骨が苦手で、札幌のみそラーメンにあこがれてどさんこにしたそうです」との答えだった。まあなんにせよ杭瀬名物、ぜひ食べて帰ろう。

市場の南端にあるどさんこ。通常18:00~23:45だが現在時短のため17:00~19:15L.O.
市場の南端にあるどさんこ。通常18:00~23:45だが現在時短のため17:00~19:15L.O.
愛すべき街「アマ」のええとこ 路地裏に残る唐破風 尼崎「第一敷島湯」

【第一敷島湯】
兵庫県尼崎市杭瀬本町1丁目25-5
電話 06-6481-7120
営業時間 14:40~23:00 火曜定休

「旅先銭湯」シリーズ

本連載の著者・松本康治さんが、全国のレトロな銭湯や周辺の街を訪ねたムック本「旅先銭湯」は、書店やネット、各地の銭湯で販売中。松本さんは「ふろいこか~プロジェクト」を立ち上げ、廃業が進む銭湯を残したり、修復したりする活動も応援しています。

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら