いしわたり淳治のWORD HUNT
連載をフォローする

「その場で価値はわからない」言葉を近視眼的に評価しない「ワードハンティング」の極意 〈いしわたり淳治×飯間浩明〉前編

作詞家いしわたり淳治さんが、著名人の発言やヒット曲の歌詞などから気になる言葉を取り上げ、独自の角度から批評する連載「いしわたり淳治のWORD HUNT」。50回目となる今回は特別対談企画「ワードハンティングの極意」をお届けします。

ゲストは国語辞典編纂(へんさん)者の飯間浩明さん。自身が携わる『三省堂国語辞典』の改訂作業のために、あらゆる言葉に目を光らせ現代語の用例を調べている「ワードハンター」です。

対談前編では「ワードハンティング」についてのこだわりに始まり、普段はハントする側のいしわたりさんが、自身の言葉を飯間さんに採集される一幕も。2人の言葉のプロフェッショナルの視点が交わる、濃厚なトークをお楽しみください。(構成=柴那典)

▼対談後編
「乱れた日本語」は創造的用法の裏返し? 我々は慣用表現にどこまで忠実であるべきか 〈いしわたり淳治×飯間浩明〉後編

PROFILE

「その場で価値はわからない」言葉を近視眼的に評価しない「ワードハンティング」の極意 〈いしわたり淳治×飯間浩明〉前編
いしわたり
淳治

1997年、ロックバンドSUPERCARのメンバーとしてデビュー。全曲の作詞とギターを担当。2005年のバンド解散後は、作詞家・音楽プロデューサーとして数多くのミュージシャンを手掛け、音楽ジャンルを横断しながら通算700曲以上の楽曲に携わる。音楽ジャンルを横断しながら通算700曲以上の楽曲を手掛ける。著書に『うれしい悲鳴をあげてくれ』『言葉にできない想いは本当にあるのか』(共に筑摩書房)など。

「その場で価値はわからない」言葉を近視眼的に評価しない「ワードハンティング」の極意 〈いしわたり淳治×飯間浩明〉前編
飯間浩明

国語辞典編纂者。1967年、香川県高松市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。同大学院文学研究科博士後期課程単位取得。2005年に 『三省堂国語辞典』編集委員に就任し、第6版以降の編纂に携わる。 主な著書に『辞書を編む』(光文社新書)、『ことばハンター』(ポプラ社ノンフィクション)、『知っておくと役立つ街の変な日本語』(朝日新書)、『日本語をもっとつかまえろ!』(毎日新聞出版)など。

大事な部分をあえて省略 日本語の不思議

――いしわたりさん、飯間さんは、それぞれ普段からどのように言葉をピックアップしているんでしょうか?

飯間:私は、辞書の新版に載せる候補となる言葉を、いろいろな場所から探し出してくることを普段からやっています。辞書を作るために、本や新聞やテレビやSNSから「おや?」と思う言葉を拾ってくるんです。それを昆虫採集のような行為と考えて「用例採集」と言っています。

たとえば、街を散歩をしていると、時々「おや?」と思うような看板や垂れ幕やメニューがある。辞書に載っていない言葉、自分も知らなかった言葉があったら、どんどんそれをメモしています。そうやって、あちこちから言葉を集めています。基本的には心を無にして、その言葉がいいとか、悪いとかいうことは考えずに言葉を拾います。言葉の価値というのは、その場ではわからないんです。「この言葉はどういう発想で作られたのだろう?」など探究することも、その場ではありません。

いしわたり:もしかしたら、僕は対照的かもしれないですね。僕は普段から作詞を生業(なりわい)にしてるんですけど、よく人に「いい歌詞というのは何ですか?」と聞かれるんです。僕が思う「いい歌詞」というのは、まだ名前がついてなかった感情に名前をつけてあげるように、言葉でスパッと書き抜いてあげることが「いい歌詞」の一つの条件だと思っていて。そのために新しい言葉遣いや、見たことがない言葉の組み合わせだったり、言い得て妙なたとえがあると、「これはいいな」と思って心が動く。僕の場合はそういう感じです。

飯間:いしわたりさんがおっしゃるように、私たちには、言おうと思っても、それを的確に言い表す表現がなくて、考えや思いを相手に伝えられないということがありますね。私が編纂者を務める『三省堂国語辞典』には約8万語が収録されていますが、そこから何か珍しいことばを探し出してきても、それでうまく表現できるとは限らない。だから、私は用例採集とは別に、「こういう場合、どう言えばいいんだろう」ということにも、すごく関心を持っています。非常に共感するところがあります。

「その場で価値はわからない」言葉を近視眼的に評価しない「ワードハンティング」の極意 〈いしわたり淳治×飯間浩明〉前編
緊急事態宣言中だったため、対談はオンラインで行われた

――いしわたりさんは、言葉をピックアップするために、どういった場所をよくチェックしている傾向がありますか?

いしわたり:僕はざっくりと「世の中」や「大衆」というものを捉えることがひとつの仕事だと思っているので。テレビをつけっぱなしにしていて、世の中を映す箱として頻繁に眺めているというのはありますね。本を読む量は月に1、2冊ぐらいしかないです。テレビは受動的に浴びることができるので、ズボラな人間にはいいツールだと思います。

飯間:私も、つけっぱなしのテレビから、ふと「おや?」と思う表現を耳にすることがありますね。

――「おや?」と思った言葉を、お二人は何らかの形で書き留めていると思うんですが、そのあたりはどうでしょう?

いしわたり:ノートに書くときもあるし、スマホに書くこともあります。扱いは雑だと思いますね。とりあえず、いったん書いておくという感じです。使い道があればいいな、くらいにしか思っていない感じです。

飯間:手近なものに書きますよね、とっさに。

――いしわたりさんは、最近書き留めた言葉の例はありますか?

いしわたり:これは連載で取り上げたんですけれど、ギャルモデルのゆうちゃみ(古川優奈)さんが、テレビで「キャパい」と言っていたんです。「これはなんだろう?」と思って調べたら、「キャパいっぱいいっぱい」とか「キャパシティーオーバー」という意味だったんです。たしかに「いっぱいいっぱい」とか「手に負えない」ということを言うのは文字数がかかるし、それを一言で「キャパい」と言えるのは便利かもしれないと思ったんですね。

飯間:私、これは初めて聞きました。貴重な用例です。

いしわたり:飯間さんはこれまで新しい言葉が生まれた事例をたくさんご覧になっていると思いますが、「キャパいっぱいいっぱい」を略して「キャパい」になるというのはあり得るんですか?

飯間:「キャパシティーの余裕がない」というのを省略して「キャパい」になるというのは、あり得る言葉の作り方だと思います。たとえば「気持ちが悪い」というのを略して「キモい」と言いますね。本来なら「気持ちが悪い」の略なので「悪い」の部分を残さないと意味が通じないはずなんですが、間の部分を省略してしまう。そういう言葉の作り方はわりとあるんです。

いしわたり:たしかに、日本語って、一番大事なところが省略されることが多いですよね。たとえば「携帯電話」を「携帯」と言う。「毎度ありがとうございます」だって、本当は「ありがとうございます」の方を言わないといけないのに「まいど」で済ます。

飯間:「高速道路」を「高速」と言ったりもしますよね。ちなみに、ギャルモデルの方が「キャパい」と言ったのは、いつごろですか?

いしわたり:前々回(9月29日)の記事に書いたので、わりと最近のことだと思います。

飯間:ありがとうございます。もし今後「キャパい」という言葉をみんなが言うようになるのであれば、辞書の次の版の候補になるかなと思います。

――飯間さんは、今の「キャパい」のように、新しい言葉を知ったときはどういうことをするんでしょうか?

飯間:最初はいしわたりさんと全く同じです。私はテレビをタイムシフト視聴しているので、たとえば「キャパい」という新しい言葉を耳にしたら、少し戻して聞き返します。そして、スマートフォンの音声入力機能を使って、元発言の通りに私の声で入力し、番組と日時を記録しておきます。それを後で形式を整えて、パソコンに追加します。スマートフォンが見当たらないときは、手近な紙に書いておきます。雑にメモしているので、後で見返したら意味不明なものが残っていたりしますね。

いしわたり:非常によくわかります。

飯間:メモをするときは、その言葉にどういう価値があるかなんてわからないですよね。ピンときたからメモするというだけです。

いしわたり:「いい言葉を仕入れたから使ってやろう」というような盗人根性みたいなものがあると、言葉に支配されるというか、クリエーティブにはあまりいいことがない気がしますね。

飯間:それは辞書を作るときも同じです。「これは辞書に載る言葉かどうか」を考えながら集めるとよくないんです。そういう姿勢だと、たとえば「キャパい」という言葉に出会った時に「これは載らない」と思ってしまう。そうすると、それっきりになって忘れちゃうわけです。ところが、後になって「あの言葉は大事だった」ということがある。第一印象で決めずに、どんな言葉も無駄にせず、大事に集めようという気持ちでいます。

――後になって「あの言葉は大事だった」ということがあるんですね。

飯間:たとえば「半端ない」という言葉は、今では普通に使われていますが、それを私が初めて耳にしたのは2004年で、漫才の番組だったんです。トータルテンボスというコンビが「ハンパねぇ」と言っていた。その時は軽い気持ちで記録しましたが、その後にみんなが「半端ない」を使うようになった。手元には、既に1995年に女子中高生の言葉として「半端ない」を紹介した資料もあるんですが、実際の音声として聞いたのはトータルテンボスの例が初めてでした。どんな言葉にも注目しなければいけないと思います。

NEXT PAGE「煌めく」の使い方に見る作詞家の神髄

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら