カメラは旅する
連載をフォローする

芸術や美しい自然があふれる場所、写真家が旅する高知

「土佐に行くがやったら、坂本龍馬像以外も見ちょき。回る所たくさんあるぜよ」

高知に行くと言ったら、なんちゃって土佐弁で友人にそう言われた。坂本龍馬の故郷として知られているが、もちろんそれだけではない。改めて旅してみると、美しい景色や芸術、伝統が高知を彩っている。画家クロード・モネの絵画が再現された「モネの庭」、透明度が高く美しい水質で有名な「にこ淵」、そして宝石サンゴの芸術など、アート好きには見逃せない場所が多くある。そんな高知に昨年秋、久しぶりに降り立った。

フランスのクロード・モネ財団お墨付きの「モネの庭」

芸術や美しい自然があふれる場所、写真家が旅する高知

『睡蓮(すいれん)』の絵画で世界的に有名な画家クロード・モネ。彼が描き続けたフランス・ジヴェルニーのスイレンの咲く美しい庭が忠実に再現されている場所が高知にある。県東部に位置する「北川村モネの庭マルモッタン」だ。

緩やかなスロープを上がっていくと、青々と生い茂った緑の間から美しい水の庭園が現れた。色とりどりのスイレンが咲き、水鏡に映る草花もまた美しく、彼の絵画に入り込んでしまったような気にさえなる。

芸術や美しい自然があふれる場所、写真家が旅する高知
朝一に訪れるとモネが咲かせたかった青いスイレンがきれいに咲いていた

スイレンが咲くこの「水の庭」で、ジヴェルニーの庭と唯一違うのは、彼が熱望してもフランスでは咲かせることのできなかった青色の熱帯性スイレンが見られること。

彼がかなえられなかったその淡い青のスイレンは北川村の気候には合い、モネの理想とする庭が創り上げられたのだ。もし彼がこの景色を見ることが出来たら、どんな絵を描いたのだろう。彼が夢見た庭の風景に出会えたのは感動的だった。

芸術や美しい自然があふれる場所、写真家が旅する高知
8月中旬の多い時には水面が300輪ものスイレンで彩られる。青いスイレンが見られるのは6月下旬から10月下旬ごろ

「水の庭」からさらに奥へ行くと、ヤシの木やサボテンが生い茂り、異国の地に足を踏み入れたような風景に出合う。それもそのはず、モネが43歳の時に旅したイタリア地中海の世界観が長い年月をかけてつくり上げられているのだ。イタリア・ボルディゲラの地名から名付けられた「ボルディゲラの庭」。高知の山々に囲まれ起伏に富んだこの地形に、地中海付近の植物が芽吹き、ここでしか見られない貴重な景色が広がっている。心に刻んでおきたい風景だった。

芸術や美しい自然があふれる場所、写真家が旅する高知
モネの作品と地中海の世界から発想してつくられた庭、「ボルディゲラの庭」
芸術や美しい自然があふれる場所、写真家が旅する高知
地中海のカラフルな植物とともに、スイレンも咲いていた
芸術や美しい自然があふれる場所、写真家が旅する高知
「水の庭」「ボルディゲラの庭」のほかに「花の庭」があり、庭園を季節の花たちが彩っている
NEXT PAGE「仁淀ブルー」が美しい「にこ淵」

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら