あの街の素顔
連載をフォローする

石切場は圧巻の絶景 自転車で巡った「石の島」、岡山県・北木島

秋本番です。コロナ禍もいったん収まり、久しぶりに旅に出やすい季節がやってきました。私は以前から気になっていた瀬戸内海の島へと向かいました。岡山県の北木島(きたぎしま)です。この島で切り出される花崗(かこう)岩「北木石」は、古くは大阪城の石垣に、そして近代以降は日本銀行本店本館など、さまざまな有名な建築物に使われてきました。良質だという証しです。上陸してみると、島は石だらけ。特に丁場と呼ばれる石切り場の景色は圧巻でした。そして、この島は「あの人」の出身地でもあるのです。自転車でめぐった「石の島」の旅をご紹介しましょう。
(文・写真、宮﨑健二)

石のモニュメントがお出迎え

午前7時15分、岡山県笠岡市の伏越港からフェリーに乗り込みました。

利用した金風呂フェリー。北木島までの往復料金は1000円でした
利用した金風呂丸フェリー。北木島までの往復料金は1000円でした

この日は朝から快晴。海は波静かで、船はすいすいと進んでいきます。1時間弱で北木島の豊浦港に着きました。

さすがに石の島です。石のモニュメントが歓迎してくれました。

北木島が「石の島」なら、豊浦地区は「石の里」のようです
北木島が「石の島」なら、豊浦地区は「石の里」のようです
石で作られたアート作品。港の光景に溶け込んでいます
石で作られたアート作品。港の光景に溶け込んでいます

見ているうちにドーナツが食べたくなってきました。それはさておき、さあ、ここからはレンタサイクルで島をめぐります。

フェリーの中で借りた自転車。レンタル料は500円でした
フェリーの中で借りた自転車。レンタル料は500円でした

ただ、この自転車、かなり使い込まれていました。変速ギアは付いていますが、切り替えができません。寄る年波で体のあちこちが動かなくなってきた私と相性はぴったりです。

海岸には丁寧に積まれた石

豊浦港から時計回りに海岸沿いの道を走りました。海を横目に見ながら風を切って走るのは、なんとも爽快です。

海沿いに続く島の道。自動車に注意して走りました
海沿いに続く島の道。自動車に注意して走りました

しかし、やがてペダルをこぐスピードが落ちてきました。なにしろ気温は30度近く。UVケアをうっかり忘れた私の肌は直射日光を浴びてひりひりしています。10月だというのに、この暑さ。ノーベル物理学賞を受賞した真鍋淑郎さんは大気中の二酸化炭素が増えると地上の気温が上がることを数値で示しましたが、その地球温暖化を私は身をもって実感しました。

石の島といわれるだけあって、石材加工場が多く、道の脇にはたくさんの石が積まれています。

道沿いに積まれた石
道沿いに積まれた石

自転車を降りてひと休み。海岸を見ると、石が丁寧に積まれた堤がありました。

大小の石の形を生かして、見事に積まれています
大小の石の形を生かして、見事に積まれています

岸壁から海をのぞき込むと、岸壁の真下にもきれいに石が並べられていました。

岸壁の真下の石。きらめく波が覆っていました
岸壁の真下の石。きらめく波が覆っていました

石を積んだ護岸はこの島の大きな特徴です。なかでも「千ノ浜の護岸景観」は観光名所。ここは船着き場で、大小の石を巧みに組み合わせた護岸を見ることができます。

千ノ浜の護岸景観。石の島であることを実感させられました
千ノ浜の護岸景観。石の島であることを実感させられました

島の南東部にある大浦港にやってきました。小型船がいくつも停泊しています。

係留された小型船。港らしい光景です
係留された小型船。港らしい光景です

海に向かって石の鳥居が立っていました。「諏訪神社」と記されています。諏訪神社の本殿はこの近くにあるのですが、海の安全などを祈願する場所として海岸近くにこの鳥居が設けられたようです。

海に向かって立つ石の鳥居
海に向かって立つ石の鳥居

小さなお宮もありました。この鳥居も石で作られています。

鳥居とマツの見事なコラボレーション。「金刀比羅宮」と記してありました
鳥居とマツの見事なコラボレーション。「金刀比羅宮」と記してありました
NEXT PAGEこの島出身の「だいご」って誰?

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら