トルコ
連載をフォローする
SPONSORED

トルコのエーゲ海で人生最高の感動体験を

SPONSORED
青い海と明るい日差しが開放的な雰囲気のシーサイドレストラン (トルコ共和国大使館・文化広報参事官室提供)

新型コロナウイルスで旅をめぐる光景は一変しました。海外旅行が事実上不可能ないま、&AIRPORTは、居ながらにして世界を巡った気分になれる「おうちで世界旅行」をお届けしていきます。今しかできない「旅」のページをめくる中で、今だからできる「旅」の形も見えてくるかもしれません。世界各地を「おうち旅」しながら、渡航が自由になった時の「次の旅」を描いてみませんか。

トルコ南西部に広がるエーゲ海沿岸は、ターコイズブルーの凪(な)いだ海に大小さまざまな島が点在するトルコの中でも特に美しいエリア。その壮麗なる佳景に魅了されるかのように、古代文明が開花。紀元前より人々が往来し、現在は欧州きっての人気のリゾート地。良質の気候の中、息をのむような美しいビーチ、カラフルなバザールに栄枯盛衰を物語る古代遺跡――。ギリシャ神話の神々も魅せられたトルコのエーゲ海は、完璧なバカンスが約束されており、トルコは現在すでに、一定の条件下のもと渡航が可能な状況にある。

ターコイズブルーに輝く、エーゲ海にたたずむ麗しの町

トルコのエーゲ海で人生最高の感動体験を
南エーゲ海を代表するリゾート地ボドルム(トルコ共和国大使館・文化広報参事官室提供)

ボドルム

エーゲ海に突き出た半島に位置するボドルムは、ターコイズブルーの海と白い家並みが迎えてくれるトルコ随一のリゾート地。世界的なラグジュアリーリゾートが点在し、ヨットハーバーには大型クルーザーやヨットが停泊するセレブな雰囲気と、ブーゲンビリアの花に囲まれた家々が軒を連ねるチャーミングなたたずまいが同居する。また紀元前に栄えた古代都市の面影を残す劇場や聖ヨハネ騎士団によって建てられたボドルム城など、エーゲ海に流れた長い歴史を垣間見ることもできる。そんなボドルムでは、海辺のレストランでシーフードを満喫し、特産品で知られるキリム(織物)やサンダル、刺しゅうなど地元の工芸品を売る小さなブティック巡りも楽しみ。ちなみに世界史に登場する歴史家のヘロドトスが生まれたのもここボドルム。

トルコのエーゲ海で人生最高の感動体験を
イズミルの中心部のコナック広場にある、トルコ国内で最大級の時計塔(トルコ共和国大使館・文化広報参事官室提供)

イズミル

イスタンブル、アンカラに続くトルコ第3の都市イズミルは、港湾都市として貿易玄関口の重要な役割を担うだけでなく、リゾート地としても人気の町。「エーゲ海の真珠」とも称される美しい町は、見ているだけでもワクワクする歴史的なバザールに紀元前からの古代遺跡、またハイレベルなトルコ料理に多彩なナイトスポットまで楽しみは尽きない。エーゲ海沿いに伸びる遊歩道を行き交う地元民に混じって散歩するのもおすすめ。一日の終わりは、ただ空を眺めるために造られたユニークな橋「Bostanli Footbridge(Bostanlı Yaya Köprüsü)」でエーゲ海に沈むサンセットを寝転んで眺めれば、きっと最高の思い出になるはず!

【動画】マルマリス

マルマリス

エーゲ海と地中海の分岐点にあるマルマリスは、国内外から多くの人が訪れる人気のリゾートタウン。ダイビングやボートトリップでエーゲ海に浮かぶ島巡りや洞穴巡り、ジープサファリなどアクティビティーが豊富にそろっているのも魅力的。近郊のダルヤンでは古代都市の岩窟墓やお肌がツルツルになる泥パック温泉も見逃せない。 ヨットハーバー周辺のショッピングモールでショッピングが楽しめ、おしゃれなレストランやバー、クラブが集まり夜遅くまで観光客でにぎわっている。またマルマリスの港からギリシャのロードス島へも、フェリーで気軽に訪れることができる。所要時間は約1時間。パスポートを忘れずに。

※フェリーは新型コロナウイルスの影響により現在運休中。

考古学上きわめて貴重な古代遺跡の小宇宙

トルコのエーゲ海で人生最高の感動体験を
急斜面に建設された1万人収容可能の巨大な野外劇場(トルコ共和国大使館・文化広報参事官室提供)

ベルガマ

イズミルから北へ車で1時間30分ほど北上した内陸部に位置するベルガマは、紀元前3世紀半ばから前2世紀に繁栄した、かつてペルガモンと呼ばれた王国の都跡。マケドニアのアレクサンドロス(アレキサンダー)大王が東方遠征を行った際、古代オリエントとギリシャの文化が融合して生まれたヘレニズム文化の影響を強く受けた都市のひとつ。急な丘の斜面を利用して造られた都市は、アクロポリスや円形劇場、神殿、図書館、医療施設など、数多くの遺構が今も残っている。ヘレニズム文化だけでなく、ローマ、ビザンチン時代と続いた歴史や文化を垣間見ることができる貴重な遺跡群は、「ペルガモンとその重層的な文化的景観」としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。失われたペルガモン王国へ歴史ロマンの冒険に出かけよう。

トルコのエーゲ海で人生最高の感動体験を
2世紀に造られたケルスス図書館(トルコ共和国大使館・文化広報参事官室提供)

エフェス

イズミルから南へ車で約1時間。ユネスコ世界文化遺産にも登録されている古代都市エフェスは、シェイクスピアの悲劇の題材ともなった古代ローマの軍人アントニウスとその妻でエジプト・プトレマイオス朝最後の女王クレオパトラがつかの間を過ごしたとも言われる壮大な都市遺跡。なかでもひときわ目を引く110~135年に建設されたケルスス図書館は、細部にまで精巧な装飾が施され、当時の建築技術や彫刻の美しさにただただ驚くばかり。図書館にはかつては1万冊以上の蔵書が保管され、アレクサンドリア、ペルガモンと並び古代世界三大図書館のひとつに数えられている。

広大な都市遺跡内の見どころの一つがローマ皇帝ハドリアヌスに捧げられた神殿。美しいレリーフが施され、破風には両手を広げたメドゥーサが彫刻されている。2万5000人収容可能という大劇場は現在も丘の斜面を利用した優れた音響効果でコンサートが催されている。

トルコのエーゲ海で人生最高の感動体験を
大理石でできた大通り。 左右に数々の遺構が並ぶ(トルコ共和国大使館・文化広報参事官室提供)

クレオパトラも歩いたと言われる目抜き通りを歩けば、当時の喧騒(けんそう)がよみがえる時間旅行が楽しめる世界遺産だ。また、エフェス近郊には聖母マリアが晩年住んでいたと語り継がれている「聖母マリアの家」があり、巡礼者が後を絶たないパワースポットもあるので併せて訪れたい。

紺碧の空と海を遊び尽くす

まばゆいエーゲ海の町の今をそぞろ歩き、紀元前から流れる時の歴史を肌で感じる。それだけでもこのエリアを訪れるべき十分な理由だが、ここでしか体験できない特別な時間も楽しみたい。優雅にエーゲ海をクルーズあるいはトルコ語でハマムと呼ばれるターキッシュバスで癒やし体験、さらなる刺激を求めてジープサファリやラフティングツアーなども。ここではバカンスをとことん謳歌(おうか)する無限の選択肢がある。

【動画】エーゲ海でアクティビティーを

世界三大料理のひとつ、魅惑のトルコ料理を巡る

トルコのエーゲ海で人生最高の感動体験を
トルコの前菜「メゼ 」は冷菜・温菜と数え切れない程の種類がある(トルコ共和国大使館・文化広報参事官室提供)

アジアの西端でヨーロッパの東端に位置するトルコ共和国。東西の文明が交差するこの国は、食文化も多種で多彩。フランス料理、中国料理とともに「世界三大料理」と並び称されるトルコ料理は、オスマン帝国の豪華な宮廷料理の伝統が今に受け継がれたもの。定番のケバブの他、色とりどりの小皿が卓上に並ぶメゼ(前菜)は、トルコの食文化の豊かさを象徴するものだ。

トルコのエーゲ海で人生最高の感動体験を
ムール貝にピラフを詰めた冷製料理。レモン汁を搾ってさっぱりといただく(トルコ共和国大使館・文化広報参事官室提供)

エーゲ海地方は降り注ぐ太陽と豊かな土壌で育まれた青果や果物、オリーブや乳製品などの他、当然エーゲ海の新鮮な魚介類は必食。炭焼きにした地魚にオリーブオイルとレモンを搾りシンプルにいただく。またムール貝にピラフを詰めた伝統料理「ミディエ・ドルマス」もお忘れなく。

数千年の時を経ても変わらぬ風光明媚(ふうこうめいび)なビーチリゾート。様々な文化の足跡が残るトルコ南西部のエーゲ海へ、全身が満たされる感動体験の旅に出かけてみませんか。

トルコのエーゲ海で人生最高の感動体験を

日本からのアクセス

ターキッシュエアラインズの日本からの直行便でトルコの中心都市イスタンブルまで約12時間。その後国内線に乗り換えエーゲ海の玄関口となるイズミル空港まで60分、南エーゲ海方面の場合は、ボドルムまたはダラマン空港まで約70分。

【動画】エーゲ海の優美な海岸線

トルコのエーゲ海で人生最高の感動体験を

トルコ共和国大使館・文化広報参事官室 公式サイト

http://www.tourismturkey.jp/

【トルコ共和国大使館・文化広報参事官室 公式アカウント】

Twitter Facebook Instagram Youtube

 

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら