永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶
連載をフォローする

(132) 光にひかれて近づくと 永瀬正敏が撮ったブルックリン

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回はニューヨークのブルックリン。暮れなずむ街で、まばゆい光が気になって近づいたところ……。

(132) 光にひかれて近づくと 永瀬正敏が撮ったブルックリン
©Masatoshi Nagase

働く人の後ろ姿は、なぜこうも美しく、凛(りん)としているのだろう。

日がすっかり暮れたブルックリンの路地を歩いていると、
ある一つの店から、まばゆいばかりの光が漏れていた。
「飲食店でもなさそうだし、こんな遅くに何の店だろう?」
近づいてみると、そこはクリーニング店だった。

一人黙々とアイロンでプレスしている男性。
もう一枚全景が見える写真もあるのだが、ついついいつもの癖で、
近づいてシャッターを切ってしまう。
これはその近づいて撮った方の写真だ。
僕は夢中になると、どうやら被写体に近づいていく癖があるらしい。
この時も、その男性の淡々と仕事をこなしていく後ろ姿にひかれ、
思わず近づいてしまった。
近づいたときはもうジャケットのプレスを終え、アイロンを置く瞬間だった。

今時、機械でなく手作業でプレスしている店はどれぐらいあるのだろう?
(もしかして、僕の知識がないだけで、ほとんどの店ではまだ手作業でされているのかもしれないが)
その自信に満ちた作業の所作と、伸びた背中の角度など、
そこに職人さんの独特な匂いを感じて、僕はその姿がとても美しいと思った。

僕は働く人々の真剣な姿にとてもひかれてしまう。
いつか働く人たちの写真集、
あと、映画の現場スタッフの皆さんだけの写真集も作ってみたい。
彼ら彼女らの働く姿は、神々しいぐらいの美しさで輝いているから。

REACTION

LIKE
COMMENT
2
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら