楽園ビーチ探訪
連載をフォローする

絶景「天橋立」股のぞき 「空」に飛龍は舞うか 渡った感じた日本三景

天橋立ビューランドから見下ろした「飛龍(ひりゅう)観」=京都府宮津市

松島(宮城県)、宮島(広島県)とともに、「日本三景」として知られる、京都の天橋立(あまのはしだて)。はじめて天橋立の写真を見たとき、その世にも奇妙な光景に目が釘付けになりました。

連載「楽園ビーチ探訪」は、リゾートやカルチャー、エコなどを切り口に、国内外の海にフォーカスした読み物や情報を発信する筆者が訪れた、各地の美しいビーチや、海のある街や島を紹介いたします。

宮津湾と阿蘇海を分かつ3.6キロの砂の道

天橋立は、砂が堆積(たいせき)して生まれた「砂嘴(さし)」が伸びて対岸にほとんど結びつくようになったもの、いわゆるサンドバンク(砂州)です。これまでもサンドバンクは見たことはありましたが、スケールが圧倒的に違うのです。

長さ約3.6キロもの一本の砂の道に、およそ5000本もの松並木が連なっています。内海の阿蘇海、外海の宮津湾、天橋立が海を二つに分け、それぞれ風情が異なります。

この世にも不思議な地形は、野田川から海へと運ばれた砂と、海流によって外海から運ばれた砂がぶつかり、せめぎあい、海中で巨大な壁のように立ち上がった状態になっています。北の府中側から堆積が始まり、伸びていったといわれています。

長さ約3.6キロ。川からの砂と海からの砂がぶつかり、堆積して形成された天橋立
長さ約3.6キロ。川からの砂と海からの砂がぶつかり、堆積して形成された天橋立

神聖視された奇観、文人墨客もほれた景勝

一方、昔の人は、発想が豊か。『丹後国風土記』の逸文(いつぶん)では、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が天と地上を行き来するのにかけた梯(はし)が、寝ているうちに倒れてしまい、天橋立が誕生した、とされています。

天橋立は周囲の山々など高い位置から全貌(ぜんぼう)を見下ろすことができるので、人々は古来よりその奇観に人知を超えたものを感じていたようです。神聖視されていた天橋立の周辺には、奈良時代や平安時代から、多くの寺社が建立されました。

リフトから眺める天橋立の絶景
リフトから眺める天橋立の絶景

約500年前の雪舟による「天橋立図」に智恩寺や籠(この)神社、成相寺(なりあいじ)を中心に、いくつもの寺社が精緻(せいち)に描かれています。この絵を地図として見ながら、現在の寺社めぐりができそうなほど。どこから描いたか、何歳の時だったか、など最も謎の多い絵画の国宝とも呼ばれています。

和歌などの文学や浮世絵など、あらゆる芸術家に、思わず筆を執らせた天橋立。与謝野晶子は2泊の間に60首も短歌を詠んだとか。芸術家に限らず、あちこちで天橋立のことを目や耳にすれば、どんなところか見てみたい、と気になるもの。

見え方異なる「四大観」、ご利益願い「三社参り」も

江戸時代には、南側の文珠の智恩寺付近に旅館が立ち並び、観光化もしていたようです。そして、さらなる観光促進策となったのが、明治時代から始まった「股のぞき」。頭を下げて、股の間から顔をのぞかせて、天橋立を望むパフォーマンスです。着物姿でふんばっている股のぞき、舞妓(まいこ)さんが袖の下から愛らしくのぞく変形スタイルなど、当時の写真も残っています。

自分では股のぞきができず、近くにいた少年にやってもらいました
自分では股のぞきができず、近くにいた少年にやってもらいました

天橋立は全貌が見える高台から望むのが正攻法。「天橋立四大観」と呼ばれる、見え方が異なる4カ所のビューポイントがあります。

「股のぞき」が誕生した傘松公園は「昇龍(しょうりゅう)観」。「天橋立ビューランド」からは天と海が逆さになって、竜が空に舞っているように見える「飛龍観」。獅子崎(しいざき)稲荷神社の展望台からは、雪舟の「天橋立図」がここから描かれたのではと推測される「雪舟観」。西の大内峠一字観公園からは、まっすぐな「一字観」。

傘松公園から見下ろす「昇龍観」
傘松公園から見下ろす「昇龍観」

天橋立ビューランドには股のぞき台が置いてあったので、挑戦してみました。「空に舞う竜」が見えるか否かの前に、体幹の弱さからぐらついて、高所であるのも手伝って、こわい、こわい。

この股のぞき、本当に見え方が変わるそう。90名の協力のもと実証実験が行われ、実際よりも小さく、奥行きがなくなって平らに見えると、証明されました。この「股のぞき効果」は2016年のイグ・ノーベル賞(ユニークな研究に贈られる)も受賞したとか。

ビューポイントからの眺望と合わせて、体験したいのが、渡ってみること。徒歩なら約1時間、レンタル自転車や、スピードボート+レンタル自転車など、ラクをする方法もあります。

文珠寄りのビーチ。意外と砂浜の面積があります
文珠寄りのビーチ。意外と砂浜の面積があります

訪れるなら、夕方がおすすめ。太陽光が松林の横から差し、影がまるで線路のように見えるのです。これは「トワイライト・レールロード」と呼ばれ、北の府中、南の文珠のそれぞれの入り口付近と、中間地点で見られます。

また、やや文珠寄りにある「橋立明神」、府中にある丹後一の宮と呼ばれる「元伊勢 籠神社」、その背後の「眞名井神社」の三社は、「天橋立三社参り」と呼ばれる強力なパワースポットと呼ばれ、なにやら「人生を変えるようなチャンスが得られる」らしいです。

恋愛にご利益があるという橋立明神。パワースポットとされています
恋愛にご利益があるという橋立明神。パワースポットとされています

それにしても多くの人々に愛され、話題満載の天橋立。さすが日本で三本指に数えられる絶景ですね。

【取材協力】天橋立観光協会  https://www.amanohashidate.jp/

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら