&w

花のない花屋
連載をフォローする

大学生のあの日から追いかけた背中。道を切り開いてきた先生へ

読者のみなさまから寄せられたエピソードの中から、毎週ひとつの「物語」を、フラワーアーティストの東信さんが花束で表現する連載です。あなたの「物語」も、世界でひとつだけの花束にしませんか? エピソードのご応募はこちら

〈依頼人プロフィール〉
山野里子さん(仮名) 59歳 女性
経営者
東京都在住

    ◇

夢をたくさん抱えて入学した大学で、女性と男性の不平等に直面して悩むことが多かった19歳の頃、単位とは関係なく、女性の権利を考える、とある公開講座を受講しました。その講座の講師をしていたのが、その後、私の人生のロールモデルとなった女性の恩師でした。

講座の内容に感動したのはもちろん、地に足がついていて偉そうなところがひとつもなく、キラキラした恩師の魅力に引き込まれました。気がつけば授業が終わったあと、恩師を地下鉄の駅まで追いかけていました。

「いろんな大学で教えているのですか?」「どうやって仕事をしていますか?」など、突然の質問にも恩師は気さくに答えてくれて、以降、彼女が所長を務める民間の研究所の仕事を手伝ったり、ときには国際会議のお供をしたりするようにまでなりました。

今振り返れば、私と出会った頃の恩師は、40代そこそこ。アカデミックな世界で女性の置かれた立場と格闘しながら、家庭と仕事とどちらも大切にするのは大変な時代に、道を切り開いてきた人です。現実から逃げることなくそれを見据えて、毅然(きぜん)と前に進んでいく自信にあふれた姿は、ずっと大人の女性としての私のお手本でした。

例えばシンポジウムの開催を思い立ったら、あっという間に海外まで飛んでいって話をまとめてきてしまう。パワフルで、好奇心旺盛なチャレンジャーである恩師に、いつも感服させられました。かと思えば、愛嬌(あいきょう)も愛情もいっぱい。私はそんな恩師の後ろ姿を追いかけて生きてきたように思います。

また、私にも発表の場を与えてくれるなど、キャリアの大切な場面でチャンスを与えてくれたのも恩師です。さらに研究や仕事だけでなく、恋愛も結婚も、離婚の過程もすべて見せてきて、恥ずかしながら公私共にお世話になりました。

そんな間柄だけに、時には恩師の型破りなほどのバイタリティーに振り回されて、私から生意気なことを言ったり、もちろん恩師からも、私が甘い発言をすれば、すぐさま指摘されたりします。“恩師”と呼びながら、共に生きる同志というか、親子というか……。そんなかけがえのない存在です。

その恩師も今年82歳。7年前に第一線を退かれてからも、コロナ拡大の直前まで海外旅行をしたり、オシャレでカラフルなものが大好きだったりとお元気ですが、「そろそろ終活する」とおっしゃることもあります。

そして、ふと思いました。40年間、私の仕事や生き方に多大な影響を与えてくれた恩師なのに、私からきっちりお礼の言葉を言ったことがないのです。あまりに身近になりすぎて、照れもあるのかもしれません。

先生も私もお花が大好きです。特別なお花を通じて感謝を伝えたいです。

大学生のあの日から追いかけた背中。道を切り開いてきた先生へ
≪花材≫ダリア、カーネーション、アンスリウム、プロテア、カラー、エピデンドラム、クルクマ、ガーベラ、ナデシコ、マリーゴールド、ケイトウ、コチョウラン、ユリ、グズマニア、マム、エクメア、多肉植物、ドラセナ

花束をつくった東さんのコメント

今回はいつもと少し趣向を変えて、台形のような横長の器を使いました。そんなユニークな器に生けたのは、さまざまな種類のカラフルなお花。研究所の所長さんとして活躍し、世界中を飛び回っていた先生をイメージして、ゴージャスで元気いっぱいのアレンジに仕上げました。

先生は引退後もオシャレでカラフルなものを好んでいられるとのこと。暖色系を中心に、ケイトウやラン、また南国の植物などを入れたほか、お花を囲む葉も2種類使っています。

そんな、どこを見てもにぎやかで、楽しいアレンジで、先生がいつまでもお元気でいらっしゃることをお祈りしています。

大学生のあの日から追いかけた背中。道を切り開いてきた先生へ
大学生のあの日から追いかけた背中。道を切り開いてきた先生へ
大学生のあの日から追いかけた背中。道を切り開いてきた先生へ
大学生のあの日から追いかけた背中。道を切り開いてきた先生へ

文:福光恵
写真:椎木俊介

読者のみなさまから「物語」を募集しています。

こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。

応募フォームはこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら