ファッションニュース
連載をフォローする

名画が語る西洋の服飾史 飾りや小物で読み解く「小事典」人気

名画が語る西洋の服飾史 飾りや小物で読み解く「小事典」人気

古い絵画に描かれたドレスは、西洋の服飾文化を豊かに物語ってくれる。日本女子大の内村理奈教授は『名画のドレス 拡大でみる60の服飾小事典』(平凡社)で、衣服の小さな飾りや小物に宿る歴史や奥深さを読み解いた。発売4カ月で3刷が決まり、話題を呼んでいる。

著書はフランスを中心とした18~19世紀の60枚の絵を「ヴェール」「コルセット」「日傘」など60の服飾用語から解説した。

名画が語る西洋の服飾史 飾りや小物で読み解く「小事典」人気
袖口のレース飾り「アンガジャント」

フランソワ=ユベール・ドルーエ「コーモン・ラ・フォルス侯爵夫人」(1767年)の肖像画では、「アンガジャント」と呼ばれる袖口のレース装飾に着目した。この言葉に「魅惑する」といった意味があることに触れ、袖が異性を引きつける服飾品だったかもしれないと推測する。

ジャン=マルク・ナティエによる肖像画「マダム・ソフィ・ド・フランス」(1748年)で注目したのは「花飾り」。生花を服や帽子に飾る際、花がしおれないように水の入った小さなボトルを服に仕込んでいた。

名画が語る西洋の服飾史 飾りや小物で読み解く「小事典」人気
「マダム・ソフィ・ド・フランス」

当時の貴族が、熱心に着飾っていたことがわかる。「音楽や芝居など他の文化も充実していた時代。それが服装に豊かさをもたらしたのだと思います」

17世紀の上流階級の男性は全身をリボンで飾るなど華やかな装いで、ルイ14世はハイヒールを履いていたという。「レースやリボンが女性のものになったのは、19世紀以降ではないでしょうか」

内村教授の専門は主に17~19世紀の西洋服飾文化史。この時代の文献や絵画、ファッションプレートと呼ばれる版画や現存する服などを照合し、ファッションの社会的な意味などを調べている。

写真が一般的でなかった時代。絵画は第一級の史料で、描かれたスカートの形などから、ほぼ10年単位で時代を特定することができるという。ただ、こうした絵画に描かれるのは時の権力者や上流階級のファッション。庶民がどんな服を着ていたのか、わかる史料は少ない。

名画が語る西洋の服飾史 飾りや小物で読み解く「小事典」人気
うちむら・りな 1968年生まれ。日本女子大家政学部被服学科教授。著書に『マリー・アントワネットの衣裳(いしょう)部屋』(平凡社)など

内村教授は仏・リヨンに留学していた20代のころ、指導教官から当時の「遺体調書」を調べるよう言われ、現地の古文書館に通った。調書には、身元不明の遺体が身につけていた服の形や色、素材に加え、ポケットの中身までが詳細に記されている。上流階級の服装にはない服飾用語があったり、ジャケットを何枚も重ねるなど、変わった着方をしている人がいたりした。下着は白い麻だと考えられていたが、庶民は粗悪な褐色の麻の下着を身につけていたこともわかったという。

フランスはルイ14世の時代に、国をあげてファッション産業に力を入れるようになった。他国から取り入れた技術に、洗練された感覚を盛り込み、諸外国から羨望(せんぼう)のまなざしを集めた。ラグジュアリーブランドは、フランスをフランスたらしめる重要な産業で「ファッションが軽くみられるということはない」と話す。

きらびやかなドレスの向こうに、フランスを中心とした西洋の服飾文化の、深く豊かな歴史が垣間見える。

「美術館で絵を眺めるときも、服飾に注目してみると、新たな見方ができたり気づきがあったりして楽しいと思います」

長谷川陽子
作品写真はいずれも『名画のドレス』から

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら