&BRAND VOICE
連載をフォローする
SPONSORED

いまの自分だからこそ選びたい  ロイヤル コペンハーゲン

SPONSORED

高山都さんが料理とともにうつわに凝りだしたのは約7年前。
友人を自宅に招き、お気に入りのうつわと一緒に、おもてなしすることも多いと話します。たくさんのうつわを見て、選び、使ってきた高山さんは、ロイヤル コペンハーゲンをどんなふうに愛するでしょうか。
家族や友人たちと特別な食卓を囲みたいホリデーシーズンに向けて、高山さん流の人をもてなすヒントを伺ってみました。

いまの自分だからこそ選びたい  ロイヤル コペンハーゲン
#
PROFILE
高山 都


たかやま・みやこ 1982年生まれ。モデル、俳優、ラジオパーソナリティーなど幅広く活動。趣味は料理とマラソン。「#みやれゴハン」として料理やうつわなどを紹介するインスタグラムが人気。趣味のマラソンでは、横浜マラソン2016を3時間41分で完走の記録を持っている。著書『高山都の美食姿』(双葉社)シリーズ1〜4も好評発売中。

趣味のうつわ集めが高じて、最近ではクラフト系雑貨イベントのアンバサダーを務めたり、以前には朝日新聞デジタルマガジン&で「高山都の日々、うつわ。」を連載したりしていた高山都さん。
ご自宅を訪ねると、国内の作家ものの陶器や海外の古いうつわが並んでいた。持ち主の高山さんに似ていて、どれもぬくもりがあり、気さくな印象がある。リノベーションした築50年のビンテージマンションとの相性も良く、空間全体の調和が取れていた。どうやら高山さんは、すっきりと洗練されたロイヤル コペンハーゲンのうつわを、「私に使いこなせるだろうか?」と思っていたようだ。

いまの自分だからこそ選びたい  ロイヤル コペンハーゲン
キャビネットには〈プリンセス〉のジャグや〈ブルーエレメンツ〉のエスプレッソカップ&ソーサーを飾ってみたが、手持ちのうつわと並んでもしっくりくる。「カップ&ソーサーは別々に使っても良さそう。カップにドレッシング、ソーサーにオリーブを入れたりしてもいい」と料理上手な高山さんらしい発想が次々と浮かんできた。プリンセス ジャグ 550㎖ ¥9,350、ブルーエレメンツ エスプレッソカップ&ソーサー 100㎖ ¥9,900/すべてロイヤル コペンハーゲン

とは言え、ロイヤル コペンハーゲンは憧れの存在だったことは確か。こんなエピソードがある。とあるレストランを訪れたとき、テーブルに美しい絵皿が置かれていた。しかし、料理が供される前に、ホールスタッフがその絵皿を下げたのだ。
「お客様を迎えるためだけに、絵皿を用意してくれていたんです。とてもステキなうつわで、そのおもてなしにも感動しました。あとで聞いたら、それはロイヤル コペンハーゲンのお皿でした」

いまの自分だからこそ選びたい  ロイヤル コペンハーゲン
今回のテーブルコーディネートは、自由かつ遊び心たっぷり。〈ハウ〉のカラフェには、リビングにあったあじさいのドライフラワーを。〈ロイヤル クリーチャー〉の皿は、あえて絵柄を見せて盛り付け。ダンスをしているかのような鳥の上にチキンの料理があるなんて、楽しくないわけがない。高山さんはホームパーティをただワイワイおいしいものを食べて語り合うだけの場にしたくないのだとか。人と人、人と料理、料理とうつわなど、それぞれの距離が縮まり、そこから新たなつながりが生まれたり、興味が深まってほしいと願っている
いまの自分だからこそ選びたい  ロイヤル コペンハーゲン

1 HAV <ハウ> カラフェ1300㎖ ¥30,800、2 HAV<ハウ> プレートΦ17cm ¥8,800、3 ロイヤル クリーチャー ディーププレート スワン Φ25×H4cm ¥19,800、4 ブルーエレメンツ ディッシュ 38.5cm ¥33,000、5 ロイヤル クリーチャー ディーププレート フィッシュ Φ25×H4cm ¥19,800、6 ロイヤル クリーチャー ディーププレート グラスホッパー Φ25×H4cm ¥19,800、7 ブルーフルーテッド ハーフレース プレート Φ27cm ¥27,500、8 HAV <ハウ> プレート Φ22cm ¥11,000、9 ブルーエレメンツ ベース H10cm ¥13,200、10ブルーエレメンツ スモールボウル Φ6.5cm ¥4,400、11 ロイヤル クリーチャー オーバルディッシュ クラブ 23.5×15cm ¥16,500、12 ロイヤル クリーチャー オーバルディッシュ ヘリング 23.5×15cm ¥16,500/すべてロイヤル コペンハーゲン ※ロイヤル クリーチャーの全国展開は12月予定

そして今回、憧れていたロイヤル コペンハーゲンを自宅に招き入れることになった。ブランドのアイコンのひとつ〈ブルーフルーテッド ハーフレース〉の大皿に、モダンな〈ハウ〉の中皿を重ね、この秋誕生したばかりの〈ロイヤル クリーチャー〉を一緒に並べたら、食卓が一気にランクアップされた。ロイヤル コペンハーゲンのような王室御用達ブランドは、同じシリーズでそろえたほうが統一感と華やかさが出て美しいと思いがちだが、最近では別のシリーズと組み合わせたり、伝統の柄と新しい柄を組み合わせたりするミックス&マッチという使い方をすすめている。もちろん、ミックス&マッチが可能なのは、新しいシリーズでも海をイメージさせる意匠と白にブルーのコンビネーション、ハンドペイントによる繊細な絵柄などが、長年、変わらずに踏襲されているからである。

いまの自分だからこそ選びたい  ロイヤル コペンハーゲン
高山さんの家には、最近の新しいマンションにはない和の空間もある。障子を開けると小上がりがあり、本人も友人たちも気軽にくつろげるのだ。家の至るところに観葉植物や花、ドライフラワーがあるのも、リラックスできる秘訣(ひけつ)

さて、お気に入りのうつわに手料理を盛り付けて友人をもてなすことの多い高山さん。今回は、高山さん行きつけのお店でもあり、ロイヤル コペンハーゲンのうつわでサーブされるお料理に毎回感動があると話すイタリア料理店「cucina ogura Regalo」(東京・渋谷)にテイクアウトを依頼。〈ロイヤル クリーチャー〉の魚の絵皿には魚料理、鳥の絵皿にはチキンの料理を、絵柄を見せるようにして盛り付けた。さらに、鳥のスタイルカップには、高山さん自らが取り寄せた無農薬栽培のハーブを。テーブルの上に小さな自然が広がり、うつわの生き物たちは生き生きして見えた。料理、ハーブ、うつわ、空間の調和も申し分ない。「これなら友人との会話も弾みそう」と、高山さんはうれしそうだった。

いまの自分だからこそ選びたい  ロイヤル コペンハーゲン
フグや鳥の絵が描かれている〈ロイヤル クリーチャー〉シリーズは、9月に先行リリースされた新作(12月全国発売)。世界的に著名なデザインデュオ「ガムフラテージ」が手掛けており、繊細かつユーモラスなデザインが魅力的だ。ロイヤル コペンハーゲン開窯(かいよう)の1775年以来愛されつづけている〈ブルーフルーテッド〉のパターンや縁取りが採用されている。(写真左から)スタイルカップにフレッシュなハーブを飾るのも、高山さんの食卓を彩るアイディアのひとつ。ロイヤル クリーチャー スタイルカップ スワン 260㎖ ¥16,500、同 ディーププレート スワン Φ25×H4cm ¥19,800、同 ディーププレート フィッシュ Φ25×H4cm ¥19,800/すべてロイヤル コペンハーゲン

このように高山さんは、仕事現場で刺激を受け、それらを暮らしに取り入れ、豊かさに結び付けることがある。撮影で着たストライプのシャツは、ふだんの着こなしの幅を広げ、ランニングも仕事がきっかけで始めて現在も継続中。以前は親しみがなかったことも、ふとしたことで好きになり、やがて自分のものにしていくのだ。
「ロイヤル コペンハーゲンも、いまだからこそ暮らしに取り入れてみたい。ものでも人でも、出会いって、ご縁とタイミングなのでしょうね」

はやりに乗らずに、色あせない自分でいたい

いまの自分だからこそ選びたい  ロイヤル コペンハーゲン

ロイヤル コペンハーゲンの基本色は、ブルーとホワイト。240年以上前から受け継がれてきたこの2色は、偶然にも高山さんが好きなうつわの色。食材にない色だから料理を引き立て、テーブルコーディネートも洗練されて見えるという。また、時とともに好きになったのが白磁。黄みがかっていたり、グレーがかっていたりするホワイトは表情が異なるからおもしろいそうだ。どうりで、ロイヤル コペンハーゲンのうつわが高山さんの家に合うわけだ。

いまの自分だからこそ選びたい  ロイヤル コペンハーゲン
ロイヤル コペンハーゲン本店で〈ロイヤル クリーチャー〉シリーズを手に取る高山さん。「これまでは、そろえて使うものと思っていたけれど、気に入ったものを単品で買えばいいですね」と、ロイヤル コペンハーゲンに親しみが湧いたよう。ロイヤル クリーチャー オーバルディッシュ クラブ 23.5×15cm ¥16,500、スタイルカップ へリング 1 260㎖ ¥16,500/ともにロイヤル コペンハーゲン

最近は移り変わりが早く、いままさにトレンドとされているものが数カ月後、半年後などには廃れてしまう。高山さんはトレンドの真ん中にいるからこそ、あえて流されないようにしている。
「はやりに乗っかってしまうと、自分が色あせる気がするんです。だから、もっと普通のところに身を置きたい。そして、自分の軸をしっかりもって生きたいと思うのです」
色あせることのないように軸が何かを意識し、新たな世界を広げる。高山さんの思いは、ロイヤル コペンハーゲンの思いと似ていた。

大切な人たちとの華やかな宴に、新作のうつわを。
いまの自分だからこそ選びたい  ロイヤル コペンハーゲン
いまの自分だからこそ選びたい  ロイヤル コペンハーゲン

1 ブルーフルーテッド メガ オープンベース Φ16×H19cm ¥20,900、2 同 ハーフレース ディーププレート Φ20×H3.5cm ¥16,500、3 ブルーライン クーププレート Φ27cm ¥4,950、4 ブルーフルーテッド ハーフレース ディーププレート Φ25×H4cm ¥22,000、5 同 プレイン ディーププレートΦ17×H4cm ¥13,200、6 同 プレイン ボウル Φ28×H7.5cm ¥38,500、7 同 メガ ディッシュ Φ12.5×H3.5cm ¥8,250、8 ブルーライン ロング オーバルディッシュ 37×17cm ¥8,250/すべてロイヤル コペンハーゲン

クリスマスやお正月、久しぶりに家族や友人と過ごすという方も多いはず。そこで、おすすめしたいのが〈ブルーフルーテッド ハーフレース〉の新作と今年3月にリリースされた〈ブルーライン〉のミックス。クラシカルな絵柄とすっきりとしたデザインの融合により、テーブルに軽やかさをもたらす。写真中央、〈ハーフレース〉の大きめのボウルはお正月のお煮しめなどを盛っても上品かつモダンな印象に。その左のディーププレートは普段の食卓でも使いやすいサイズ。〈ブルーライン〉のプレートは重ねてセッティングするとホームパーティーをエレガントに演出できる。
みんなが健やかに笑顔でいられることがどれだけ素晴らしいことか。そう感じる昨今ゆえ、ロイヤル コペンハーゲンで、家での時間をどうぞ豊かに華やかに。

<2021 ロイヤル コペンハーゲン クリスマスキャンペーン>

Photographs: SADATO ISHIZUKA
Styling[model]: MOTOKO KAWANO 
Hair&Make-up : CHIKA SUZUKI(A.K.A)
Text: YUKO OBA
Edit: AI YOSHIDA
Produce: AERA STYLE MAGAZINE

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら